ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】陸上部に超タイプのポッチャリ君が入部したんだがwwwww

【ゲイ】陸上部に超タイプのポッチャリ君が入部したんだがwwwww

ポッチャリ童顔の後輩

青森県在住のY.Yさんからの投稿。中学の頃、陸上競技に明け暮れていたという投稿者。なんでも県大会に出場するほどの実力だったらしい。そして、投稿者が中学2年になり陸上部に新入部員がやって来たのだが・・・・・・
全裸で手コキされるポッチャリ男性
中学二年の県大会のホテルでの事です。

俺は陸上をやっててムッチリ体型がタイプで体型はバリバリに割れてる。

けれど陸上って事もあってタイプな奴が全然入部しようとする奴はいなく、1年経った時チョータイプなぽっちゃり童顔のMが入って来た。

俺は積極的に話しかけて速攻仲良かよくなることが出来た。

内心「ヤりてーなー」とか思いながら家ではいつもMでシコってたw

Mには投てきをやらせて俺好みの体に仕上がらせ1年生ながらも3年生並の距離を投げるようになり県大会に出場することが出来た。

ホテル割りは2人1組だったため当然Mと同部屋にして、運良ければ寝てる時にちんこ触りたいな~なんて厨房さながらな思いを抱いて少しワクワクしていた。

県大会1日目に俺とMの種目は終わりどっちも1位で幕を閉じた。

この日のホテルではMに「まだ起きてるから先に寝ててくれ」と言い内心ドキドキした...

が、何故かMも寝ようとしなくて俺の方が力尽きて寝てしまった。

しかし夜中寝ている時に下半身に生暖かい感じがした。

寝ぼけてて気にしなかったが10分くらい経った時、ちんこに何か包まれて重いものに乗られて驚いて飛び上がった。

そこには騎乗位で繋がった状態のMが居た....

起きた瞬間頭が真っ白になって、何も考えれずに10秒ぐらい経った頃Mが真っ青でトイレに駆け込んだ。

更に1分くらいしてようやくこの状況が理解して俺はベッドから降りおそるおそるトイレの戸をノックしてMに話しかけた。

「M...お前俺の事..好きだったん?」

「・・・・・」

「とりあえずなんもしねーから出てこいよ」

「・・・・・」

「俺もさ...お前の事ずっと狙っててさ..」

「てかMが入部した時から好きだぜ」

そう言うとドアがガチャッと開き泣きながMが抱きついてきた。

そのまま頭を撫でてやると、「先輩、俺もずっと好きでした」と涙拭きながら笑顔で言ってきた。

胸が急にドキドキして「バカヤロー」と照れながら頭をクシャクシャにしてやるとMはキスをしてきてチュパチュパと音を鳴らして舌を絡め合い気づくとチンコがはち切れんばかりにギンギンになってた。

ベッドに移るともっかいキスをし、次に69の形になった。

ケツに指を挿れながらしゃぶってるしばらくしてチンコがビクビクし始めたところでやめ、次に正常位でMの中に挿入した。

俺は18ぐらいあったがすんなり吸い込まれるように入ってった。

部屋に卑猥な音が響きそろそろ俺に限界が来始めた。

はずそうとすると「ハア、ハア、中にお願いします!」って言って締め付けが強くなった。

「Mイクぞイク、イク」とピストン速めるとMの中でビクンビクンしながらこれまでにないぐらいの量を種付けしてやった。

Mがトコロテンしている事に気がつき、お掃除フェラでキレイにするとまたもやお互いにビンビンになった。

この調子で更に五回戦に突入し疲れきって横になるともう朝になっていた。

2日目のホテルも抜かずに4発くらいぶち込んでトコロテンを連発してた。

その後お互いの家を行き来するたんびにハメまくり、20後半になりどっちも結婚しているがこの関係は続いている。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。