ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】先生に催眠術をかけられイタズラされたDSの末路wwwww

【ゲイ】先生に催眠術をかけられイタズラされたDSの末路wwwww

ペニスが飴の味に?

都内在住の伊藤さんからの投稿。小学生の頃、集団催眠というものを体験したと語る投稿者。ある日の授業で教室に集められた男子生徒30名。異様な雰囲気の中、新任の先生が生徒に催眠術をかけ始めたという・・・・・・
アナルを輪姦されたショタ
「今日の体育は教室でする。 女子はとなりの6年2組へ、男子はこのまま残るように」

田中先生の言葉に、体育を楽しみにしていた男子たちは「えー」とがっかりしていた。

でも、体育の嫌いな僕は内心ほっとした。

ドッジボールでは顔面に球をうけて鼻血を出したし、 徒競走をしても途中で転んでひざをすりむいたし、 体育の時間は生傷絶えない運動オンチなのだ。

それにしても、一体男子だけ集めて何をするんだろう…。

僕は期待と不安でドキドキしていた。

6年2組の男子が教室に入ってきて男子だけ30人。

いつもと違う雰囲気になにか異様な感じがして、みんなはざわついていた。

「さあ授業をはじめる」

田中先生が話し始めるとみんなは静かになった。

田中先生は今年に先生になったばかりでやさしくてかっこよかった。

運動オンチの僕にも 「がんばろうな」といつも励ましてくれて、 一人っ子のぼくにはお兄さんのようにも思えた。

「さて、6年生にもなると人間の体は大人に向かって変化し始めていくんだ。 今日はそのことを勉強しよう。 そのまえに、最近先生は勉強して催眠術をかけることができるようになった。 はじめにそれを披露しようと思うんだけど… 誰かかかってみたい人はいるかい?」

先生の話しに戸惑いを覚えたみんなだったが、 好奇心からか何人かが手をあげた。

「それじゃあ、吉原君、前にでてきてくれないか」

吉原君がみんなの前にうれしそうにでていった。

吉原君は僕のクラスのリーダー的存在で ユーモアがあって人気があった。

それに、今年の春くらいから急に体が大きくなって声変わりもしていた。

だからいつもみんなから「アニキ」とよばれ一目置かれていた。

先生は吉原君を椅子に座らせ、そして静かにゆっくりと話し始めた。

「さあ、目を閉じて。 君はだんだん気持ちがよくなって体が軽くなる。 さあ、鳥のように羽ばたいてみよう」

先生が吉沢君に語り掛けると、吉沢君はゆっくりと、 とまどいながら両手をひろげて鳥のように動かし始めた。

「そう、そうだ。さあ、もっと大きくはばたこう」

吉沢君はさっきよりも大きく両手を動かした。

いつもの笑顔の吉沢君ではなくて、眠っているようだけど、 何かにとりつかれたような、そんな表情をしていた。

「さあ、いよいよ飛び立とう。体はどんどん軽くなってふわりと舞い上がる」

吉沢君は軽やかに椅子から立ち上がり、 教室のなかを鳥のように羽ばたきながら、走りまわった。

みんなはびっくりしながら吉沢君をみていた。

「吉沢君、こっちへもどっておいで。そして今度は犬になろう」

先生はそういって手をパンと叩いた。

吉沢君はまた前に戻り、今度は四つんばいになった。

「さあ、散歩にいこう」

先生が声をかけると 「ワンワン」と吉沢君は言いながら四つんばいのままで歩き出した。

そして舌をダランと出しながら「ハアハア」と息を荒くした。

教室を一周すると先生は 「さあ今度は体の力が全部抜けてしまう」といって手をパンと叩いた。

すると吉沢君は急に体がグニャグニャになってその場に倒れこんでしまった。

顔の筋肉も緩んでしまって口は半開きでそこからはよだれが流れていた。

吉沢君はいつもさわやかな笑顔で人気があるので、 こんな姿を見せることはなかった。

だから僕は本当に吉沢君が催眠術にかかっているんだとわかった。

田中先生は今度はみんなにむかって 「それじゃあ、本題に入るとしよう。今日の勉強は体の変化だったよね。 でもこのことは話しをしたり、絵でみたりしてもよくわからないと思うんだ。 だから、今日は吉沢君の体で勉強してみたいと思う」といった。

「さあ、吉沢君、立ってごらん」

先生に促されて吉沢君はゆっくりと立ちあがった。

「それでは吉沢君。なんだかとても暑いね。 さあ、がまんしないで上半身裸になってしまおう。」

先生にそう言われて、吉沢君はトレーナーを脱ぎ始めた。

「さあ、恥ずかしがらないで。シャツも脱いでしまおうよ」

吉沢君は一気にシャツを脱いで上半身裸になってしまった。

みんなは「アニキ」の上半身を興味深そうに眺めていた。

「吉沢君、顔を上げて。みんな喉のところを見てごらん。 なんだか硬いものが飛び出しているだろう。これが喉仏だ。 これが出てくると、女の子のような高い声から大人の低い声にだんだん変わっていくんだ。 これが大人の体への変化の一つなんだ。 それじゃあ今度は両手をあげてごらん」

吉沢君がゆっくりと手を上げた。

吉沢君のわきの下にはうっすらと毛が生え始めていた。

「さあ、よくみてごらん。吉沢君には腋毛が生えてきているね。 これも大人の象徴だよ。みんなもはえてきているかい?」

何人かが恥ずかしそうに手をあげた。

「なにも恥ずかしがることはない。みんな生えてくるんだ。 先生だって生えてる。だから吉沢君のように堂々としていよう。」 と先生はいった。

「さあ、こんどは腕や胸の筋肉をみてみよう。 吉沢君は少し筋肉がついてきているね。 もう少し大きくなると筋肉がついてたくましくなってくる。 男の魅力になるんだよ。それではこんどは下半身の変化についてみてみよう。 吉沢君、ズボンに火がついているよ。早く脱がないと火傷をしてしまう。」

吉沢君はあわててズボンを脱いだ。

トランクス1枚になった吉沢君をみて先生は楽しんでいるように見えた。

「吉沢君の下着はトランクスなんだね。 大人になると下着にもおしゃれしたくなるんだよね。 ボクサータイプのブリーフやビキニをはく人もいる。 先生はぴったりとしていて気持がしまるからブリーフがすきなんだ。」

そんな話しをしている間も吉沢君はうつろな表情でトランクス姿で立ちすくんでいた。

「それでは、いよいよ体の最大の変化を見てみよう。 吉沢君、トランクスを少し下げてみて」

吉沢君は恥じらいも無くトランクスを少し下ろした。

みんなは食い入るように吉沢君を見ていた。

トランクスをおろしたところには草むらが広がっていた。

「大人になると、ここに毛が生える。陰毛というんだ。 大体みんな位の年になると生えはじめてくるんだよ。 先生は小学校5年のときに生えた。 でも今生えていないからといって心配することはない。 個人差があるからね。吉沢君は結構はえているね。 みんなははえているかい?」

先生の質問に半分くらいの人が手を上げた。

吉沢君の姿をみてみんなはだんだん恥ずかしくなくなってきたようだ。

「では吉沢君。トランクスを全部おろしてみよう。」

吉沢君はとうとうトランクスを全部脱いでしまった。

素っ裸になった吉沢君が堂々とたっていた。

「さあ、それでは吉沢君のちんちんを見てみよう。 ちんちんはペニスというんだ。 子供の頃のペニスは小さなつぼみのような感じだろう。 でも吉沢君のペニスはだいぶ大きくなっているね。 だれか定規で測ってみてくれないかい?」

いちばん前に座っていた2組の斎藤君が吉沢君のペニスに定規をあて 「10センチです」とこたえた。

「10センチか。6年生にしては大きいほうだ。 ペニスのサイズもひとそれぞれだからあまり気にしなくてもいいんだよ。」

吉沢君の大きさにビックリしていたみんなはほっとした表情をみせた。

「でも、吉沢君のペニスはまだ皮がかぶっているよね。 ちょっと先生が剥いてみるよ。」

先生は吉沢君のペニスを持ってゆっくりと皮を剥いて行った。

でもなかなか剥けず最後には勢いよく剥き上げてしまった。

吉沢君のペニスはさっきより大きくみえた。

いつも自分が見ているペニスとはちがい、先端がまっかにふくれていた。

「これが大人のペニスの姿だ。 この赤いふくらみは亀頭というんだ。 大人になると多くの人が皮が剥けてこうなるんだよ。 剥けなくても皮が反転できれば問題はない。ひっぱても剥けない場合は手術したほうがいいんだよ。 皮がかぶっている状態は包茎というんだ。 ところで真田君、亀頭のところに何か白いものがないかい?」

真田君は前に出て行き、ペニスを手にとって見ていた。

「白いカスのようなものがついています。」と真田君は言った。

「ではそのカスを取って臭いをかいでごらん」

真田君は臭いをかいで 「く、臭い!チーズの匂いがする!!」といった。

先生は笑いながら 「それは恥垢といって、皮がむけていないとたまるんだ。 ペニスは大切なところだから、みんなも時々剥いて洗ったほうがいいんだよ。」

そういって先生は吉沢君んの恥垢をウエットティッシュでふき取った。

吉沢君は腰を引いてちょっと苦痛そうな表情をした。

「ところでみんな、ペニスは何をするためにあるんだろう」

先生の質問にみんなは「おしっこをするためです」といった。

「そうだね、吉沢君、おしっこをしてみよう」

すると吉沢君のペニスからじょろじょろとおしっこが出てきた。

黄金色の液体が足を伝って床に広がって行った。

吉沢君はおしっこをしたにもかかわらず、全裸でつったったままだった。

「こういうふうにおしっこがでてくるよね。 でも、大人のペニスはもっと大切な役割があるんだ。 さあ、吉沢君、今君は女子の前に素っ裸で立っている。 きみのペニスは女子みんなにみられている。 でもよく見てごらん。女子も素っ裸だ。 おっぱいも結構大きくなってきているね。 毛がはえている子もいる。興奮するね。」

吉沢君には催眠術でぼくらが裸の女子に見えているようだ。

すると吉沢君のペニスがムクムクと大きくなってきた。

そして、多分もうこれ以上大きくならないだろう、 というような大きさ(18センチくらい)にまでなった。

「すごく大きくなったね。この現象を勃起というんだ。 興奮したり、嫌らしいものを見たとき、 それに、朝起き掛けの時にもこうなることがあるんだよ。 先生も毎日大きくなっているんだよ。」

僕はかっこいい先生の勃起したペニスを想像して興奮してしまった。

気づくと僕のペニスも勃起していた。

先生は吉沢君のペニスの硬さを確認しながら 「カチカチだ。誰か触ってみるかい?」といった。

僕は思わずてを上げてしまった。

「それじゃあ伊藤君、吉沢君のペニスを握って上下にしごいてごらん。」

先生に促されて僕は吉沢君のペニスを握った。

そしてしごき始めると、吉沢君は「はあはあ」と息を荒くした。

「みんな、前に来て吉沢君の亀頭を見てごらん。 透明な液体が出てきただろう。 これはね、カウパー腺液といってね、それだけ吉沢君が興奮している証拠なんだ。 先走り、ともいうんだけど、吉沢君はいま最高に気持ちいいはずなんだ。」

先生の解説にみんなは「へえー」と感心した。

僕がペニスをこすり続けていると、吉沢君は「ああん…」と声を上げ始め、 ますます息を荒くしていた。

僕が吉沢君を気持ち良くさせているんだ、という感じがした。

まもなくすると、吉沢君は「ああっ」と小さく叫んで、 ひざをがくがくと振るわせた。

その瞬間、ペニスの先端から 「ドピュッ、ドピュッ」と白いドロッとした液体が飛び出した。

それは何回も何回も飛び出し、教室の床を汚した。

そしてそれは校庭に植えてある栗の花の臭いがした。

「すごくたくさんでたね。 この白い液体を出すことを射精というんだ。 この白い液は精液といって、この中に精子という子供作りのための種がはいっているんだ。 この精子はたくさん作られているので、 今のようにしごいて時々出してやらなければならない。 そのことをオナニーというんだ。先生は毎日オナニーしているんだよ。」 と先生は恥ずかしげもなくいった。

いつのまにか吉沢君のペニスは元の大きさにもどっていたけれど、 亀頭は露出したままだった。

吉沢君の顔を見るととても気持ちのよさそうにしながらも、 相変わらず催眠術によって先生に支配されているからか、うつろな目をして突っ立ていた。

「こどもをどのようにして作るかはまた次の機会に話しをしよう。 では、大人になったからだを皆に見てもらおう。 吉沢君、先生の服をぬがしてくれないか。」

先生が吉沢君に指示すると、吉沢君は裸のまま、先生の服を脱がしはじめた。

ジャージの上着をはぎ、Tシャツを脱がすと、先生のたくましい上半身が見えた。

腋毛はもじゃもじゃに生え、胸毛もうっすらと生えていた。

そして胸には筋肉がたくましくついていた。

皆は食い入るように先生の上半身裸をみていた。

吉沢君は今度はジャージのズボンを下ろした。

先生のブルーのビキニパンツは大きく膨らみ、かなりもっこりしていた。

ビキニの前はぬれていて、くろい染みがあった。

僕は始めそれが何かがわからなかったが、授業を思い出して、 それが先走りなのだろうと思った。

ついに吉沢君は先生のビキニを脱がした。

先生のペニスはもう勃起していて、ビキニを脱がすとブルンと跳ね返った。

先生のペニスは亀頭が露出していて、吉沢君のとは違い、亀頭が黒ずんでいた。

吉沢君に脱がされて全裸になった先生は

「これが大人の体だよ。さあ、みんな、さわりにおいで。」

先生がそういうと、みんなは勢い良く先生の周りに集まり、 体をさわり始めた。

のど仏を触るもの、胸をもむもの、 腋の臭いを嗅いだり腋毛をひっぱたりするもの、そして、先生の勃起したペニスには多くの人が群がり触ったりしごいたりした。

吉沢君だけはまだ全裸のまま立っていたけど…

吉沢君と同じように、先生はだんだん息を荒くし、 亀頭からは先走りの液が糸を引いていた。

あふれるように先走りがこぼれ落ちていた。

先生は突然「ああっ、イクッ、イクッ」といったかと思うと全身を大きくゆらして、射精した。

吉沢君の精液よりももっと多く、また勢いもあったので、 ペニスのそばにいた皆の顔にかかった。

さっきよりも栗の花の匂いがきつかった。

「さあ、みんなも裸になってみよう。 先生が大人になっているかどうか確認してあげよう。」

みんなは吉沢君の催眠術にかかっているのをみていて、 知らないうちに催眠術にかかっていたようで、 いっせいに服を脱ぎ始めた。

ぼくはどういうわけかかかっていなかったが、 先生にあやしまれると困るし、先生に触ってもらいたかったので、 ためらわずに服を脱いだ。

「さあ、服を脱いだら前に並んで!」

先生が号令をかけると、30人全員が素っ裸になり一列にならんだ。

先生はひとりづつペニスを触ったり、腋毛や陰毛が生えているかを確認しはじめた。

陰毛がはえているのが21人、腋毛が生えているのが15人、ペニスは2人だけが剥けていた。

「さあ、みんな、二人組になって、お互いのペニスをしごき合おう。 それから、おいしい飴の味がするからペニスをなめてみよう。」

先生がそういうと、みんなは組みになってお互いのペニスをしごいたりなめあったりした。

ペニスは飴の味がしなかったが、 催眠術にかかっているみんなはおいしそうにほおばっていた。

30人全員が勃起し、そのうちあちらこちらで射精した。

吉沢君も2回目なのに大量の精液を放出していた。

僕はとなりの加藤君ににぎられて、あっというまに気持ち良くなって発射した。

「さあ、みんな、服を着て。チャイムがなったらみんなの催眠術はとける。 皆が裸になって射精したことは忘れてしまうが、 ここで勉強したことはわすれない。いいな。」

みんなは服を着て席についた。

やがてチャイムがなり、みんな何事もなかったように休み時間にはいった。

でも、僕と先生だけは、皆の体の秘密をしってしまったのだった。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。