ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】修学旅行で寝ている同級生のチンポ舐めてみたwwwwww

【ゲイ】修学旅行で寝ている同級生のチンポ舐めてみたwwwwww

見るだけのつもりが・・・・

群馬県在住の海斗さんからの投稿。学生時代の修学旅行が今でも忘れられないという投稿者。皆が寝静まった深夜、懐中電灯を片手に同級生の股間チェックに出かけたんだとか・・・・・・
寝込みを襲われた学生さん
俺の通っていた中学校は古く、修学旅行もいいホテルではなかった。

学校にお金が無いのか、俺は先生と同じ部屋になることに…

せっかく同級生と枕投げとかして遊べると思ったのに…残念だった。

そして、部屋割り発表されたのだが、俺と同室の先生は美術のK先生だった。

学校で唯一若く、イケメンだと言われていた先生だ。

俺はふと方をなでおろした…嫌われ者の数学のB先生じゃなかったからだ。

そして、迎えた当日楽しい班活動に疲れ、消灯時間前に寝た。

早く寝すぎたせいか、起きたのは深夜だった。

尿意を感じ、電気をつけようとしたが起こすと行けないので非常用の懐中電灯を持ってトイレへ向かった。

寝ている間の数時間、我慢していたので膀胱はピーク…少し勃っていた。

俺はスッキリしてトイレを流し、ちょっとしたイタズラを思いついた…!

それは、ルームメイト2人のムスコを見ることだ!

2人は夜更かしすると言っていたのできっとすぐには起きないだろうと思いベッドへ向かった。

浴衣風のパジャマなのですぐにめくれ、パンツを発見した。

1人目は緑と黒の縞模様で洗剤の匂いがした。

2人目は船やイカリのマークなど子供っぽいパンツだが、汗臭かった。

さすがに修学旅行だからオナってなさそうだ。

1人目のムスコ確認にはいった。

小学校からの友達で小さいといじられていたクセに立派になっていた。

8センチはありそう!

しかし、毛で覆われほぼ見えなかった。

俺は、興奮のあまり毛とムスコを舐めてしまった。

2人目はまだ毛がすくないが、少し黒ずんでおり仮性包茎だった。

このままだと起きてしまいそうなので少し手コキして終えた。

でも、まだ心残りだった。

イケメン先生のムスコを見ていないからだ。

せめてパンツは見ようとベッドに向かった。

しかし、欲には勝てない。触ってしまった。

するとムクムクと大きくなり、硬くなり始めた…

先生の敏感さに驚いたが面白かった。

その後、脇など確認しその日を終えた。

俺にとって忘れられない修学旅行になった

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。