ホーム » 巨根 » 【ゲイ】兄弟でザーメンの飛距離を競い合ってみた結果wwwwww

【ゲイ】兄弟でザーメンの飛距離を競い合ってみた結果wwwwww

チン毛を切り合う仲

愛知県在住の達也さんからの投稿。小さな頃から兄と仲が良く、高校生になっても一緒にお風呂に入っていたという投稿者。お互いが部屋にいても気にすることなくセンズリする関係だったんだとか・・・・・・
白昼の野外でハッテンする男性
俺は、大学1年のMウケの達也。

高校時代に部活の先輩に何度も掘られているうちに、ケツが感じるウケになった(汗)

俺には大学3年の(たぶん)ゲイの兄、広志がいる。

たぶんと言うのは、お互いにカミングアウトはしていないが、色々な事実から確信している。

兄とは小学校の頃からとても仲が良く、言い合いはしても喧嘩をしたことがなかったので、2人の部屋は12畳あったが、1つの部屋を左右に分け、勉強机、本棚、ベッドが2つずつ左右に並んでいた。

2人には、性的なプライベートは必要なかった。

小学生の時、兄から俺はチンポの皮が剥けることを教えられた。

そして小学5年になった時、中学生になった兄からセンズリを教えられた(笑)

お互いが部屋にいても、センズリする関係になっていた(笑)

高校生になっても、一緒に風呂に入っていた。

男の身だしなみだと言って、お互いの陰毛は、お互いにハサミで整え合っていた。

高校生になって、山に2人でハイキングに行った時、途中で催したので兄にションベンの飛ばしっこを挑んだら、子供みたいなションベンの飛ばし合いでなく、精子の飛距離競走をした。

ちなみに2m以上飛ばした兄の勝ちだった(笑)

夏の部屋では、お互いにトランクス1枚か、まっ裸で過ごした。

兄は大学生になって、ムケチンに拘るようになった。兄は俺の前では常に剥き直しをしていた。

兄は、ある日仮性包茎矯正リングを買って来て、雁首の下に装着して、常にムキチンにしていた(笑)

3か月ほどしたら、兄は常に剥けたムキチン固定に成功した。

必要なくなった矯正リングは、俺が譲り受けた。

高校の授業中も部活中も着用していた。

軟式野球の練習ユニフォームの下にチン皮を剥いて収めるとモッコリがキレイに出る。

それがキッカケでムラムラした3年生に食われてしまった(涙)(笑)

俺もリングを3か月装着したら、ムキチン固定に成功した。

高校生がムケチンだったので周囲から冷やかされたが、ムケチンに優越感を感じていた(笑)

兄の友人とスパ銭に行った。兄弟してデカマラムケチンだったので、デカマラ兄弟と呼ばれた(笑)

後で分かったことだが、その友人は、兄のゲイ友だった(笑)

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。