ホーム » 発展場 » 【ゲイ体験談】映画館で隣の学生がセンズリしてるんだがwww

【ゲイ体験談】映画館で隣の学生がセンズリしてるんだがwww

ズボンに手突っ込んで・・・・

千葉県在住の大学生からの投稿です。大学に入ったばかりの投稿者は、以前から寮の近所にあるポルノ映画館が気になって仕方なかった。そして冬のある日、我慢できずに一人で映画館へ行ってみることに・・・もちろん、どんな場所かは解っている。そういう期待もしている・・・・・
熟年坊主のバキュームフェラ
俺、大学1年。

俺さ、この前に生まれて初めてポルノ映画館に行ったんだ。今でもはっきり覚えてるよ、あれは寒い冬の日だった。どきどきしながら、チケットを買って中に入ったんだ。

そこの映画館はとても小さくて座席も100席くらいだったかなあ。俺が中に入ると、お客さんは数え切れるくらい少なかった。

「こんなので、経営やっていけんのかなあ」って思ったくらいだった。

ところどころにストーブが置いてあって、その近くにお客は座っていた。

俺は大胆にも、客席横の通路を歩き、前列からに6列目の一番端っこに座ったんだ。

座席に行く途中、お客の数を数えたら、なんと五人だった。

だから、お客はそれぞればらばらに座っていた。

それまで俺気がつかなかったんだけど、前列にひとりお客がいたんだ。

スクリーンの光で前列中央で足をのばしていたからわからなかったけど、座席の背もたれから少しだけ頭が見えたんだ。どうやら、寝ているようだった。

十分くらいしたら、ちょうど映画が終わり、休憩になってしまった。

明かりがついたので、どんなお客がきているのかがわかったんだ。

四十くらいのおじさんがひとり、そして、大学生風の人たちが4人だった。

そこの映画館の近くには大学があって、そこの学生なのかなあって思った。

休憩の時に俺は、一度外に出てトイレに行ったんだ。

トイレは一ヶ所しかなくて、その扉を開くと、中には大便所がみっつ、そしてその奥に、仕切りのない小便所があった。

俺は小便して出た。

ブザーが鳴ったので俺は館内に入った。俺はさっきと同じ座席に座った。

少し遅れて、さっき前列に座っていた人が入ってきて、さっきと同じ座席にすわった。

トレーニングウエアーの上下を着た大学生風のお兄さんだった。

すぐに、映画が始まった。

前列のお兄さんは、頭の後ろで手を組みながら、両足をぐっと伸ばすという姿勢で見ていた。

スクリーンでは、若い男ふたりが一人の女を犯すシーンが映しだされていた。

で、何気に前列のお兄さんが、手を下ろしたんだ。

別に気にしてなかったんだけど、俺がちょっと座りなおしたときに見えたんだ・・・。

そのお兄さん、ジャージの中に手を突っ込んでなにやらもそもそやってたんだよ。

あれって『せんずり?』俺にはすぐわかった。

だって、もそもそしてる手がだんだん上下に動くようになってきたんだもん。

俺も、さっきからジーンズの中でビンビンに勃ってしまっていた。

ここが家なら間違いなく扱いてるんだけど、いくらなんでも人がいるところでって思ったから我慢していたんだ。

もしかして『みんな、やってんだろうか?』・・・・

俺はそんなことを思っていた。

俺は、スクリーンよりそのお兄さんのせんずりの方が気になってしまっていた。

時々スクリーンが明るくなるので、お兄さんがやっているのが、見えるんだ。

お兄さんの手はどんどん早く動くようになっていった。

俺もなんだかわからなかったけど、自分の股間を手でもんでいた。

俺はこのままだとズボンの中で爆発してしまうと思い、映画の途中だったけど、一度外に出たんだ。

トイレの入り口の前にソファーが置いてあって、そこに座っていたんだ。

すると、さっきのお兄さんが出てきたんだ。お兄さんはジャージのポケットに手を入れていたが、あきらかに勃ってるのがわかった。

お兄さんはそのままトイレに入っていったんだ。

でも、そのお兄さんはなかなか出てこないんだ。

俺、『ひょっとして』ってある種の期待を持ちながら中に入ったんだ。

案の定、お兄さんは、小便するところにはいなかった。

俺が小便していると、「あーはーはー」って小さな喘ぎ声が聞こえた。

やっぱり、俺の勘は当たっていたんだ。

俺は、そっとトイレを出て、さっきのソファーに座った。

しばらくして、そのお兄さんが出てきたんだ。

お兄さんは一瞬、俺の方を見たが、なにもなかったかのように、そのまま映画館の出口に行ってしまった。

俺は再び中に入って映画を見ていた。

やってる人もいるんだ、やってもいいんだ、そんな風に思って俺もジーンズの上から揉んでいたんだ。

しばらくして、赤いジャージをはいたお兄さんが前列に来たんだ。

そのお兄さんも、さっきのお兄さんのように浅く腰掛けながら両足をぐっと伸ばして座っていた。

『やるのかなあ?』

俺は変な期待をしていた。

しばらくして、そのお兄さんもジャージの中に手を突っ込んだ。

俺の座席から、そのお兄さんがジャージの中でシコシコやってるのがよくわかった。

『やっぱり』

俺は、そう思った。次の瞬間、そのお兄さんはジャージから手を出し、出した手でジャージの上をもって、そのまま下にずり下ろしてしまったんだ。

パンツごとさげたのか、ビーンって感じでそのお兄さんのビンビンチンポが丸見えになった。

『すっげえ、大胆すぎるだろ・・・・』

お兄さんのチンポは、ズル剥けでチンポを直角にたてながら扱くものだからすっげえ光景だった。

俺、そんなのを見せられて、ジーンズの中が痛いほどにおっ勃ってしまっていた。

たまらなくなって、俺はトイレに直行した。

中には誰もいなかった。俺は小便するところで、ジーンズのボタンごとはずし、ビンビンチンポを開放したんだ。

ビーンと俺のチンポは上を向いて勃っていた。

俺は、そのままビンビンチンポを扱いたんだ。

「ううううう、いきそう」

その時だった、トイレのドアが開いたんだ。

そのときはすでに遅しで、俺のチンポからはどっぴゅどっぴゅって発射がはじまってしまっていたんだ。

入ってきたのは、さっきの赤いジャージのお兄さんだった。

小便器の壁の上のほうには、今俺が発射したばかりの白いものがべっとりとついている。

俺は、あわてて体の向きをかえて、チンポが見えないようにしたんだ。

お兄さんは、壁にべっとりついた白いものを見ながらニヤリと笑ったんだ。

「また、派手にぶっぱなしたなあ」

お兄さんは、そう言いながら、ジャージの前をずらした。

半勃ち以上になったチンポが飛び出した。

「すっげえ・・・」

口に出したつもりはなかったのだが、俺はついそんなことを言ってしまった。

「そっちだって、すげえじゃん」って。

俺は隠していたつもりが、いつのまにかザーメンまみれのチンポをお兄さんの方に向けていたんだ。

「・・・・・・・」

「そのまま中にいれてしまったら、パンツよごれるぜ」ってお兄さんはジャージからティッシュをだして俺に差し出したんだ。

俺は、それを受け取り、自分のザーメンまみれのチンポをふきはじめたんだ。

お兄さんが小便を出し終わった。小便をきるためにチンポを上下にふったんだ。

「なんか、俺もやばいかもな」って言うと、お兄さんのチンポはたちまち半勃ちからビンビンチンポに変身してしまった。

俺、仰天してしまった。

「ううううう、い、いっくう」

お兄さんはあっというまにそのビンビンチンポから発射してしまった。

「はい」俺は、ティッシュをお兄さんに差し出した。

「すまんなあ」って。

俺はお兄さんにもらったものだから、返したつもりだったんだけどな・・・。

お兄さんは、ティッシュで自分のチンポをきれいに拭きながら俺に言ったんだ。

「よく、くるのか?」

「いいえ、今日がはじめてで・・・・・」

「そっか。俺よくくるんだ。寮生活だからな、やっぱり恥ずいじゃん」

「・・・」

「それにさ、ここにくるとさ、扱いてくれたり、尺八してくれたりってのもあるからなあ」

「?」

「ほら、あれ」

お兄さんが壁の方に目をむけた。俺はその視線を追うと、

『チンポビンビン!チンポなめて』

『尺八して!でかちんより』

『尺八は気持ちいいぞ!チンポビンビンにおっ勃てて待ってろ』

そんな落書きがあった。

「へえ」

俺は思わず声に出してしまった。

「俺さ、やってもらったことあるけどさ、すっげよかったぜ。ホモじゃねえけどな、尺八は男の方がうまいぜ」

お兄さんはそんなことを俺にしゃべった。

「まあ、好き嫌いはあるけどなあ」

そういうとお兄さんはトイレから出て行った。

そんなことがあってから、俺はその映画館によく行くようになった。

そして、俺がその映画館に行く時は、三本線のアディダスが定番となっていた。

二回目、三回目は特にショッキングなことはなく、俺は映画を見てビンビンにおっ勃ったチンポをトイレで扱いて満足して帰っていた。

四回目、いつものように中に入る前にトイレに行ったんだ。

そして、中に入ろうとした時、あの赤いジャージのお兄さんにばったり会ったんだ。

お兄さんも俺のことを覚えていたみたいで、「よっ!」って声をかけてきた。

「この間はどうも・・・」

俺、わけのわからねえことを口走っていた。

「もう、かいたのか?」

「いいえ・・・・・」

「そっか、俺もだ。ぎゃはははははは、じゃあな」ってお兄さんは中に入った。

俺も少し遅れて中に入ったんだ。

その日は、お客さんが少なくて、俺を含めて三人だけだった。

『まじで、ここ大丈夫なのかなあ?こんな客入りだったら・・・・』

俺が入るのと一人のおじさんが出て行くのとほぼ同時だった。

中には俺とアノお兄さんだけとなってしまった。

そばに行くと、なんか覗きに行ってるような感じに思われちゃいけないと思い、俺は少し後ろの方に座った。

しばらくすると、大学生風の若い人が入ってきたんだ。

そのお兄さんは、しばらく後ろの方で立っていたんだけど、すぐに前の方に移動したんだ。

結局、赤いジャージのお兄さんの座っている前列の左端に座った。

後ろから見ていると、ふたりは三つくらい座席が離れているようだった。

ふたりとも、座席の背もたれから少しだけしか頭が見えない。

ということは、やってるんだ。

俺はどきどきした。

俺は、一度トイレに行って、再び中に入っていった。

今度は、俺も前から二列目の右端に座ったんだ。

「あれ?」

さっきは三つほど座席が離れていたのに・・・・・今はふたりが隣同士に座っていたんだ。

俺が斜め後ろに座ったことに気づいた赤いジャージのお兄さんは、俺の方に顔を向け、ニヤリと笑ったんだ。

俺はそのニヤリとしたわけがわからなかった。

赤いジャージのおにいさんは頭の後ろに手を組むようにしていた。

俺は、座りなおしたんだ。

その時、スクリーンが少し明るくなって、赤いジャージのおにいさんの足が見えたんだ。

お兄さんは、椅子に少しだけケツを乗せ、足を伸ばしていた。

「あっ」

びっくりしたよ、だってさお兄さんったらジャージを膝くらいまで下ろしていたんだ。

しかも、よく見ると手を頭の後ろで組んでいるはずなのにお兄さんのチンポはビンビンにおっ勃ち、しこしこ手が動いているんだ。

「扱かれている」

俺がそのことを理解するのに時間はかからなかった。

俺がさっき、トイレに行ってる間に、ふたりは隣同士の座席となり、ジャージを下ろし、さっきの大学生風のお兄さんが赤いジャージのお兄さんのチンポを扱いていたんだ。

俺、たまらなくなって自分のジャージの中に手を突っ込んだよ。

俺のチンポもビンビンだった。赤いジャージのお兄さんが俺の方を見た。

そして、手で「こっちにこい」って手招きしたんだ。

どうしようかと迷ったけど、俺はそのまま座席を移動したんだ。

俺は赤いジャージのお兄さんの斜め後ろに座った。

「あーあー」

お兄さんが喘いでいた。

「すっげえ」

俺は前の座席の背もたれにもたれかかるようにした。

すると、ビンビンにおっ勃ったお兄さんのチンポがとなりに座っている大学生風のお兄さんに扱かれているのがはっきり見えた。

二人は、俺に見せつけるかのように体をずらした。

赤いジャージのおにいさんがとなりのお兄さんに何か言った。

「いくらなんでも、ここじゃ・・・・・・」

「じゃあ、トイレで」

隣に座っていた大学生風のお兄さんは、さっと立ち上がってトイレの方に行った。

「抜いてくるわ」

「えっ?」

「トイレや、トイレ」

そう言うと赤いジャージのお兄さんはさっきのお兄さんを追うように出て行ってしまった。

残された俺、さっきの二人が気になって、結局俺もトイレに行ったんだ。

ふたりは小便器のところに立っていた。

俺が入ると、さっと離れたようだった。

しかし、俺だとわかると、再びふたりは近づきお互いのものを見せ合い始めた。

まずかったかなあ、そう思った俺はドアに手をかけた。

「ええで、こっちおいで」ってお兄さんが俺に言った。

俺は動けないでいた。するとお兄さんは、ビンビンのチンポを扱くのを見せつけたんだ。

そして、「しゃぶって」って言ったんだ。

大学生風のお兄さんがジャージのおにいさんのジャージをパンツごと膝まで下ろしてしまったんだ。

ビーンってお兄さんのチンポをもろだしにしたかと思うと、自分はその前に膝まづき、そのビンビンチンポを口でパックリくわせてしまったんだ。

「あああ」

赤いジャージのお兄さんが喘いだ。

俺は自分のジャージのテントをいつのまにか掴んでいた。

赤いジャージのお兄さんのビンビンチンポは、テカテカニ光っていた。

俺、さっきから爆発しそうなくらいビンビンにおっ勃ってしまってるチンポをジャージから出して扱いた。

どっぴゅどっぴゅ・・・・俺はあっという間に発射してしまった。

俺は、そのままチンポをふきもしないでジャージをあげ、その場から立ち去った。

その夜、俺はなかなか寝付けなかった。

目を閉じると、映画館でやらしいことをしてるふたりの姿が浮かんでくるんだ。

映画館で一発だしたのに、俺のチンポはビンビンだった。

俺は、パンツを下ろし、やらしいことをしてるふたりのことを思い浮かべながらセンズリをかいた。

 

カテゴリ:発展場の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。