ホーム » フェチ・特殊性癖 » 【ゲイ】絶倫!デブ専の細マッチョ君に一晩中種付けされて来たwww

【ゲイ】絶倫!デブ専の細マッチョ君に一晩中種付けされて来たwww

47歳、体重120㎏のおデブです

愛知県在住の雄っぱい種便器さんからの投稿。コロナによる緊急事態宣言も解除され、久々にタチを募集したという投稿者。すると、26才デブ専の細マッチョ君から連絡があったんだとか。しかも絶倫らしく・・・・・
全裸で手コキされるポッチャリ男性
自粛続きでムラムラだったから、水曜日にタチを募集してみた。

すると何通かメッセージが届き、26才で腹筋の割れた細マッチョさんに興味が沸き、連絡をしてみた。

私は47才で120㎏有るデブだけど大丈夫かとメッセージを返すと、おじさん好きでしかもデブ専、絶倫で一晩中やれるタフ、サイズもそこそこ自信有ると、写メを添えて猛アピールに負け、金曜の仕事終わりに会う事にした。

彼と会うとかなりいい感じで、コンビニで飲み物や食べ物を調達して、ラブホテルに到着した。

荷物を置くと彼は抱き付きキスをしてきたので、とりあえずシャワーでキレイにしてから楽しもうと、私はシャワーを先に浴びる事にした。

汗を流しケツマンを洗おかとした時に、彼が入ってきて背後から抱き付き、雄っぱいを揉んだり首筋や背中にキスをし始めた。

私の尻タブには彼のビンビンのチンコが当たり、何か尻に冷たい物が塗られ、私に壁に手をつかせると、デカマラの部類に入るチンコを挿入された。

デブ専の彼からすると、私はかなりタイプでケツマンの相性も良かったらしく、アッというまに中出しされちゃいました。

引き抜いたチンコは糞まみれで、さらにそのまま排泄までさせる彼は、自分でも言ってましたが、かなりの変態さんでした。

ベットに移動しても変態ぶりはかわらず、首を絞めながらケツマンにも力を入れさせたり、服やタオルで目隠しや手を縛って掘ったりしました。

極めつけは、入口ドアに手をつかせ、外を通るカップルや掃除の人が、通っているのにガンガン掘って、私の喘ぎ声を聞かせて楽しみました。

彼は言っていた通り、絶倫で一晩中何回も種付けされました。

 

カテゴリ:フェチ・特殊性癖の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。