ホーム » SM調教 » 【ゲイ】SMの世界にハマってしまった男子がコチラです・・・・・・・・

【ゲイ】SMの世界にハマってしまった男子がコチラです・・・・・・・・

調教初体験

鹿児島県にお住まいの男子高校生からの投稿。以前、サイトで読んだSM体験談が頭から離れず、とうとう自身でご主人様を募集しはじめたという投稿者だったが・・・・・
調教された高校生
昨日、SM初体験したのでレポートします。

チャットで知り合ったご主人様は、年下が好きだという24歳と19歳でした。

お互い予定が合う日を決めたのですが、早速メールで4日間もオナニー禁止という命令が下されました。

オナニーは必ず毎日していたので、正直辛かったですが、これも調教だと思い必死になって我慢しました。

ようやく予定していた日になり、ちょっと離れたところまで電車で行くと、24歳のご主人様が駅前まで車で迎えに来てくれていました。

ラブホまでの道中は、とても優しく話しかけてくれ意外な印象を受けましたが、ラブホに着くと、人が変わったようになり競パンひとつにされて二人がかりで亀甲縛りされて、両手を縛られてバンザイし、両足を開いたカッコウでベッドに人の字に固定されました。

そしていきなり放置されました。

調教が初めての僕にとってはあまりに展開が早すぎて、ついていけてない感がありました。

横のテレビでは、ご主人様が持ってきたビデオが流されました。

前に高校生を調教したときに撮影したものだそうです。

そして、ご主人様2人はゆっくりシャワーに入りました。

今日と違って昨日はちょっと暑くてオレも汗かいていてシャワーに入りたかったのですが、バンサイしたオレの脇の臭いを嗅いで、「かなり臭うなぁ、汗くさいよ」と言われました。

ものすごく恥ずかしくて、シャワー浴びたいですって言ってしまったんですが、オレの汗の臭い嗅ぎながら調教してやると言われました。

ご主人様2人は、なかなかシャワーから出てこないので、しばらくビデオを見ていたのですが、僕と同じくらいの少年が亀甲縛りで後ろでで縛られて、あそこには毛がなくて、ギンギンに勃起させながら、24歳の方のご主人様含めた3人のチンポコを次々とフェラさせられていました。

これからどんなことされるのか、ビデオのヤツと同じようにされるのかと期待しながら待ってました。

そして、シャワーから出た二人は、やはり思っていたようにビデオ撮影の準備を始めました。

「ビデオにとられるっていうのに、競パンモッコリさせてるぜ。」

「コイツ変態なんだな。」

言われて気づいたのですが、ビデオに撮影されると思うと、競パンの中はビンビンになってました。

そのうちに、酔ったようになるっていうか、「決まる」っていう意味がわかったような気がしました。

アルコールしめらしたティッシュを入れたビニールでアルコールを吸わされると(アルコールは何回か吸ったことありました。)目の前が赤や黄色の格子模様がグルグルまわるようになりました。

そのあとは、クスグリ責めや、乳首や脇の下を舐められて、「カワイイ高校生の汗の臭い、たまんねー」とか言われながら、責められました。

ただでさえ感じやすいのに、アルコールのせいか感じすぎで大きな声をあげながら快感と言うよりも、感じすぎて苦しいくらいでした。

特に耳にイキを吹きかけられると、「ひゃぁん」と自分でも聞いたことのないくらい、いやらしい喘ぎ声をあげて、その自分のいやらしい声に興奮するというか、もう、わけがわからなくなってました。

そんなオレをじらすように、初めてのオナニーの話とか、普段のオナニーについて、おかずとかオナるポーズとかを言わされました。

頭がワンワンしてので、なかなか白状しないと、ますますクスグリで責められ、拷問って感じでした。

もちろんビンビンのチンポコは触ってもらえません。

そして最初は「奴隷のお願い」の練習でした。

「変態高校生の翔太は、小学6年のときに中学生にカイボウされてオナニーを知りました。変態高校生の翔太は、だから人に見られて射精するのが大好きな変態露出少年です。変態高校生の翔太は、普段は同級生の健太の裸やオナニーするところを想像しながらオナニーしています。変態高校生の翔太は、初めてカイボウされて射精させられたときのことを思い出しながらオナニーしています。変態高校生の翔太は、部室から後輩の啓太の競パンを盗んで、それの臭いを嗅ぎながらオナニーしています。変態競パン泥棒の翔太は、いつも後輩の亮太をカイボウして強制オナニーさせています。」

もちろん、最後の2つはしていないのですが、していないと言うとクスグラれるので認めるしまありません。

「こんな変態競パン泥棒の翔太を、身動きできないように縛ってお仕置きしてください。ご主人様たちの性処理道具として罪を償わせてください。」

これを何回も何回も繰り返して練習させられました。

さんざんクスグリ責めで「奴隷のお願い」を繰り返したあとはフェラチオの練習でした。

競パンのケツの部分を横にずらして、イチジク浣腸を2本入れられ、風呂に連れて行かれました。

3回くらい男とセックスしたことがあるので、フェラはやっていましたが、いつもより熱心にフェラできたと思います。

そのうち腹が痛くなってきましたが、次々と二人のチンポコをしゃぶっているので、何も言えません。

フェラのチンポコを交換するときに、「トイレに行かせて下さい」というと、「俺達二人を一発づついかせるまで、許さない」と言われました。

今までのプイレで十分に興奮している二人のご主人様は、すぐにでもいきそうでしたが、いきそうになると次に交代するので、永遠にいかない雰囲気でした。

「もうだめです。もらしちゃいます。」

「なら、オレたちの命令がなければ決して射精しないと誓え。」と言われて誓いました。

「おら、出していいぜ」

浴槽によっかかっていたオレの腹を、二人がかりで足でグリグリされると、ガマンでできずにお漏らししてしまいました。

なさけなさにオレは涙を流しましたが、それもビデオにとられてしまいました。

「漏らしたな、お仕置きにロウソクだな。」

「敏感な状態でロウソクはキツいぞぅw」

フェラでの射精はまだなので、フェラの練習が続きました。

舌の使い方や、絡め方とかをこと細かく教えていただきました。

「そろそろ限界だぜ。」

19歳の方のご主人様が僕の顔に射精しました。

「おれもだ」

24歳のご主人様はオレの口の中に射精して、飲まされました。

再びベッドに人に字に固定され、脱がされた競パンにアルコールを染み込ませ、エネマグラをケツに入れられて精液まみれのままの顔の上におかれ、アルコールを吸いまくりのまま放置されてしまいました。

口をすすぐことも許されず、気持ち悪いと思っていたのですが、アルコール責めで、しかも4日射精禁止で、本当に痛いほど勃起したチンポコでした。

二人のご主人様は、一発いったのにビンビンのまま、ご主人さま二人がかりでオレの精液まみれの顔を舌で嘗め回し、19歳のご主人様はオレの顔の上にまたがり、ケツの穴をオレに舐めるように命令しました。

24才のご主人様は両足の縛りを解くと、エネマグラをとって、両足を両肩に乗せて、オレのケツマンコを掘りはじめました。

今まで3回掘られたことがありましたが、調教の雰囲気からか前のときほどケツは痛くありませんでした。

エネマグラで調教されたからか、今まで感じたことにない、痛みの中に快感を感じていました。

そのあと、19歳のご主人様は移動して、騎乗位で上からオレのビンビンの勃起をケツにくわえ込みました。

それからロウソクを身体に垂らされました。すっごい熱かったです。

けれど「オマエが熱いって言うたびにケツが締まるぜ」と、ますますロウソクをかけられます。

ロウソクの熱さにオレがあばれると、ますますケツが締まると、また垂らされました。

「ああ、イクぜ」

「オレも」

それから記憶がありません。

気がつくと、オレは精液まみれでベッド寝てました。

そして自分のケツからあたたかいものが流れ出るのがわかりました。

「さあ、次は外にいくぜ」

三人とも効いているからか、オレもまだまだやる気満々でした。

車に乗った俺達は、すっかり暗くなった森に行きました。

そこは地元では有名はハッテン場だそうでした。

ラブホから車で移動する間も、オレは素っ裸で、ガムテープでグルグル巻きの目隠しされてました。

「お前はこれからハッテン場に晒されるんだ。」

「せめて顔が見えないように目隠ししてやる。」

「おまえも変態だから目隠しされているほうが、興奮するんだろう」というのがご主人様たちの理由です。

「今、地元の掲示板に、高校生を晒し者にするってカキコしてやったぞ。」

「たくさんの人が来るといいな。」

オレは、恥ずかしいと思えば思うほどチンポコをギンギンにして興奮しました。

車から降りても素っ裸で目隠しにスニーカーのオレは、たぶん、森の中を歩かされました。

しばらくすると、車が早いスピードで駆け抜ける音がだんだん大きく聞こえてきました。

たぶん、高速道路だなぁと思いました。

見られてしまったらと思うと、不安と恐怖でますますギンギンになってチンポコが痛いくらいです。

「まあ、車は100キロ以上で走ってるから、もしかしたらオマエを気がつくかもな。」

「カーブのところに吊るしてやるから、クルマが来るとライトで照らしてもらえるぜ」

ガムテープで目隠しされているので、まったく目が見えないし、明るいのか暗いのかもわからない状態で、ただ高速道路を走る車の音が大きくなりました。

「ちゃんとにビデオカメラを横に置いてあるからな。車が通るたびにライトで照らされるから、その間映るぜ」

「いい画が撮れそうだよ。」

「……」

たぶん、オレは木に吊るされたのでしょう、万歳の格好で、高速道路の脇に放置されてしまいました。

すぐそばを、数分おきに車が猛スピードで通過するのがわかります。

さらに、顔にマスク?が付けられ、息を吸うとアルコールが。

目隠しで真っ暗なのに、また黄色や赤や青や、いろいろな色の格子が目の前に現れ、ゆっくりと回ります。

「じゃあ、しっかり奉仕するんだぞ」二人の足音が遠ざかっていきました。

今、考えると、どれだけ車に乗っている人に見られたのか、あのすっごいスピードだから、誰も気がつかなかったのでは・・・とか、いろいろなことを考えますが、そのときはアルコール責めで、ただただ、ひーひー言っていた?のではないかと思います。

とにかく、風が吹いて体にあたっても敏感になってて気持ちがいいんです。

体の後ろにある木によっかかった状態で、両手は万歳、目隠し、アルコールマスクのまま、一人で狂っていたと思います。

どれだけ時間がたったのか、オレには、さっぱりわからないのですが、けっこうウルサイ車の通過する音と違う、足音が聞こえてきました。数人いると思いました。

「本当にいたぞ」

「でも、高校生かな?」

「それっぽいな。」

二人の男の話す声が聞こえました。

「これじゃあ、本当に目が見えないだろうな」

「俺たちも奴隷を一匹連れてきたんだぜ。」

「おら、コイツを奉仕してやれ。」

突然、オレの体に指先が触れました。

万歳いているわきの下から、わき腹とか背中とか触られて、そのたびにオレは暴れました。

ご主人様が二人と奴隷が一人のようです。

「コイツもレロレロだからよぉ」

「変態高校生の翔太は、小学6年のときに中学生にカイボウされてオナニーを知りました。変態高校生の翔太は、だから人に見られて射精するのが大好きな変態露出少年です。変態高校生の翔太は、普段は同級生の健太の裸やオナニーするところを想像しながらオナニーしています。変態高校生の翔太は、初めてカイボウされて射精させられたときのことを思い出しながらオナニーしています。変態高校生の翔太は、部室から後輩の啓太の競パンを盗んで、それの臭いを嗅ぎながらオナニーしています。変態競パン泥棒の翔太は、いつも後輩の亮太をカイボウして強制オナニーさせています。」

もちろん、最後の2つはしていないのですが、していないと言うとクスグラれるので認めるしまありません。

「こんな変態競パン泥棒の翔太を、身動きできないように縛ってお仕置きしてください。ご主人様たちの性処理道具として罪を償わせてください。」

ご主人様たちに命令されていたとおり、習ったばかりの奴隷の誓いを言いました。

「なら、俺たちを奉仕しろ」

万歳の手が解かれて、手と口とで二人のチンポコを奉仕しました。

もう一人の奴隷は、オレの体を触って刺激してくれましたが、オレのチンポコは触ってくれませんでした。

「ここはあっちに曲がるカーブだから、しっかり車に乗ってるやつらにも見られているぜ」

触った感じからわかるフェンスに押し付けられました。

「ゾクが通ったら、しっかり合図して、こっちに向かってもらおうな」と言われながら、ついにケツを立ったまま犯されました。

オレはフェンスにしがみつきながら、すぐそこを通る猛スピードの車を感じます。

すると、隣に二人の気配が。同じように、ケツ堀が始まったのだと思います。

「よし、69になるように寝ろ」

草むらに引き倒されると、口に硬い肉棒が・・・オレはすぐに口にくわえると、またケツが犯されました。

もうそうなると、オレは完全に飛んでしまいました。

意識が戻ったのは、ご主人様達が戻ってきて、オレを起こしたときです。

そのとき初めて目隠しを取られて、高速道路のすぐ横で、しかも、けっこう車が通るし、じっさいカーブなので、遠くからは車のライトがまっすぐ差し込む状態を、あらためて確認しました。

ただし、脇を通るときは、車ののライトからははずれるので、車の人に気がつかれる可能性は、今ではかなり低いと思います。

ただ、フェンスに抱きつくようになると、どうだかわかりません。

「なら、フェンスに抱きつけよ。」との命令に従うと、24歳のHKさんが後ろからオレを犯し、さらにその後ろから19才のHRさんがHKさんを犯して3連ケツをしました。

そのあと、オレは射精禁止状態で今日で3日目です。

ご主人様は多くの奴隷を持っているので、次のオレの番は2週間後と言われています。

それまでオレは射精禁止で、昨夜はご主人様から夜に電話がありました。

別の奴隷を調教している最中だそうで、その音や奴隷がなく声を聞かされ、それでオナニーするよう命令されました。

もちろん、射精は禁止の寸止めオナニーです。

土曜日に射精しまくったので、日曜日と昨日に電話があるまではは、まったくオナニーしたいと思いませんでしたが、もう、今日は、オナニーしたくてしたくて大変です。

これからもときどき電話があって、そのときは寸止めオナニーしなければなりません。

これであと2週間ももつのか不安です。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。