ホーム » SM調教 » 【ゲイ】ぼくは小学生(9)の時から調教されてました・・・・・・・・

【ゲイ】ぼくは小学生(9)の時から調教されてました・・・・・・・・

奴隷になった少年

沖縄県在住の男子高校生からの投稿。とんでもない早熟だったという投稿者。まだ9歳の頃からアナルに目覚めて自分で弄ったりしていたらしい。類は友を呼ぶとでもいうのか、変態なおじさんと出会ってしまう・・・
父子相姦
僕は小学3年生の頃からエッチなホモでした。

ある日、公園で拾った一冊のゲイ専門のエロ本・・・

その本には今まで全く知らなかった未知な世界が拡がっていて、毎晩、皆が寝静まってから穴が開くほど眺めていたんです。

小学生ながらも気づけば自分のアナルを弄っているという事態に・・・

で、その日も僕はウォシュレットでお尻の穴を刺激したあと友達の家に遊びに行こうと思ってました。でも突然おしっこがしたくなり公衆トイレに行きました。

個室トイレに入ったら50歳位のおじさんがいてビックリしました。

しかも、その時おじさんは僕に近づいてきて、突然「お尻をこっちに向けてズボンとパンツを下げて開いて」と当たり前のように言ってきたのです。

僕は怖かったけど「おじさんホモなの?」と勇気を出して聞きました。

おじさんは返事をする代わりに僕のズボンに手をかけ脱がしにかかりました。

自分で言うのも何ですが、僕は男にしてはいい太股でいいお尻をしていたのでお尻の穴を狙われてもおかしくありませんでした。

その時はピチピチの短パンを履いていたので脱いだら熱気がモワーと立ち上ぼりました。

すっかりその気になってしまった僕は手すりにつかまって立ちながらお尻をつき出すポーズをしてしまいました。

おじさんはお尻を開くとお尻の穴をペチョペチョと舐めはじめました。

おじさんは「君のお尻の穴は閉まってきてるから指でほぐしてあげよう」と言いバッグからオリーブオイルを取りだし指につけてお尻の穴に塗りつけました。

少し気持ちよくて「んっ」と 声が漏れおじさんは指を奥へと入れてきました。

奥までいくと指をぐにぐにと動かし肛門を刺激してきました。

しばらくすると指を抜いておちんちんを出してきました。

僕に「お尻の穴にいれる?」とニヤつきながら聞くと「絶対、気持ちいいよぉ」と言い先端をズブズブと入れてきてしばらくすると全部入りました。

僕は段々と気持ち良くなってて「腰振って」と言うと最初はズブズブとゆっくり動かしましたが段々とパンッパンっという音になり僕はアッアッと声を上げてました。

するとおじさんはお尻の穴の中にいっぱいザーメンを出しました。

おじさんが「お尻の穴に力を入れてふんばって出して」いってきたのでお尻の穴に「んっ」と力を入れるとオナラみたいな「ブッブッ」という音がしてザーメンが太い太股に垂れました。

おじさんは絞まりのいいお尻の穴だったね、またやろうなと言って家を教えてくれました。

僕はたまにいって浣腸されてお尻の穴を犯されてブブーとお尻からザーメンを出して楽しんでます。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。