ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】野球部DCだけど大好きな同級生にアナル犯されましたwwww

【ゲイ】野球部DCだけど大好きな同級生にアナル犯されましたwwww

まさかの両想い

沖縄県在住の大輔さんからの投稿。野球部の練習終わり、部室でイケメン部員のAと二人きりになったという投稿者。床に転がっていた荷物につまずいき、よろめいた投稿者をAが支えてくれたらしいんだが・・・・・・
先輩と後輩
俺は中学の野球部に所属している。

その野球部はあまり強くなかったけど、毎日練習が楽しかった。

ある日部活も終わり、道具を片付けていると気づけば俺ともう一人の部員の2人だけだった。

俺は身長が158㎝と、小柄で部員の中でも1番小さい。

残っていたのは175㎝で、がっしりとした体型で、学年でも特にイケメンのAだった。

普段あまりしゃべらないが、爽やかでたまに見せる笑顔がかわいくて。

正直言うと俺はそいつのことがずっと好きだった。

帰る準備をすると、部室にAが入ってきた。

顔を見上げ、俺は「じゃあ先に帰るわ!おつかれ」と言って歩くと、床に転がった荷物につまづいてしまった。

少しよろめくと後ろから手を掴まれAに体を支えられた。

俺は内心ドキドキしながらも「ありがとう」と言って、そのままドアに向かった。

その時Aに後ろからハグされた。

俺はものすごく緊張していた。

するとAは何も言わず耳を舐めてきた。お尻に硬いの押しつけられながら。

A「俺のめっちゃ勃っちゃった‥すごい硬くなってるのわかる‥?」

俺は驚いていた。まさかAとこんな展開になるとは。

そのまま後ろから乳首を優しく触られ、俺は「あ、アン‥」と喘ぎ声に近い声を
出してしまった。

Aはますます興奮しちゃってね。さらに勃起をグイグイ擦り付けてくる。

しばらく乳首を刺激された後は、そのまま股間も触られて‥

A「なんだ‥すごい勃ってんじゃん。ズボンすごい膨らんでるよ」

同じくズボンの上から優しく触られて、イキそうになってしまう‥

A「ふふ‥イクの我慢してるの?でもパンツ我慢汁でめっちゃ濡れてるんでしょ?」

目を瞑りながら必死に耐える俺。耳元でささやかれ顔が真っ赤になった。

Aの方を向くと、咄嗟に唇が押しつけらた。大好きなAとのキス‥強引に舌を入れられ、互いのヨダレで口元はグチョグチョ。

それからベンチに押し倒すA、いつものようなクールな雰囲気ではなく余裕のない表情とその目に映る俺。

俺「あっっ、、ダメだって...」

さえぎるように口を覆われ、腕を掴まれる。大きい手に強く掴まれ身動きがとれない。

そのままAはシャツの隙間から手を入れ、なでるように体に触れた。と、同時にびくっと波打ってしまう。

Aの大きくてごつごつした手がお腹を、胸をなで、乳首をいじり始めた。

部屋にはキスの音と互いの息づかいだけが聞こえる。静寂の中、体を重ねる2人。

Aの手が脇をなぞる。

俺「っっっ!!!」

思わず身体をひねり、不意にAを見ると、目が合い少しSな笑顔を見せる。

シャツを胸の上まで上げ、舌を這わせる。

俺「んっっ...っはぁ」

我慢できずに声が漏れる。

Aが乳首をなめ、片方の手でもう一つの乳首を指で転がす。

気持ちよくて頭は真っ白になり、抵抗することもできない。

腕を掴んでもびくともしない。快感で頭がおかしくなりそうだった。

その時、Aが俺の股間に手を伸ばした。ズボンの上から爪を立て、なぞるようにゆっくり上下する。

俺「あっっ」

女のような裏返った高い声が出てしまい恥ずかしさから顔を隠す。

するとAはそっとその手をどけ、目が合うと優しい笑顔を見せキスをする。

口の中にAが入り込む。お互いに熱くなっていく身体...

キスをすると、Aはシャツを脱ぎ、自分のシャツとズボンを脱ぎ捨てた。

綺麗に割れた腹筋が呼吸とともに上下する。

チンポは勃起してはみ出そうなほど大きかった。

初めてみる好きな人のチンポに僕は興奮していた。

Aは僕のベルトを手早く外し、ズボンを脱がせる。

ベンチの上で股を開かせ、パンツの上から優しくチンポを口に含んだ。

吸い付くような感覚と生ぬるいような、温かさに包まれ、思わず天井を見上げた。

それから舌先で裏筋をなぞり、先のほうを刺激する。

「っはぁ、はぁ」息が激しくなり、しだいに身体には汗が流れる...

パンツを脱がされ、勃起したチンポがあらわになった。見られるのはすごく恥ずかしかった。

Aは竿を掴み、上下にしごき始めた。

今までとちがう感覚が身体中を走り、僕は大きく波打った。大きく固い手が俺のモノを刺激する。

速くしごいたり、時にゆっくり...今度は玉を軽く口に含み、舌で転がす。裏筋を舌先でなぞり、亀頭を咥えた。

Aは頭を動かしチンポに吸い付く。

その瞬間尿道を駆け巡る衝撃。

俺「っっでる!んっあっ!!!」

口の中に射精してしまった。

Aは手にそれを吐き出すと、アナルに塗り始めた。

俺「うわっ!!ちょっ、」

ことばにする前に指が1本入った。2本、3本と指を入れしっかり慣らしていく。

痛みで顔を歪める。

しかし徐々に気持ちよくなり始める。

ここでAがパンツを脱いだ。勃起したチンポは上を向き、浮き出た血管と陰毛がとてもエロい。17センチくらいだろうか。少し黒いチンポのさきは綺麗なピンク色をしている。

A「入れるぞ。」

アナルにチンポを擦り、ゆっくり挿入する。

まだ先っぽというところ。

俺「っっあぁ!」

アナルが切れるような痛みと、身体の中に異物が入ってくるような感覚に襲われ、思わず声が出る。

少しずつ挿入しながら、Aは前屈みになり顔を近づけた。

俺は肩に手を回し、「い、痛い。」とすこし涙ぐむと、「ごめん」と耳元でささやき、首にキスをする。しばらくその姿勢のままでいた...

痛みに慣れてくると、根本まで挿入した。

A「動くよ...」と言ってAはゆっくり腰を振る。

だんだん早くなり、奥までついてくる。

俺「あぁぁっっんっ、あっ」

我慢したくても勝手に声がでてしまう。

今、大好きなAに犯されていることが夢みたいだ。

気持ちよくなってきたのか、Aも快感に顔を歪ませている。

部屋中にパンッパンッと玉のあたる卑猥な音が聞こえる。

A「かわいい」

不意に言われたそのことばに顔を赤くしてしまう。心臓の動きが早くなる。

Aは腰を振りながら俺のモノをしごき始めた。

前と後ろを同時に攻められる快感に体が壊れてしまいそうだった。

A「あっ、イクっ」

そう言うのと同時に俺は射精し、Aの精液が身体の中にドピュッドピュッと
流れ込む。身体が熱い。とけていくようだ。

A「ごめん、、中に出しちゃったな」

照れながら笑うA。

そのまま固い胸板の中に頭をよせ、抱き合った。温かく、全身が包まれるような感覚に安心感を覚える。

A「俺、、お前の事好きなんだ。前からずっと...。お前を見るたびにこうしたくてたまらなかったし、俺のものにしたかった。」

心臓が飛び出そうなほど嬉しかった。

A「俺と付き合って」

俺「っっうん...」

恥ずかしくて顔をあげれない僕のあごをよせ、彼は再びキスをした。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。