ホーム » 潮吹き » 【ゲイ】小便とウンコを主食にするスカトロ君の末路・・・・・・

【ゲイ】小便とウンコを主食にするスカトロ君の末路・・・・・・

ウンコ、お代わり!

宮崎県在住のヒロちゃんさんからの投稿。父と兄、そしてその同僚たちから毎日調教されているという投稿者。朝っぱらからウンコの味噌汁に小便の炊き込みご飯まで食べさせられてるんだとか・・・・・・
SM乱交パーティー
12日日曜日の出来事

朝3時頃パパが僕を起こしに来て僕はパパに抱えられて倉庫まで連れて行かれた。

そしたらパパが『ヒロ分かっているな、今日はパパの仕事仲間が30人来るからそれまでにフル勃起をしてパパの仕事仲間が来たら給水タンクに小便を入れてくださいと言って給水タンクに小便を入れてくれた人からお掃除フェラをして口内射精でしっかり受け止めますと言うんだぞ』と言われて僕は『分かりました、フル勃起をしてパパの仕事仲間の人達にしっかり言います』とパパに言って僕はパパの目の前でチンポをシゴいて勃起をする事をパパに見せながら僕はチンポをシゴいた。

僕のチンポが勃起をしたらパパに見せてチェックをしてもらいパパが『ヒロまだ固くないぞやり直しもっと強くシゴいて勃起をしなさい』と言われて僕はチンポを強くシゴいて勃起をしたらパパがまたチェックして『ヒロやっとフル勃起をしたなもうすぐ来るから足を広げて勃起が見える様に立っていなさい、パパはお前の朝食を作って来るから』と言って僕はパパに『分かりました、ここで待っています』と言ってパパは倉庫から出て行った。

僕はパパの仕事仲間の人達が来るまでずっと足を広げて待ってたらパパが戻って来たてパパが『ヒロ今来たからちゃんと言うんだぞ、』と言われていたらパパの仕事仲間の人達が入って来て僕に『ヒロちゃんおはよう今日もよろしくね、ヒロちゃんのチンポは本当に変態だなぁ、もっと可愛い勃起したチンポを見せてご覧、ヒロちゃん今から何をして欲しい?』と色々言われた。

僕はパパの仕事仲間の人達に『給水タンクに小便を入れてください。入れて終わったら人からお掃除フェラをして口内射精で受け止めます』と言ったらパパの仕事仲間の人達が『ヒロちゃん分かった今から給水タンクに小便を入れて来るね』と言って給水タンクに小便を入れに行った。

僕は給水タンクに小便を入れ終わった人からお掃除フェラをして口内射精でしっかり受け止めてパパの仕事仲間の人達のザーメンを飲み終わったらパパが仕事仲間の人達に『今からヒロに朝食を上げます、今日の朝食はウンコの味噌汁と小便の炊き込みご飯と納豆と焼鮭です』と言ってパパが朝食をとりに行った。

パパが僕の朝食をとりに行っている間に僕はパパの仕事仲間の人達から『ヒロちゃんは本当に変態だねぇ、小便とウンコを食べるんだ、それは食べるとこを見てみたいなぁ、ヒロちゃん残さず食べるんだよ』と言われて僕は『残さず食べます』と言っていたらパパが朝食を持って来てパパが机と椅子を出し僕は椅子に座ったらパパが『ヒロもっと見える様に座りなさい』と言われて僕はパパの仕事仲間の人達に見える様に座って朝食を食べ始めた。

僕が朝食を食べている所を見たパパの仕事仲間の人達が『ヒロちゃんウンコの味噌汁は美味しい一気飲んで見せてくれる、なら次は小便の炊き込みご飯を食べて』と言われて僕は『分かりました』と言って僕はウンコの味噌汁と小便の炊き込みご飯を一気に食べいたらパパの仕事仲間の人達が『ヒロちゃんウンコと小便のご飯は美味しいですかぁ、ヒロちゃんウンコ美味しいなら俺のウンコをお代わりで食べて欲しいなぁ』と言われたらパパが僕の耳元で『ヒロ、小便とウンコは美味しいのでお代わりのウンコをいっぱいをくださいと言え』と言われた。

僕はパパに嫌だと言えず、僕はパパの仕事仲間の人達に『お代わりのウンコをいっぱいをください』と言ってたらパパの仕事仲間の人達が『ヒロちゃんそんなにウンコが欲しいの分かった、いっぱいウンコを出してあげるねぇ』と言われたらパパが仕事仲間の人達に「お代わりウンコを出せる人はこの鍋に入れてくれ』と言ったらパパの仕事仲間5人が鍋にウンコを垂らしている間にパパはカセットコンロと味噌と出汁を取りに台所に行った。

パパが戻って来るまで僕はパパの仕事仲間の人達から『ヒロちゃんウンコの味噌汁と小便の炊き込みご飯は美味しいよねぇ、だってヒロちゃんは変態だから小便とウンコ大好きだもんねー』と言われて僕は何も言えずにいたらパパの仕事仲間が『ヒロちゃんどうしたの本当は食べたくないの』と言われて僕は頷いたらパパの仕事仲間の人達が『そんなに食べたいんだ本当にヒロちゃんは変態だなぁ』と言われていたらパパが戻って来てウンコの味噌汁のお代わりを作り始めた。

そしたらパパの仕事仲間の人達が僕に『ヒロちゃんが嫌がっている所も変態で可愛いなぁ、そんなに嫌がってるいっぱい食べさせたくなるよ、ヒロちゃん落ち込んでもヒロちゃんは変態だから大丈夫だよ、』と言われて僕は何も言えずにいたらパパがお代わりのウンコの味噌汁が出来たと言って持って来た。

そしたらパパの仕事仲間の人達が『俺がウンコの味噌汁のお代わりを注ぎたいヒロちゃんにいっぱいウンコのカケラを食べて欲しいからさぁ、なら俺もヒロちゃんに小便の炊き込みご飯を注ぎたいなぁ、ヒロちゃんいっぱい食べてもっと変態になるんだよ、いっぱい食べないと変態になれないよ、ヒロちゃんは変態からド変態になって超ド変態になったら完全超ド変態にならないといけないんだよそのためにもいっぱい食べないいけないよ』と言われて僕は『分かりましたいっぱい食べてドンドン変態になっていきます』と言った。

そしたらパパが『ヒロいい事を言ったからヒロの好きなプリンをあげるからねぇ』と言われて僕はお代わりで注がれたウンコの味噌汁と小便の炊き込みご飯を全部食べたらパパが『ヒロの好きなプリンはパパ達が口移しで食べさせてあげるねぇ』と言われて僕はデザートのプリンをパパ達が口の中に入れて唾液がよく混ざってから口移しで食べた。

僕の朝食が終わったらパパが『ヒロ今からパパ達の朝食の番だからパパ達の朝食が終わるまでゲージに入って待っていなさい』と言われてパパの仕事仲間の人がゲージを持って来て僕はゲージの中に入ったらパパが『ヒロお兄ちゃんの小便でも飲んで待ってろ』と言われて僕はパパからお兄ちゃんの小便が入ったペットボトルをもらって飲みながらパパが戻って来るのを待った。

しばらくしたらパパ達が戻って来て僕をゲージからパパが出したらパパ僕に『ヒロ今から何をするのか分かっているな答えてみろ』と言われて僕は『今から変態肉便器として夜まで激しく犯される事になっています』と言ったらパパが『なら変態肉便器として使える様に台に横になれ』と言われた。

僕は台に横になったらパパから目隠しをされてたら手足も拘束をされたらパパ達に抱えられて肉便器として犯しやすい方に向きを変えられたらパパが『ヒロ今からアナルにローションを塗るから口を開けて口の中を犯されていなさいアナルにローションが塗り終わったらパパ達のデカマラで一気に激しく犯すからなぁ、』と言われた。

僕はパパに『分かりました、僕を変態肉便器として激しく犯してください』と言ったらパパが『ヒロ分かった、でもお前は我慢汁・トコロテン・潮吹き禁止だからなぁ、もし出したら反省してもお仕置きをするからなぁ』と言われて僕はパパに話そうとしたらパパが『ヒロもう5時半だ口を開けろ』と言われて僕は口を開けたらデカマラが一気に入って来てそのまま激しく犯されて僕はデカマラをしゃぶっていたらアナルの方にもデカマラが一気入って来て僕はそのまま口とアナルを激しく犯された。

僕はしばらく激しく犯されて禁止されているトコロテンと潮吹きをしてしまってパパが『ヒロお前また誰の許可でイった?あれほどイクなと言っただろうがぁ、お仕置きは夕方過ぎにするから覚悟しておけ』と言われても僕はパパ達のデカマラで口を塞がれているので何も言えずにいた。

僕は昼食まで激しく犯されてそのたびにトコロテンと潮吹きを出しても激しく犯されていた。

肉便器をはじめて数時間が経過した頃にパパが『もうお昼かぁなら昼食にするかぁ』と言って変態肉便器をいったん中断して昼食になった。

僕はパパ達に手足の拘束を解かれて目隠しを外されたらパパが仕事仲間の人達に『ヒロは昼食もウンコと小便を食べる事になっていて誰かウンコ出そうな人いるかぁ』と言っていたらパパの仕事仲間の人が『俺出したい』と言う人が8人いてパパが『ならこの鍋に出して』言って鍋を渡した。

そしたらパパが僕に『ヒロ昼食はウンコ入りのチキンラーメンと小便の炊き込みご飯のチャーハンだぞ、昼食が出来るまでゲージに入ろ』言われて僕はゲージに入ったらパパは台所に行ってパパの仕事仲間の人達はタバコを吸いに行ったりコンビニに行く人もいた。

そしたらパパが来て僕に『ヒロトイレ休憩するか』と言って来て僕はパパに
『トイレ休憩がしたい』と言ったらパパが『分かったなら小便なら給水タンクに出してウンコならこのタッパーの中でして来い』と言われて僕は小便を給水タンクに入ってウンコをタッパーに入れてフタをしてパパに渡したらパパが『ヒロこんなに中出しをしてもらったのかぁ、ヒロだんだん変態になって来たなぁ』と言われて僕はパパに『パパ今日はどこまでするの』と聞いたらパパが『今日どこまでするのかぁ?それは内緒だよ、ヒロまたゲージに入ってろ』と言われて僕はゲージに入った。

そしたらパパの仕事仲間の人達が戻って来たらパパが仕事仲間の人達に『今からヒロに昼食を上げます』と言ってパパが台所に行って僕の昼食を取って来て僕をゲージから出したら朝食と同じ様に椅子に座っていたらパパの仕事仲間の人が『ヒロちゃん昼食もウンコと小便を食べるんだヒロパパ本当に変態だなぁ』と言われていたらパパが昼食を持って来て僕はパパの仕事仲間の人達の前で食べる所を見てもらった。

僕が昼食を食べ始めたらパパの仕事仲間の人が『ヒロちゃんもっといっぱい食べないとド変態になれないよ、ヒロちゃんもっともっといっぱい口に入れて食べてしまいない、ヒロちゃんまだウンコのカケラが乗っこているよ』と言われながら僕は何も言えず昼食を食べた。

僕が昼食を済ませたらパパが『ヒロゲージに入れ今から少しだけ外出をしてくるからいい子でお留守番をしていろよ』と言われて僕はゲージに入ったらパパ達が出かけて行った。

僕はパパ達が帰って来るまでゲージに入ってお留守番をさせられて僕はちょっと休憩をして過ごしていたらパパ達が帰って来てパパが『ヒロただいま、今からパパ達のデカマラをしゃぶって肉便器が出来るようしたらパパ達が激しく犯すぞ』と言われて僕はパパ達のデカマラをしゃぶって勃起をさせたらパパが僕に目隠ししたら手足を拘束をされて僕はまた激しく犯された。

僕はパパ達から激しく犯されていたらパパの仕事仲間の人達が僕に『ヒロちゃんもっといっぱいトコロテンを出して僕は変態だとアピールしないともっと変態になれないよ、ヒロまだまだいっぱいトコロテンと潮吹け、ヒロ口マンがおるすだぞもっと舌を舌を使ってしゃぶれ』と言われながら僕はパパ達に激しく犯され続けられていた。

そしたらパパが僕に『ヒロデカマラも少し飽きただろ今からパパ達はデカマラに肉厚ペニスサックが24種類あるから付けてからまた激しく犯すぞ』と言われても僕はパパの仕事仲間の人達のデカマラをしゃぶっていたので何も言い返せずに僕は肉厚ペニスサックを付けたデカマラでアナルを激しく犯されて僕はトコロテンと潮吹きが止まらなくなってもパパ達はそれでも激しく犯して来た。

僕は激しく犯されて身体がクタクタになって来たらパパが『ヒロもう疲れたのか、ならウンコと小便のジュースを飲んで元気を出せ』と言われて僕はパパから目隠しを外されたらパパの仕事仲間の人がミキサーを持って来たらパパがミキサーの中にウンコを入れたら給水タンクの小便を入れて来てミキサーで混ぜたらパパが僕の口に口枷をはめさせたらパパが『ヒロ、ウンコと小便のジュースだぞ全部飲み干せ』と言われて僕は頑張って全部飲み干したらパパの仕事仲間の人が『ヒロちゃんだんだん変態になって来たねだけどまだまだ完璧なド変態になっていないからまだまだ激しく犯すぞ』と言われて僕はまた目隠しをされて僕はパパ達のデカマラでまた激しく犯されて続けた。

数時間後パパ達が『ヒロを激しく犯すのに夢中になり過ぎてもう夜8時なのか、だけどヒロはまだまだ完璧に変態になっていないな、』と言っていたらパパが僕に『ヒロ今から夜食にするけどパパ達は出前を取るけどヒロは小便を飲んでウンコを生で食べていろ』と言われて僕はパパから目隠しを外されて僕はパパの仕事仲間の人達のチンポから小便を直で飲んだら今度はパパの仕事仲間の人達が直でウンコを垂らしたのを生で食べていたらパパが『ヒロまだまだウンコは出るぞいっぱい食べろ』と言われて僕はパパ達の食事が終わるまでウンコを生で食べていた。

食事が終わったらまた目隠しをされてたらパパが『ヒロまだまだ激しく犯すぞ』と言って来たので僕がパパに『パパももうやめてください』と言ったら金玉を蹴られたらパパが『ヒロお前が完璧なド変態になるまで激しく犯すんだよそれまで口答えするな、口答えをしたから反省するまで金玉を濡れたタオルで激しく叩いてお仕置きだなぁ』と言われて僕はパパ達から何度も激しく叩かれて僕が痛がってもパパ達は激しく叩き続けられていたらパパが『ヒロのお前の金玉が赤くなってぞ、ヒロ痛くてたまらないだろう』と言われて僕は『金玉が痛いからやめてください』と言ったらパパの仕事仲間の人が
『ヒロまた口答えしたなぁよし今から激しく犯すぞ』と言って僕はまたパパ達に激しく犯された。

12時ぐらいにパパが僕の目隠しを外してたらパパが『ヒロ今からお前の金玉とチンポを激しくお仕置きをするから』と言われてパパが僕の口の中にボールを入れたら僕はパパ達に激しく金玉を叩かれたり蹴られたりして僕は金玉が痛くて小便を漏らしたらパパが『ヒロお前は金玉をお仕置きをしたら小便を漏らすのかぁ』と言われた。

僕が金玉が痛くてうずくまっていたらパパ達がスマホで写真を撮りまじめたらパパの仕事仲間の人が『今からヒロのチンポを激しくお仕置きがしたい』と言ったらパパが『今12時半かぁ、なら朝8時までチンポを激しくお仕置きをするか』と言われて僕はパパ達から激しく亀頭や尿道を中心に激しく犯されて僕は何度も射精をしたり潮を吹いていっぱい出してもまだ激しく犯されて僕は朝まで激しく犯されてクタクタになって意識がもうろうになって僕が気づいたら僕は自分の部屋にいて僕はクタクタで疲れて僕はしばらく寝て過ごしました。

 

カテゴリ:潮吹きの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    待ってました、相変わらず、すごいですね
    自分は最近、屁責め受けてます、頑張ってスカトロ調教までやってみたいです

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。