ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】幼馴染にねだられ処女ケツを捧げたノンケ君

【ゲイ】幼馴染にねだられ処女ケツを捧げたノンケ君

女の子になっちゃった・・・

神奈川県在住のNTKさんからの投稿。ほんのイタズラ心で女装姿を幼馴染に見せて驚かせようと思ったという投稿者。しかし、幼馴染は予想もしていなかった反応を見せたんだとか・・・・・・
犯される男
僕には幼馴染みの男の子がいます。

ズボラで面倒臭がりで朝が弱くて。だから僕が毎朝起こしに行って、一緒に学校に行って、学校から帰ったらゲームしたり、いつも一緒でした。

そんな彼と初めてエッチしちゃいました。

きっかけは僕が女装したこと。

「女の子の幼馴染みが欲しかった」って彼がぼやいていたので、姉ちゃんに手伝ってもらいながら女装していつものように彼を起こしに行きました。

ほんのイタズラのつもりだったのに。

そしたら今までに見たことのない真剣な眼差しで、彼に抱きしめられてキスされました。

その時は頭がパニックになってしまいたした。

だってキスされるなんて思わなかったし、そもそも男同士だし。

抵抗しようにも体格のいい彼にはぜんぜん歯が立たなくて、そのまま強引にベッドに押し倒されてお互いのチンチンを舐めあったり、擦り合わせたりして射精してしまいたした。

その時から、彼は仕切りに僕のお尻でエッチしたいってせがんで来るようになりました。

朝起きても、登校中も、部屋でゲームしてる時も、何度も何度も。

本気で嫌なわけじゃないし、彼のなら受け入れてもいいかもって思ってたけど、怖かった。

そんな事して、今までの関係でいられるのかなって。

でも何度も真剣にお願いしてくる彼に、ついに僕は折れてしまいました。

最初の準備は大変でした。ローションとコンドームを用意して、お尻をキレイにして。

そしてついにその時を迎えました。

お互いに裸になり準備する。

一緒にお風呂に入ったりもして彼の裸は何度も見てるはずなのに、これからの事を考えるとドキドキして心臓が破裂しそう。

昔見たときと違って、筋肉がついてガッシリとした男の身体になった彼の裸を見てると、これからホントに女の子にされちゃうんだって感じちゃう。

彼は僕を抱き寄せて、緊張を解くようにあやすように頭や肩を撫でながらキスをしてくる。どこでこんなの覚えたんだろ。

キスは徐々に唇からほっぺ、首筋から鎖骨に降りてくる。

そして彼の舌は僕の乳首に達する。念入りに乳首を舐られて変な声が出ちゃう。

僕の反応を楽しむように、彼は入念に僕の乳首を苛めてくる。

そしてその手は僕のお尻にのびてきました。

両方のお尻を揉みしだきながらお尻の穴を指で撫で回される。

これから楽しむ穴を品定めするように。

そして彼の舌が乳首からあばら、おへそ、チンチンと降りてくる。まるで僕の全身を味わってるみたい。

そのまま、まんぐり返しの格好にされると、彼は僕のお尻に舌を這わせてきました。

すごく恥ずかしくて死んじゃいそうでした。

ついに僕のお尻にローションが垂らされ、彼の指がお尻の中に入ってくる。

初めてなのに少し気持ちよかった。

指は2本3本とどんどん増えていって、あっという間にチンチンが入りそうなくらい広がっちゃいました。

彼はチンチンにコンドームを着けて入れる準備を始める。

コンドームの着いたチンチンはとても卑猥でとてもドキドキします。

そしてついに、彼のチンチンが僕のお尻に入ってきました。

解した筈なのに思ったより苦しかったです。

なにより、彼の熱いチンチンを僕の中に感じて、すごく興奮しました。

彼はお尻が馴染むまで体中を撫でたり優しくキスしたり、僕がリラックス出来るようにしてくれました。

お尻が慣れてくると、彼は徐々に動き始める。体の中から弄られるような初めての快感と、真剣な彼の表情で僕は一杯一杯になって、彼を受け入れるので精一杯でした。

初めての筈なのに思ったより気持ちよくて、特に彼のチンチンが奥に届くときに感じてしまって、自然に喘ぎ声が出ちゃう。

彼も嬉しいのか、僕の感じるところを集中的に責めてきて優しく激しくお尻を突かれました。

限界が近づいてきたのか、彼の動きが早く、より激しくなってきました。

そして彼は僕に覆い被さってキスをしながら、僕の中で射精しました。

彼のチンチンがビクビクと痙攣してるのをお尻に感じる。

そのまましばらく抱き合って、余韻に浸りながら唇を貪った。

しばらくして彼のチンチンは僕のお尻から引き抜かれて、2人してベッドにぐったりと横たわった。

彼のチンチンのコンドームにはタプタプと大量の精液が溜まっていて、僕でこんなに射精したんだって思うと少し嬉しかった。

彼は僕を抱き寄せて、あやすように頭を撫でながら僕とのエッチを誉めてくれる。気持ちよかった、最高だったって。

僕たちは2人とも汗だくになってたけど、彼の汗ならそんなに嫌とは思いませんでした。

僕はそのまま彼のガッシリした体に凭れながら、ホントに女の子になっちゃったんだなーって感慨に浸っていました。

その日はそのまま2人で眠りにつきました。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    下の投稿と立場逆転。本当だったら萌だし、作り物ならちょっとしたBL小説読んだ感じの満足度

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。