ホーム » SM調教 » 【ゲイ体験談】イケメン君、職場の先輩に強制スカトロプレイ!!!

【ゲイ体験談】イケメン君、職場の先輩に強制スカトロプレイ!!!

【体験談】千葉県在住の会社員さんからの投稿です。大学卒業後、某薬品会社に就職した投稿者。翌年、同じ部署にイケメンの新入社員が入って来ました。後輩に恋をしてしまった投稿者はゲイであることをカミングアウトできずに数年の月日が経ちます・・・そして騒然の如く、後輩にも婚期がやってくるわけで・・・・・・

職場先輩と強制スカトロ体験談

僕は、27歳のサラリーマンです。

僕の同僚で、ケンという26歳の奴がいます。ケンは、スゲー、イケメンで、僕は、ケンが入社してきたときから、ケンの事がづっと、気になっていました。職場では、僕が1年先輩だったんで、色々、教えていたのですが、職場を離れると、ケンが僕の兄貴みたいな存在になっていました。

そんなケンが、この5月に結婚することになり、僕は、それを聞いて、すごくショックでした。もちろん、ケンはノンケで、僕の一方的な恋愛だったのです。僕は、ケンが結婚することが決まってから、ずっと、落ち込んでいて、それに気がついたケンが僕に、

「どうしたんだよ、元気ないじゃん。飲みに行こうか。」

って誘ってくれて、僕は、ケンと飲みに行くことになりました。飲んでいる時、僕は、いつもは、あまり飲まないのに、その時は、かなり飲んでしまい、かなり酔ってしまいました。ケンは、

「おまえ、大丈夫か?送っててやるよ。」

って言ってくれて、タクシーで僕の家まで一緒に来てくれたのです。その時、僕は、酔った勢いで、

「オレ、ケンの事・・・」

って言うと、ケンは、

「オレの事が好きなんだろう?前からわかってたよ。」

ってビックリするような答えが返ってきました。その答えを聞いて、僕は、思わず泣いてしまい、それを見たケンは、

「泣くなよ。オレが結婚するからなのか?」

って聞くので、

「そうだよ。」

って答えると、

「おまえの気持ちは、よくわかってたよ。でも、オレは、男には、興味ないしな。」

って言われ、僕は、もっと、悲しくなってしまいました。その時は、ケンも、かなり酔っていて、ケンが思いもよらない事を言ってきたのです。

ケンは、

「オレ、男には興味ないけど、ちょっと、どんなものか試しにやってみてもいいぞ。少しだけだぞ。」

って言ってくれたのです。僕は、その答えに唖然としてしまい、

「本当にいいの?」

って聞くと、

「ああ、いいよ。」

ってあっさり言ってきたのです。僕は、酔いにまかせて、

「オレ、ケンの全てが好きだよ。ケンの何もかもが好きだよ。」

って言うと、ケンは、また、ビックリするような事を言ってきました。ケンは、

「そしたら、オレの小便とか、うんことかも好きか?」

って言うんです。僕は、

「ケンのものなら何でも・・・」

って答えると、ケンは

「そしたら、オレの小便とか、うんこ食えるか?」

って聞くから、僕は、ビックリしたけど、

「もちろん!」

って答えました。そして、ケンは

「そしたら、おまえ、裸になれよ。」

って言ってきたので、僕は

「えっ?!」

って言うと、ケンは、だんだん、口調を強くして、

「オレの事が好きなんだろう?早く脱げよ!」

って言うのです。その時、そんな会話をしていたせいで、僕のチンコは、もうビンビン状態で、先走りも出ている状況でした。それで、僕は、脱ぐのが恥ずかしくて、もぞもぞしていると、ケンは、

「早くしろ!」

って言うので、僕は、仕方なく着ていたスーツを脱いで、パンツ1枚になりました。それを見たケンは、

「何だよ、もう、チンコ起ってんじゃねぇか。いいから、パンツも脱いで裸になれよ」

って言うので、僕は、とうとう、パンツも脱いで、真っ裸になりました。

実は、僕は包茎で、起ってもチンコが剥けません。それを見てケンは

「おまえ、包茎か。でも、けっこうでかいチンコじゃん。」

って言って、

「そのまま、横になれよ。」

って言われ、僕は、絨毯の上に横になりました。ケンは

「浣腸持ってないか?」

って聞くので、僕はたまたま、浣腸を持っていて、

「あります。」

って言うと、

「浣腸持って来いよ。」

って言われ、僕は、おき上がって浣腸を持ってきて、ケンに渡しました。

そしたらケンが、おもむろにスーツを脱ぎはじめ、真っ裸になったのです。ケンは、

「オレも仮性包茎だからな。」

って言って、ケンのチンコを見ると、確かにかわがかぶっていて、でも、ケンのチンコは起っていませんでした。それから、ケンは、何と自分で、自分のおしりに浣腸をし始めて、

「オレの事が好きなんだったら、何でもできるよな。いいだろ。」

って言って、

「そこに横になれよ。」

って言ってきたので、僕は、また、絨毯の上に横になりました。それから少しして、ケンは、

「あっーうんこ出そう!かけていいだろ?」

って言うので、僕は

「いいよ。」

って言うと、

「あっー、もう、我慢できねぇ!出すぞ!」

って言って、僕の上にまたがり、僕の顔の近くにおしりを向けたかと思うと、突然、ケンが

「出る!」

って言って、僕の顔めがけて、うんこをかけてきたのです。すごい音で、ビリビリーっと音をたてながら、僕の顔は一気にケンのうんこまみれになってしまいました。

ところが、僕は、自分でも、こんな事をして、いやな気持ちになるかと思っていたら、逆に興奮してしまい、チンコは、もう、さっき以上にビンビンになり、このままでは、我慢できない状況になっていました。ケンは、その間も、

「あっー!また、出る!行くぞ!」

って言って、ブリブリ、ビリビリってどんどん、うんこを僕にかけてきます。僕はその音にも、すごく興奮してしまい、どうしようもなくなり、自分でチンコをしごきはじめました。僕も、ついに、

「あっー、いい!気持ちいいよ。もっと!」

って言ってしまい、そうするとケンは、

「いいのか?気持ちいいだろ、オレのうんこ!」

って言うのです。僕は、

「はい!最高です。」

って言いながら、自分のチンコをしごき続けていました。そしたら、ケンが

「次!」

って言ったと思うと、向きを変えて、

「口、開けろよ」

って言うので、僕は言うとおり口を開けると、今度は、ケンのチンコが顔の前に来て、ケンは僕の口の中めがけて、小便を始めました。ケンは

「全部、ちゃんと飲めよ!こぼすなよ!」

って言いながら、すごい勢いで小便が口の中に入ってきました。僕は、それを全て飲むようにしましたが、もちろん、こんな体験は初めてで、でも、ケンの小便を飲めると思っただけで、また、興奮してしまいました。

ケンは、小便を終えると、

「けつ、きれいにしてくれよ。」

って言うので、

「えっ?」

って聞き返すと、

「おまえの口できれいにしてくれよ。」

って言うのです。僕は、言われるとおり、ケンのおしりに口を持って行き、うんこが着いたケンのおしりをきれいになめました。そしたら、ケンは

「うぉー!スゲー気持ちいい!けつをなめられるのって、こんなに気持ちいいんだ。」

って言うのです。ケンが向きを変えて、僕の方に正面を向いた時、何と、ケンのチンコもビンビンに起っていたのです。ケンは、

「けつなめられて起っちゃったよ。これ、おまえ、欲しいだろ?」

って言われ、

「はい」

って答えると、ケンは

「しゃぶってみろ」

って言うので、僕は、もう、我慢できずに、ケンのチンコにしゃぶりつきました。ケンは

「ウォー、スゲー、おまえ、フェラうまいんだな。あっー、いいー!」

って声を出して、腰まで動かしはじめました。僕は、必死でケンのチンコをしゃぶりながら、自分のチンコもしごいていました。ケンは

「いい!、あっーいい!」

って何度も声をあげて、

「あっー、もうすぐいきそうだよ。出そうだよ。どうして欲しい?」

って聞くので、

「このまま、飲みたい」

って言うと、

「わかった。あっー!」

って言って、

「行くぞ!行くぞ!出る-!」

って言ったと思うと、僕の口の中に、ケンの暖かい精子が大量に流れてきました。と、同時に、僕も、自分のチンコも限界になって、

「僕も行くよ、もう、行くよ!ダメー行く-!」

って言って、射精しました。ケンは、それから、

「おまえ、スゲー、うまいな。また、やって欲しいか?」

って聞かれて、

「またお願いします。」

って言うと、

「また、やってやるよ。」

って言ってくれました。この事があったのが、1ヶ月前の事です。ケンは5月に結婚式をあげますが、すでに相手の女性とは入籍を済ませ、一緒に住んでいます。

でも、来週も、また、スカトロプレイをやることになっています。僕は、その日が待ち遠しくて仕方ありません。これは、全て事実で、本当の事です。

是非、これを読んだ方、感想をください。僕は、ケンに奥さんがいても、この関係をずっと続けていきたいと思っています。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。