ホーム » ノンケ » 【エロ体験談】ノンケ君、ビキニの日焼け跡をつけてスパへ行くwwwww

【エロ体験談】ノンケ君、ビキニの日焼け跡をつけてスパへ行くwwwww

【体験談】神奈川県在住のノンケさんからの投稿です。普段からよくゲイにナンパされるのが悩みの投稿者。ある日、疲れを癒すためにスパへ向かった。そのスパが「どういうスパ」なのか知る由もない投稿者はお尻にクッキリとビキニパンツの日焼け跡をつけてノコノコと施設内へ。もちろん何も起こらないはずがない・・・・

ノンケのビキニ日焼け

はじめて、書き込みします。もう3年前のことになりますが・・・。

一人で、SPAに行ったときです。いつものように体を洗って、サウナと水風呂を出たり入ったりしていたのですが、少し疲れたので、ジャグジープールに入りました。ジャグジーにはほとんど人がいなかったので、“ぼーっ”としていると10歳くらい年上のお兄さんに声をかけられました。

兄:「よく日に焼けているね。」

俺:「はあ。」

兄:「水泳やっているの?」「何かの帰り?」

俺 「いいえ。」

兄:「どこで焼いたの。」

俺:「近くの海です。」

兄:「どこに住んでいるの?」「彼女はいるの?」

俺:「今はいません。」

と世間話をしていました。こういう場所では話し好きな人が結構いるので、いつものように会話をしていたのですが、その後、えっ?と思うような出来事が起きました。

そのお兄さんが無言になったかと思うと、お兄さんの足が俺の大腿をこすってきました。そのジャグジーは立って入るタイプなので、(足がこすれてしまったのだろう。)としか思いませんでしたので、その場は無視というか、黙っていました。そのうちあまりにもしつこく足をこすってきたので、ジャグジーを出ることにしました。(これであのお兄さんの悪ふざけから逃れられる。)と思い、ほっとしました。

その後、俺はサウナに入ってテレビを観ていたのですが、体を撫でられる感覚を覚えると、先程のお兄さんが俺の背中を撫で回していました。いつの間にかサウナに入って自分の隣に陣取ったようです。

このとき初めて思いました。(このお兄さんは男の人が好きなのだ。)あまりにも突然で、初めての経験だったので、頭が混乱してしまい、そして周りにも人がいたので、見られたのではないかと思い、恥ずかしくなって、その場をあわてて立ち去り、帰り支度を慌ててして、帰りました。

話が飛んでしまいますが、以前、ニューヨークのセントラルパーク近くの通りを一人で歩いている時に、二人組みのお兄さんに、「Excuse me?」 「Lover. Lover. Lover.」と突然声をかけられて、ダッシュでホテルまで帰って、丸一日怖くて、部屋から出られなかったことを思い出しました。

俺の顔はゲイの方に好かれる顔なのか、ゲイに見える顔なのかは判りませんが。(聞いたことがないので。)また、この健康ランドでの出来事も、普段から水着はビキニしか履かないので、くっきりビキニの日焼け痕が残っていたこともあるのだろう。

とにかく衝撃的な出来事だった。衝撃的な出来事から数ヵ月後、俺は懲りずにSPAに行った。相変わらずサウナと水風呂に入っていたが、今回はもう大丈夫だと思い、ジャグジーへ入った。ジャグジーでゆっくりしていると、向こうで手招きしている人がいる。どうせ他の人だろうと思い、無視していたが、その人は手招きを止めない。周りを見渡すと誰もいない。

どうやら俺のことらしい。(俺は視力がかなり悪いにもかかわらず、眼鏡もコンタクトもしていない。)何のことだろうと思い、行ってみると、前の、あのお兄さんだ。

兄:「前に会ったよね。」

俺:「はあ。」

兄:「歳いくつ?」

俺:「・・・・。」

兄:「俺、若い子好きなんだよね。」

俺:「はあ。」

兄:「尺八してあげたい。」「昨日はマスターベーションした?」

今回は言ってくる事が大胆だ。そしてまたお兄さんの足で、俺の大腿を撫で上げる。そして、何と今回は大胆にも俺のチンポを触ってきた。お兄さんは俺のケツを撫で上げ、金玉も軽く揉んでくる。そしてお兄さんの手が、やさしく俺のチンポを掴み、上下させる。あまりの気持ちよさに俺は頭の中で何かがはじけた。この間、あまりにも

「尺八してあげたい。」

とお兄さんが懇願するものだから、俺は、まあ減るものじゃないし、一回位は良い経験だろうと思い。

「減るものじゃないし、いいっすよ!」

とお兄さんに言った。あまりの気持ちよさに、ジャグジーの中で、立っていることがしんどくなった。こんなに気持ちよく出来るのは男の性を知っている男性じゃないと無理だと思った。そうこうしているうちにジャグジーに人が入ってきたので、暗黙の了解で、出ることにした。

お兄さんが出て、遅れること俺が時間差で出て、普通の風呂に入った。そこでもお兄さんは大胆にも俺のチンポを握ってきた。

兄:「俺、若い子好きなんだよ。」

俺:「でも、俺ノンケですよ。いいんっすか?」

兄:「すぐそこのトイレに行こう!」

俺:「あそこじゃ、まずいっすよ!」「2階のトイレにしましょうよ!」

俺にしては、かなり大胆発言!また人が多くなってきたので、ミストサウナに入った。そこにも人はいなく、お兄さんはまた俺のチンポを撫でてきた。

兄:「俺のチンポもさわって!」

俺:「はあ。」

俺は初めて大人のチンポを触った。お兄さんのチンポは仮性包茎ぎみで、俺より少し小さめだったが、かなりビンビンだった。俺もかなりこの時興奮していた。

兄:「我慢汁がかなりでているね。」「早く尺八してあげたい。」「いつオナニーしたの?」

俺:「昨日です。」

お互い限界に来ていたので、どちらから言い出すともなく、ミストサウナから出て、体を洗って、更衣室に向かった。着替えて二階のトイレに行くためだ。更衣室で体を拭いて、ビキニを履こうとすると、もうお兄さんは着替えていた。

兄:「それは邪魔だから履かなくていいよ。」

俺:「そうっすか。」

館内着を履いて、お兄さんの後についていった。トイレはかなりきれいだった。裸足で歩いても良い位だった。足元はマット調のタイルで、個室は明るい色の木製のパーテーションで仕切られていた。

兄:「少ししてから入ってきて!」

俺:「はい。」

トイレに入るとお兄さん以外、誰もいない。お兄さんは裸足で入っていく。

兄:「スリッパは履いてきて。」

俺:「はい。」

個室に入ると、お兄さんは館内着の上着を脱ぎ始めた。俺も上着だけ脱いだ。二人の上着はフックに掛けた。お互いズボンだけは履いたままだ。お兄さんはズボンを途中まで降ろして便座に腰掛けた。

兄:「こっちにきて!」

といったので、無言のまま、お兄さんの座っている便座の前に立った。お兄さんは俺が履いているスリッパの上に足を乗せた。この時こういう状況ながら、(なるほどな。)と思った。俺の足にお兄さんの足を乗せてしまえば、外の下の隙間からは、一人しか入っていないように見えるからだ。

感心しているのもつかの間。お兄さんは俺のズボンをそっと膝まで脱がせた。お兄さんは俺の胸をやさしく撫で始めた。その手は胸から腹、へその周りを撫で上げ、そしてやさしく背中もタッチしていく。俺は腹を撫で上げられると、とても感じてしまうので、とても気持ちが良かった。

そしてお兄さんの右手は俺のチンポをやさしく包み込む。左手はケツの左右のくぼみを丹念に撫で上げる。しばらくおとなしくなっていた俺のチンポが再び半勃ちになった。お兄さんは俺のチンポを賞味するかのように唇と舌でやさしく、ねっとりと、しゃぶり始めた。俺はその光景を黙ってみていた。俺のチンポは、お兄さんの唇に吸い込まれていったり、出てきたり・・・・。

上から見下ろしていると、お兄さんの短髪と唇がシリンダーのようにゆっくり、ていねいに動いている。そして俺のチンポが、お兄さんの唇と俺のチン毛で隠れていく・・・・。とても卑猥に、そしていやらしく、エロっぽい。

女にしてもらうフェラチオとは全然違うタイプのエロっぽさだ。こういうときにこそ“卑猥”という単語を使ったほうが良いのだろう。亀頭も唇と舌で丹念に舐め上げられていく。俺は完全剥けチンで、竿と亀頭の間の段がはっきり分かれているので、お兄さんの唇が竿から亀頭の先にストロークするたびに唇の形が変わるので、興奮しながらその光景を上から見物していた。

兄:「どう?気持ちいい?」

俺:「変な気持ちっす!」

と少しごまかしてしまった。確かに最高に気持ちはいいのだが、やはりそれらの卑猥さから、そんな言葉が出たのだろう。

「バタン!」突然、静寂を打ち破るような音がした。

トイレに誰か入ってきたようだ。お兄さんは俺のチンポを唇から離した。二人とも息を殺して動きを一切止めた。俺の足に乗っているお兄さんの足が心なしか力が少し入っている。程なくして、水道の音がして、「バタン!」と出て行った。

兄:「そこに立って!」

俺:「はい。」

お兄さんは立ち上がると便器の横に立った。俺はその前に立った。

兄:「俺のチンポ触って」

俺:「・・・・・。」

俺は黙ってお兄さんのチンポを前後に擦り上げた。俺がいつも自分でマス斯きするように、右手全体でお兄さんのチンポを慰めた。しかし、なかなかうまく出来ない。自分がしているようにやる訳にはいかなかった。少し包茎気味(この時、皮はびんびんに剥けていたが、少し痛々しく皮がつっぱった感じだった。)で俺より小さめのチンポだったので、感覚がなかなかつかめなかった。

この間、お兄さんは俺のチンポを器用に前後させていた。手馴れているのだろう。俺の手扱きと比較にならないほど気持ちが良い。お互い向き合ったまま、お互いの分身を慰めあった。

兄:「いいよ。ありがとう。」

俺:「はい。」

お兄さんは、また便座に腰掛けた。暗黙の了解で、俺はお兄さんの前にチンポを突き出した。お兄さんは唇を俺の息子にあて、ねっとりと舌を使って亀頭を舐め上げていく。お兄さんの手は俺の胸の乳首をコリコリと刺激し、そして腹筋と背中をやさしく這い、ケツを愛撫する。その手は硬くなった金玉を包み込み、二つのボールをやさしく揉み上げる。金玉を刺激された俺はとうとう我慢できなくなり、喉の奥から息を吐き出すように低い声で

「はぁ~。」

と声を出した。お兄さんの舌の動きがものすごく敏感に感じられるくらい俺の息子は更に怒張した。

俺:「はぁ・・・・。はぁ・・。はぁ、はぁ、ううっ。あぁ~っ、もうすぐいきそうっ!」

もう声にならない息の声で・・・。お兄さんは尺八の速度を速めていった。お兄さんの短髪がいやらしく前後する。そしてお兄さんの唇が俺のチン毛に埋もれていく。そして膨張して敏感になっている俺の亀頭がリズミカルにお兄さんの喉の奥にあたっているのがわかる。お兄さんは俺のケツをしっかり抑え、ピストンしていく。俺の腹筋が震え、ケツにも力がこもる。

「あぁ~~、う~っ、はっ、でっ、出るっ!いくっ!」

俺は、体全体をお兄さんに突き出して、口の中に「びゅっ!」と射精した。いままでで最高に気持ち良い射精だった。お兄さんの口の中で俺の分身は、まだもてあそばれている。

「はぁ~。」

俺は前かがみになった体を起こしてお兄さんの口からペニスを引き抜いた。まだ、俺のペニスは怒張したままだ。お兄さんの口からペニスを引き抜く時に、唇が俺の竿の付け根から亀頭全体を確認するかのように、そして包み込むように出したため、あまりの気持ちよさに俺のチンポは跳ね返るように唇を離れ、二発目の発射を、不覚にもお兄さんの顔と胸にかけてしまった。俺はとっさに

「すいません。」

と謝った。お兄さんはトイレットペーパーを引き抜き、舌を出し、ザーメンと唾液が混じった混合液を上目遣いで俺に見せるかのようにし、丹念に拭き取っていた。

兄:「元気だねー。」「気持ちよかった?」「二発目も出してくれたんだー。」

俺:「はい。」

お兄さんは微笑を浮かべながら、俺のチンポをペーパーでやさしく拭き取ってくれ、それからお兄さんの顔と胸にかかってしまった俺のスペルマを拭き取った。下を見ると、座っているお兄さんのペニスが、かなり怒張している。俺は何かしなければいけないかと思ったが、お兄さんは

「俺はここで抜いていくからいいよ。」

と先に言われたので、俺は

「ありがとうございました。」

と御礼を言って、ズボンを上げ、上着を着て、個室から離れることにした。個室から出る前にお兄さんから

「また会いたいな。」

と言われたので、俺は

「はい。」

と言って、また再び

「ありがとうございました。」

と御礼を言って出た。俺は体を洗って、帰宅した。その後、何度かそのSPAに行ったが、そのお兄さんは二度と見かけなかった。

その日を境に男同士も悪くないなと思った。これをタイピングしている間中、俺のチンポはMAXエレクト状態。先走り液でお気に入りのビキニがかなり湿ってしまっている。

もう俺の息子が我慢できないようなので、あの日の光景と感触を思い浮かべながらセンズリでもするか・・・・。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    男にやられるのも、悪くないと思ったのですね。あなたに、
    会ってみたいですね。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。