ホーム » 彼氏 » 【ゲイ体験談】高校生、同性愛者であることは秘密にしていたのに・・・・

【ゲイ体験談】高校生、同性愛者であることは秘密にしていたのに・・・・

先輩、ケツ使ってくれません?

岡山県在住の学生さんからの投稿です。高校時代、男性と経験はあったものの、学校では自分がゲイだということは秘密にしていたという投稿者。しかし、ある日のこと一年生の中村から『ケツを使ってくれませんか?』とお願いされてしまったらしく・・・・・・
アナルを犯されるノンケDK
俺が高三の時の話しです。

体育祭の練習を学年を通してしていた時に、中村という一年坊が俺の前をやたらとウロウロしたり、何かにつけて話しかけてきたりしていました。

その時は、ただの目立ちたがり屋なのかなと思っていました。

昼休みに食堂から戻ろうとしていたときに、中村が「先輩、ちょっと良いですか」とまた話しかけてきました。

「あのー、先輩、単刀直入に言いますけど良かったら俺のケツ使ってくれませんか?」と・・・・・。

えっ?!なんで中村は俺がゲイだって知ってるのだろう?

もしかして、中村だけじゃなくて他の人にもばれてるの?

頭の中はパニック状態です。

俺が焦ってなにも言えないでいると、中村も不安そうに下を向いて黙っているので、会話が続きませんでした。

俺がやっと口にできた言葉は、「お前、ケツを掘られたことあるの?」でした。

中村はきっぱり「ないです」と。

また、無言の時間が続きました。

同じクラスの奴が俺達の脇を通っていきます。

他の奴が話しに入ってきたら大変なことになります。

とりあえず「そしたら、放課後に学校のそばの公園で待っていてくれるか?」と小声で伝えると、中村がにっこり笑って「はい」と答えました。

思いがけない事態に午後の授業はまったく頭に入りませんでした。

しかしながら、中村はなんで俺がゲイだって知っているんだろう。

今、確かなのは中村はケツを掘られるのを期待しているということ。

と、いうか俺もウケなんだけどな。

年上の人とやったことはあるけど、年下とは初めてだな。

中村のことが可愛いく思えてきました。

公園に、キレイな身障者用の便所があったな。

俺はコンビニでハンドクリームを買ってから、公園に行きました。

中村は公園で待っていました。

俺と中村は身障者用の便所に入りました。

俺がシャツのボタンを外しながら、「服を脱げよ」と言うと、躊躇することなく中村はあっという間に素っ裸になりました。

真っ黒に日焼けしている身体も、ハーフパンツに隠れるところだけが白いのがエロくて新鮮でした。

中村のチンポはむけていて真上を向いて、触っていないのに、ピクピクと動いています。

中村は直立不動で緊張して立っています。

俺が服を全部脱ぐと、中村はちょっと安心したような感じでした。

「チンポはしゃぶったことあるのか?」

「まだ、ありません」中村が大きな声で答えました。

「声、でけーよw」

俺は、外にいる人に聞かれたらどうしようと思って内心かなり焦りました。

「ちょっと足を開けよ」

「はい」

俺はしゃがんで、中村のチンポを手前に引っ張って根本を指でしごきながら、チンポの先を口に含みました。

中村のチンポの毛は薄くて、チンポの上にちょっとあるだけです。

指先で中村のタマを軽く触りながら、チンポの先を舌でなめまわしました。

中村は1分ぐらいで、「あー、出ます」と言うなり、俺の口の中でイきました。

ノドの奥にビュッビュッっと5発ぐらい精液があたったような気がしました。

それまで直立不動で立っていた中村は、身体から力が抜けたのか、しゃがみ込みました。

「先輩、すげー良かったっす」

俺は中村の前に立って「そしたら俺のもしゃぶってくれよ」と言いました。

中村は、俺がやったのと同じように、俺のチンポをつかんでしごぎながら口に入れて、指先でタマを触ってきました。

一生懸命しゃぶってくれるんで、すごく気持ち良かったです。

俺は「イくよ」と声をかけて、中村の口の中に出しました。

中村は俺が良いっていうまで、口にくわえてしごき続けました。

しかも初めてなのに全部飲んじゃったみたいです。

俺はスッキリしたんで、「ケツを掘ってやるから、手すりを握ってケツを突き出せよ」と言いました。

中村は足を広げてケツを突きだしました。

俺は、指にハンドクリームをたっぷりつけて中村のケツに塗りました。

中村のケツがキュっとしまって、「あぁっ」と声が出ました。

指を離すと、また、ケツの穴が広がるようにケツを突きだしてきました。

俺は明るいところで人のケツの穴を間近に見るのは初めてでした。

ケツの穴にハンドクリームを塗ると、中村が「あぁっ」と気持ちよさそうな声をだして、ケツの穴がピクピク開いたり締まったりします。

ケツの穴に指を入れると、中村が「ううっ」と声をあげます。

入れる時には締まるケツも、指を止めると緩みます。

ケツの穴の中で指を回すと、中村が「あぁっ」と気持ち良さそうな声をあげます。

俺は中村のケツで遊ぶのが楽しくなっていました。

2本目、3本目の指も、すぐに入るようになりました。

指を抜くと、かすかに開いた中村のケツの穴がきれいです。

俺は、自分のチンポにもハンドクリームを塗って、中村のケツに押しつけました。

最初はケツの穴が締まって入れにくかったです。

でも、チンポを押しつけたまま、「ケツの穴を緩めろよ」というと、スルっとケツの中に入りました。

チンポを入れたまま、「痛いか」と聞くと、痛みをがまんするような声で「大丈夫です」と返ってきました。

俺は、しばらく、チンポを動かさずに後ろから中村を抱きしめました。

少しすると痛くなくなったのか、中村が「先輩、ケツ、掘ってください」と言いました。

俺がケツを掘り始めると、中村は「あぁっ、あぁっ」と気持ちよさそうな声を出します。

「先輩、気持ち良いっす」

俺も気持ちよくなったので、勢いをつけて掘りました。

中村の口からもあえぎ声が漏れてきます。

俺が中村のチンポを握ったら、「あーー、出るーーー」と中村が言って、ケツの穴がきつく締まりました。

俺もチンポをきつく締め付けられて、中村の中でイきました。

しばらくチンポをケツに入れたまま、後ろから抱きしめていました。

中村のケツからチンポを抜いて、ケツの穴を見ました。

中村のケツの穴は、ポッカリ開いてハンドクリームと精液でいやらしく濡れています。

中村は俺のハンドクリームで濡れたチンポをみて笑っていました。

俺は、中村に「俺のも掘れよ」と言って、手すりに手をついてケツを突き出しました。

中村が、ケツの穴にハンドクリームを塗ってくれました。

すごく気持ち良かったです。

中村はすぐにチンポを入れてきました。

「動かして良いですか」

「ああ」

中村は、すごいスピードで俺のケツを掘り始めました。

中村の身体が俺の尻にバシンバシンとあたりました。

中村が「あー、先輩、いいっす」と言いました。

俺も、今までにないぐらい勢い良く掘られたんで、すげー気持ち良かったです。

俺は、片手で自分のチンポをしごきました。

中村が「俺、出そうです」と言うので、自分のチンポを思いっきりしごきました。

中村は、俺のケツの中で勝手にイきました。

俺は中村のチンポがケツに入っている間に自分でイきました。

中村が俺の前でうれしそうな顔をして言いました。

「キスしてくれませんか?」

「キスも初めてなのか?」

「はい」

俺は、中村を抱きしめて、口の中に舌を入れてキスをしました。

中村も舌を絡めてきます。

中村が、堅くなったチンポを俺に押しつけて、腰を上下に振ってきました。

俺のチンポも、中村の身体にはさまれて、気持ちよくなってきました。

俺は中村のチンポを手でつかんで、しごきました。

中村も俺のチンポを手でつかんで、しごいてくれました。

キスをしながら、お互いのチンポをしごきあいました。

口の回りを、つばでベトベトにしてキスをしました。

中村が、「俺、出そうです」と言うと、思い切り強くキスをしてきました。

中村がイって、俺の胸や腹に精液がかかりました。

俺もすぐに、中村の手でイって中村の胸や腹に精液をかけました。

中村を強く抱きしめると、中村は身体をくねらせたので、2人の身体に精液が塗り広がって、すごく気持ち良かったです。

抱き合いながら、2分ぐらいキスをした後で中村が言いました。

「先輩、俺とつきあってくれませんか?」

「えっ?ケツを掘るだけで良かったんじゃないの?」

俺、つきあってはいないけど、好きな人がいたんですよね

しかも年上の人の方が良いし、俺、ウケだし、どうしよう。

俺がいろいろ考えていると、目の前10cmぐらいに中村の顔がありました。

中村は少年のような笑顔で俺をじっと見つめていました。

俺は中村の笑顔に引き込まれるように、「いいよ」と答えてしまっていました。

結局、気がついたら中村は俺の恋人になっていました。

 

カテゴリ:彼氏の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。