ホーム » 外国人 » 【ゲイ体験談】留学先のニューヨークで最高のアナルセックス経験した!

【ゲイ体験談】留学先のニューヨークで最高のアナルセックス経験した!

アメリカの性事情

富山県在住の学生さんからの投稿です。学生時代にアメリカへ語学留学していた投稿者。日本ではゲイであることをカミングアウトできずに窮屈な生活を送っていたがコッチでは気にせずオープンな人生を満喫していた。部屋にはゲイ雑誌も開いたまま放置してある。これが原因となってしまい・・・・・
野外全裸でフェラチオ
俺は今から約5年前、20才の時ニューヨークに語学留学をしていた。

日本の知り合いやこっちの日本人にはまだカミングアウトしていなかったけれどニューヨークという土地柄、アメリカ人には別に隠す訳でもなく普通にしていた。

ルームメイト(彼はゲイでセックスはないが良い親友)がいないある日、1人でエロ雑誌(もちろんノーカット!)を見ながら扱いていると、ドアベルが鳴った。

慌ててトランクスのみはいてドアまで行くと、ルームメイト宛ての荷物がUPS(日本のヤマトみたいなもの)で届いた。(トランクスで人前に出るのは別に普通らしい)

配達の人は肉体労働で鍛えられた34~5位の結構いける人だった。

配:「マイク?」(ルームメイトの名前)

俺:「あ~、彼はちょっと今いないんだけど...」

配:「彼宛に荷物があるんだけど、君は?」

俺:「ルームメイトですけど」

配:「じゃ、変わりに受け取っておいてくれる?」

俺:「もちろん!」

配:「じゃ、ID見せて?」

俺:「ID?」

配:「そう。受取人のところに代理人って書く時はIDで確認を取らなきゃいけないんだ」

アメリカは皆結構適当にやっている国なのに、変なところで厳しい。

なぜ?っと思ったけどここは素直に「分かったちょっと待ってて」と。

しかしこのマイク、猫を飼っていてこのお兄さんがドアのところでドアを半分開けて待っていると、猫が出て行ちゃいそう!

俺:「あ~、申し訳ないんだけど1回部屋に入ってドア閉めてくれる?猫が外に行ったら大変だから!」

配:「いいよ」

俺は急いでIDを探しに自分の部屋へ。

でもそういうときに限ってなかなか見付からない。

日本で印鑑の時も同じ。

やっとのことでみつけて戻ると、なんとそのお兄さん、俺が見ていたエロ雑誌を見ているではありませんか!!

それもその脇にはオナニー用に使おうと思っていたローションまでが...。

配:「忙しい時に来てしまったみたいだね...」

俺:「いや、そんなことないっす。(汗)」

こんな時アメリカ人ならつまらないギャグとか言って笑ってごまかす。

だから、俺もあせってか「もし読みたいようならここで少し休んで読んでいけば?」と。

心では「お願いだ笑ってくれ!そして何事もなかったかのようにさってくれ。」と俺は祈る。

すると、「そうだな。ちょうど昼の休憩時間だし、休んでいくか。おまけに彼女ともちょっとご無沙汰だし...」

え~!!!!じょっ、冗談なんだけど!

おまけに意味深な..彼女ともご無沙汰だし~なんて言ってるし!!

彼はソファーに座りページをペラペラ...。

こういう時って日本人のサービス精神がもろに出ちゃう。

驚いているのに、「何か飲む?」と接待をはじめてしまった!

そんなことをしている前に“ズボンはかなきゃ”と思うんだけど飲み物も出さないと。

配:「コーラ-ある?」

俺:「うん」

キッチンに行ってコーラを入れる。

自分から招いたとは言え、心臓はバックバクでもう口から飛び出しそう。

コーラを入れてリビングへ戻ると、とんでもない光景が。

ビックリしすぎてコーラをこぼしそうになった...

なんと目の前に大きなイチモツを出しているお兄さんの姿が!!!

配:「おっ、サンキュー」

サンキューって君、普通の顔しちゃって...。

でも冷静さを見せながら、他のソファーへ座る。

見ないようにしてもどうしても目がイチモツに誘導されてしまう...。

配:「彼氏とかいるの?」

さすがニューヨーク。

別にゲイに対しての偏見がないのか普通に聞いてくる。

俺:「ううん。今はいない。お兄さんは?」

配:「彼女がいるけどこのごろ忙しくってさ。会ってないんだ。でも男との経験もあるよ」

なっ、なにぃ~!!!

俺:「かっ、彼女はそれ知っているの?」

配:「まさか。ハハハ・・・」

ハハハ・・・って。

そういえば、マイクもいっていたけどアメリカ人ってノンケでもティーネージャーの時よく一緒にオナニーするとかいってたし。

それに結婚する前の男が“バチェラーパーティー”とかいう男だけのパーティーで飲んだくれになってエキサイトするとかも言ってたしな~。

なんて国だ!!なんて奴らなんだ!!

そんなことを考えていたらまたお兄さんページをペラペラし始めた。

それに息子がドンドン大きくなってきてるような...。

突然、「どんなセックスが好き?いつした?」と聞いてくる。

俺:「どんなって...いたって、ゲイですから舐めたり、あと俺はボトム(ウケ)だから...。」

配:「じゃ~、ちょっと2人で楽しむ?」

きみ、楽しむって簡単に...。っと思いながらも、俺もセンズリの途中だったし....。

次の瞬間、俺はお兄さんのソファーへと移り、咥えてしまいました!

仕事中ということもあってちょっと汗臭かったけど、その匂いがまた男っぽくてそそられる!

お兄さんは呻き声をあげながら、「おお〜彼女より全然上手いよ!」なんて誉めてくれちゃったりして!

ちなみに彼のムスコは結構大きい!20cm以上はある。

ガマン汁まで出てきて...。

すると、なんだかケツの辺りがモソモソ。

なんとこのお兄さん!さわってるじゃないですか!ってことはこの人もっとやりたいって事?お兄さん本当に彼女がいるのかな?彼氏じゃなくて...。

だってなんだかそういうさり気なさが慣れているというか...。

え~い、ここまできたらもうなんでもあれ!

俺はコンドームを持ってきて彼のムスコへ装着。

彼の上から腰を落としました。

ちょっと痛い。なんていたってはじめての“大物”。

でもなんだか10分前に会ったばっかしの人とやっちゃうのも凄い...。

オイルをつけて再挿入を。

今度はいいぞ。おっ、なんだか凄い。

奥の奥まで入っていく、なんだか子宮にあたってるって叫ぶのも分かるなって言うくらい凄い。(どんな凄さか分かる??)

配:「マンコよりいい!!!こんなのはじめて!!」

こんなの初めてだよ!聞いたことあるこんなすばらしい言葉!!!

なんか気持ちくしてあげてる(もちろん俺も気持ちい)って気がして嬉しかった。

持ち上げられるとのってしまうのも日本人の特徴で、もっと閉めると俺のほうがドンドン熱くなってきた。

俺:「あ~、イく~~.....!!!!!」

彼の胸の辺りまでとんだ精液。

射精するときってケツの穴、締まるでしょ?

そしたら...「Oh,CUM!!!!!!(あっ、イく!!!!!)」って。

コンドームはしていると言ってもなんだかそれを破って本当に俺の中でいってるんだって言うくらいすごい声を出して、めでたく、お兄さんもイッタのでした...。

あれから5年。あの時のことは決して忘れない。いやっ、忘れられない!!!!

だってあの時の“お兄さん”と一緒に住んでいるんだもん......

 

カテゴリ:外国人の最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。