ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ】規格外のデカマラが射精すると変な音までするんだな・・・・・・・

【ゲイ】規格外のデカマラが射精すると変な音までするんだな・・・・・・・

鬼サイズのおちんちん

京都府にお住まいのリーマン(27)さんからの投稿。ある週末の夜にいつも行く銭湯へお邪魔した時だった。脱衣所で服を脱いでいると、大浴場の方から喘ぎ声とはまた質の違った泣き声?のような叫びが聞こえ・・・・
バリタチのガン掘り

大分前の目撃談になるけど、少し明るい場所でウケを四ン這いにさせてケツを犯してるタチがいて、ウケの奴は頭を低くしてケツだけ高く上げたままズボズボ掘られていたんだけど、掘られてるウケが銭湯に響き渡るようなマジ泣きで、『痛いよう、痛いよう!』『許して!死んじゃうよう!』って泣き叫んでいた。

そのタチは無表情なままで一言も喋らずに、ひたすらウケの腰を掴んで逃げられないように自分に引き付けながら根元まで突っ込んで犯してました。

そろそろイキそうになってらしくラストスパートに入った時に、前後のストロークを大きくして抜いたり突っ込んだりしはじめた。

で、その余りの太さからか肛門から亀頭が引き抜かれる度に、ズボズボと音がする程激しく掘り続けているんです!ちょっと見てて怖かった・・・

最後にザーメンをたっぷりとケツマンコに種付けすると、暫く余韻を楽しみ亀頭で直腸をカキ回した後、そのデカマラを一気に引き抜きました。

ザーメンでぬめったケツ穴は、『ジュボッ!』っと大きな音を立てました。

あんな風に音を立てる程、迫力ある種付けは、いまだかつて見た事がありません。

抜かれて出てきたマラは、見るからにズッシリとした重量感があり、長さも太さも500ミリリットルのペットボトルと同じサイズでした。

ウケは引き抜かれた後もケツを高く上げたまま動くことができず、先ほどまでの激しい痛みから解放されてもススリ泣いていました。

肛門を見ると見事なまでにパックリと開いたまま直腸を見せていました。

超巨根のタチはさっきまでの無表情から満足したような顔で、ウケをそのまま残して風呂場へ降りていきましたが、あんな極太の超巨根は、その後も見た記憶ががありません。あんなの本当に居るんですね、、

あの時は余りの凄さにかなりビビッてしまいましたが、今なら俺もあんな超極太に強引にでも犯されたいと思います。

でも、いないんですよね〜、あんな極太は。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。