ホーム » ノンケ » 【ゲイ】リーマンですが、取引先の社長さんに中出しされましたwwww

【ゲイ】リーマンですが、取引先の社長さんに中出しされましたwwww

取引を続けたいなら・・・・

愛知県在住の三桁デブリーマンさんからの投稿。コロナの影響で在宅勤務を強いられているという投稿者。そして慣れない勤務のため、大事な取引先への機械部品の納品が遅れてしまったらしい。社長に呼び出される投稿者・・・・・
チンポを弄るリーマン
コロナの影響で在宅勤務していました。

馴れない中で失敗してしまい、取引先の社長に呼び出され、社長宅に行く事になりました。

社長は小さな工場経営者で、従業員が30人程度の会社です。手違いと伝達不足で、機械の納品が一週間遅れてしまったのが原因でした。

社長は離婚していて、高級マンションに独り暮らしをしています。

社長に謝罪するも、限界まで値引きした機械を更に安くしろと、一時間近くやり取りした。

社長は突然立ち上がり、棚からDVDと雑誌を何枚か出してきた。

「値引きするか、それみたいに俺にやらせるか、どっちだ!」

出された物を見て固まった。ゲイ物のDVDと雑誌で、しかも私みたいな巨漢が写っている。

「お前がやらせてくれたら悪いようにはしない!」

社長は私の隣に座り、私のジャケットとネクタイを外した。

「お前が黙ってヤラせれば今まで通りだが、嫌なら取引を止めるからな!」

私はお得意様の社長との取引が無くなったら、ヤバい事になるので、黙って恐怖を受け入れるしかなかった。

私は社長に促されるまま立ち上がると、社長はニヤニヤしながら嬉しそうに私を裸にした。

私を座らせると社長も裸になり、私の隣に座り全身に手を這わせ、更に舌まで這わせ胸を鷲掴みにしたり、乳首を舐めました。

社長は私にキスをしてきて、舌を絡めてきます。私もキスを受け入れ始めると、社長は自分のチンコを握らせる。

「日本人離れしたデカマラだろ?俺に抱かれる覚悟が出来たならしゃぶれ!」

社長は立ち上がり私の口にチンコを押し当ててきた。私が少しだけ口を開けた瞬間、社長はチンコをネジ込んでくる。

そしてチンコを咥える私の写真を撮られてしまった。

「逃げたら分かるよな?」

私は取引継続と写真をネタに、社長に従うしかなくなっていた。

咥えたチンコに歯を当てないように舌を使いフェラをすると、ニガイ味としょっぱいような味がしてきた。

すると社長はチンコを引抜き、私を風呂場に連れて行き、ポンプを使ってアナルにお湯を入れたり、排出させたりを何度もした。

排出するお湯が綺麗になると、石鹸を付け全身を社長が洗ってくれて、自分でも気付かないうちに勃起していました。

ベットに案内されキングサイズのベットで裸でまたされ、社長が戻ってくると水を渡され飲みました。

しかし体に力が入らない。

後で知った事だけど、アナルにお湯だけじゃなく、お酒も入れていたと聞かされた。

暫く社長に胸やチンコ、アナルを愛撫され感じてしまった私は声を出して喘いでいた。

「今か入れてやるからな。遠慮無く声を出していいからな(笑)」

社長はアナルにチンコを押し当て一気に根元まで入ると、最初は痛みが一瞬あったが、すんなり受け入れられ、何とも言えない圧迫感でした。

社長が出入りし始めると、何がなんだか分からず、ただ感じて喘ぎ声を出して、抱かれました。

社長が限界を迎えた時に「中に出していいか?」と。

私は聞かれた瞬間に社長に抱き付き、中に出してもらいました。

この日は社長宅に6時間居て、3回中出しされました。しかも追加注文ももらいました。

あの日以来、社長と4回会い、セックスをしています。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。