ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】童貞の兄貴、ヤリチンの弟

【ゲイ体験談】童貞の兄貴、ヤリチンの弟

自由奔放な僕の弟

愛知県在住の男性からの投稿です。父、弟の3人暮らしをしているという投稿者。この弟が異常性癖の持ち主らしい。小さい頃は愛くるしい弟だったのだがオナニーを覚えてからおかしくなったようで・・・・・・
競パンを穿いた男
うちは、母親が離婚して家を出てからは、父親と僕と高一の弟の3人暮らしです。

弟は兄の僕が言うのも変だけど、とても可愛い顔をしていて、外で遊んでいることが多いので良く日焼けしています。

弟は、0点のテストを机の上に置きっぱなしにしたりするタイプで、あまり恥ずかしがるという事を知りませんでした。

普通、思春期になると、男の子はなんでも恥ずかしがるようになりますよね。

でも、弟は逆だったんです。

弟は、他の子と比べても小柄で、ちょっと発育が遅い方でした。

弟がオナニーを覚えたのは、中二の時でした。

中学の友達にオナニーを教わったそうです。

それからは、「オナニーって気持ちいいねー」とか、「お兄ちゃんは、どんなオナニーしているの?」とか、平気で聞いてくるようになりました。

弟が服を着ないようになったのも、この頃からです。

父親の前ではトランクスだけは履いています。

父親が帰ってきて服を着るように怒ると、とりあえずTシャツを着ますが、食後の食器洗いの時にわざと濡らして脱いでしまいます。

毎日のように、それが繰り返されると、父親も諦めて何も言わなくなって、父親がいるときでもトランクスだけが普通になりました。

家に僕と弟だけの時には、部屋の扉を開けっ放しでオナニーしたり、オナニーのオカズをねだってきたりもしました。

ある日、エロビデオを見せてやると、人の手を取って自分のチンポにおしつけて動かして気持ちよくなろうとするんです。

まったく・・・自分一人でやってくれれば良いのに。

実は最近、弟に弱みを握られました。

弟のゲイ雑誌を盗み見てオナニーしているのを見られてしまったんです。

弟はなにも隠さない性格ですから良いでしょうけど、僕がゲイ雑誌でオナニーしていたなんて父親に言われたら大変です。

その頃から、弟は僕の前で好き勝手をやるようになりました。

2人でいるときには、弟がトイレのドアを閉めたことがありません。

中から用を足しながら、話しかけてくることもあります。

PCは僕の部屋にあります。

テレホタイムになると、エロ画像見せてくれと言って部屋に来ます。

僕が勉強とかしていると、弟がオナニーをしてベトベトになった手で、「兄ちゃん、ティッシュ!」と言って触ってきたり・・・。

本当にぶん殴ってやりたくなります。

家に帰るときも、そーっと帰る癖がついてしまいました。

弟がなにをしているか解らないからです。

その日も、静かにドアをあけてマンションに入ると、リビングから大きめの喘ぎ声がしていました。

そっとリビングの陰から見ると、弟が僕と同い年ぐらいの男2人とセックスをしていました。

弟はイスに浅く座り、床にひざまづいた男にケツを掘られています。

ケツを掘るグチュグチュっていう音が聞こえてきます。

もう一人の男は、弟の上からおおいかぶさるようにキスをしながら、乳首とかを指で刺激しています。

ディープキスは、唾をからめながらしているみたいで、弟の口のまわりはつばでベトベトで、口をはなすとお互いの口に糸を引いています。

弟の片手はキスをしている男のチンポを握りしめています。

キスをしている男が、弟の乳首を舐めはじめると、弟は上を向いて気持ちよさそうなあえぎ声を漏らします。

床にひさまづいて弟のケツを掘っている男の動きが激しくなってきました。

弟のあえぎ声がだんだん大きくなってきます。

ケツを掘るときに男の身体が弟のケツにあたて、バシッバシッっという音をたてています。

男がイくと、それまでキスをしていた男が場所を替わって弟のケツを掘りはじめました。

興奮していたみたいで、弟のケツに一気に突っ込むと、最初からかなりのスピードではじめました。

弟のあえぎ声はその間じゅう続いています。

その間に、先にイった男がチンポを弟の口の中に押し込みました。

弟はさっきまで自分のケツに入っていたチンポにしゃぶりついています。

2人目の男もそんな時間がかからないうちに激しくなってイったみたいです。

それと同時ぐらいに、一番目の男にチンポをしごかれていた弟が、顎まで精液を飛ばしてイきました。

弟は自分の胸に飛んだ精液を手ですくうと、指を一本ずつ口にいれて舐め取っています。

指を舐め終わった頃に、2番目にイった男が弟のケツからチンポを引き抜くと、弟の口に入れました。

弟は口でていねいにチンポをしゃぶって、きれいにしていました。

弟が「ゲーセンに行こう」と声をかけると、2人の男はそこら辺に脱ぎ散らかしてあった服を着始めました。

弟の胸は精液やつばでベトベトなのに、そのままハーフパンツをはいて、シャツを羽織りました。

3人はシャワーも浴びずに、マンションを出ていきました。

そんな弟ですが、実は兄である僕としてしまった事があります。

弟が夜中にベッドに忍び込んでくることがたまにあるんです。

僕たちの部屋はお互いに鍵はついていません。

なので、弟が夜中に素っ裸で僕のベッドに入り込んでくるのを防ぐ方法がないんです。

なんとなく気持ちよくなって目が覚めると、身体の上になにか乗っていて、口になにかが触れている。

頭がだんだんはっきりしてくれると、弟が身体を逆にして馬乗りになって、僕のチンポをフェラしながら、自分のチンポを僕のクチビルにこすりつけている、、、なんて事があるんです。

恥ずかしい話ですが僕はまだ童貞なんで、正直言って、オナニーより弟のフェラの方がずっと気持ち良いと思います。

でも、弟とするのは変態な行為で間違っていると思います。

それなのに、何度か、弟のもフェラしてしまった事があるんです。

弟のチンポを口でフェラすると、弟はうれしがって本気で僕のをフェラするんで、すごく気持ち良いです。

弟はお互いにイった後でキスをしようとしますが、キスだけはしないように守っています。

キスまでしてしまうと、歯止めが効かず家族の絆がなくなってしまう気がするからです。

偉そうに言う僕ですが、ムラムラしてきて、弟の部屋に夜中に忍び込んだこともあります。

その時は、弟を起こしてフェラをしあうつもりでした。

でも、素っ裸でうつぶせになって寝ている弟のベッドの横には、小さなスプレー缶が2本ころがっていて、お尻には大きなスプレー缶が入っていました。

シーツには精液を飛ばしたシミがいくつもついていました。

それを見て我に返って、弟の部屋を後にしました。

普通の弟の方が良かったなって思うことも多いんですが、弟をみているとなんか可愛いんですよね。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。