ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】DKが路地でフェラし合ってたんで声かけてみたwwwwww

【ゲイ】DKが路地でフェラし合ってたんで声かけてみたwwwwww

気持ち良かったかい?

北海道在住のノブッチさんからの投稿。ある日、実家の2階から衝撃の光景を目撃したという投稿者。家の前の狭い路地を人目を避けるようにして入っていく2人の男子高校生がいたんだとか・・・・・・
フェラし合う学ラン生徒
つい先日の話だがコロナの関係で政府主導の厳戒態勢となり5月一杯は小中高と学校は休業となったのだか6月となりコロナも終息に近いと言う事で厳戒態勢も解除になり実家前の普通高校も分散登校が始まった。

ある日の事、私の実家前には町会の会館があり、その会館の横には狭い路地がありその路地の奥は高い塀に囲まれた空間があり、その路地に高校の新入生と思われる2人の男子高校生が人目を避ける様な態度でコソコソと入って行くのを見た。

気になった私は実家の2階の部屋から覗き見ると2人の男子高校生の1人がひざまづいている男子高校生の前に立ち股間からフル勃起してると思われるモノを取り出してひざまづいて居た男子高校生に咥えさせたんだが、時間にして恐らくは2~3分だったと思うが息遣いが荒くなったから射精に達したんだと思っていると今度はそれまでひざまづいてモノを咥えていた男子高校生が立ち上がり股間から勃起したモノを取り出して口内射精された男子高校生の口に咥えさせた。

するとこの男子高校生も僅か1分程で射精に至った様だったがそのままのモノを出した状態で5分程休憩した後に再び射精したばかりの口に怒張したモノを咥えさせ、これも直ぐに射精に至り最初に射精したもう1人の男子高校生のモノを咥えて口内射精をそれぞれ3回繰り返したのだった。

その日の行為はお開きになって帰る身支度をし始めたので、私は実家を出てその路地の出口付近にいると路地から出てきた2人の男子高校生の顔を見ると幾らか顔が紅潮していたが、私を無視して立ち去ろうとしたので、「さっきは2人でお楽しみだったね!気持ち良かったかい?」と言うとそれまで平静を装っていた2人の顔がみるみる紅潮した。

そして私が空かさず「2人で3回ずつ出したんだやはり若さだね!」と畳み掛けると2人は「あ、あの見てたんですか?」としどろもどろで言ったので私は「最初から最後まで全てを実家の2階のあの部屋から見てたよ」って言うと1人の男子高校生が「誰にも言わないで下さい」って泣きそうな顔をして懇願して来た。

私は2人に「じゃあ、ちょっとだけ付き合ってよ!」と言うと2人は私の実家まで項垂れてついて来て実家の2階の私の部屋のソファーに座らせ話をし始め、私が2人の男子高校生に「君達はいつからあんな事をしているのか」と問うと「僕たち幼馴染みでフェラをお互いにやり出したのは中1の夏休みから」だと言うと最初はなかなか射精にはお互いに至らなかったが、お互いにフェラをし合っているとお互いが感じて声を出す感じる場所がわかる様になり、その場所を集中して攻める事で早い射精に至っているのだと言う。

そしてさっきまで自分達がし合ってた行為を私に告白しているだけで再び興奮してしまったのか!2人の男子高校生の黒い学生ズボンの股間を見ると勃起してしまったらしく見事な程に盛り上がっていたので、私が「また勃起したの?若さだね!」と言うと「これから帰るのにそれじゃあバスに乗って帰れないでしよ!見られついでにさ また2人でフェラし合えばいいじゃん、フェラし合ってるのを間近で見せてよ」って言うと1人の男子高校生が、「おじさんここでまたフェラすれば誰にも言わないでいてくれますか?」と聞いて来たので、「君達幾ら若さで溜まってたモノがあるかも知れないがあそこは町会の会館だから公共の土地だよ!もしも私以外の人に見つかって不審な男子高校生が2人で会館横の路地に入って行ったと地元の警察署に通報されてたらどうするつもりだったの?フェラし合ってる最中に通報で駆け付けた警察官に見つかってたら!君らしてた行為が学校にバレてしまったら入学したばかりて下手したら退学になる可能性だって考えられるんだからね!」と私を正当化させるかの様に2人に言い聞かせた。

私が「ベッドでやりな!」と、使っていないクイーンサイズのベッドがあるからと部屋へつれて行くと我慢出来なくなったのか男子高校生の1人がズボンを下ろしてフル勃起して盛り上がったトランクス1枚になると、もう1人の男子高校生も意を決したのか?諦めたのか?学生ズボンの皮ベルトを緩めてこれも見事にフル勃起して盛り上がったボクサーパンツになったが、よほど興奮してたのか?トランクスの子もボクサーパンツの子も同じ様にトランクスとボクサーパンツの前部分に結構な広さで黒いネバついたシミを作ってしまっていたので、よっぽど我慢出来なかったんだね!私も現役の高校生の頃に書店て活字のエロ小説を立ち読みしてたら勃起してしまい立った状態では勃ち読みが出来なくなり立ち膝でしゃがんで夢中になって読んでたらフル勃起が収まらなくなり我慢出来ずに書店のトイレで小説の内容を思い出しながら2連チャンでオナニーした事を2人に伝えた。

そして、1人の男子高校生がパンツを脱いでベッドへ仰向けになってるとフェラを私の目前でし始め寝たままの子が余程気持ちが良いのか感じて声を出し始め呼吸が段々と荒くなり1分程の短時間で直ぐに射精してしまったので射精したばかりでまだ荒い息をしている男子高校生に向かって「君は普段自分1人でオナニーして射精する時はいつもどうしているんだ」と聞くとオナニーはシゴキ始めて直ぐに気持ち良くなり直ぐに射精感が来るので我慢する事なくそのまま射精に至ってるのだと聞いて「君達は溜め出しと言うのを聞いた事はあるか」と聞くと2人共知らないと言う。

「それを覚え無いといつまでも北海道新幹線並みの早漏は治らないぞ!」と言うと2人共教えて下さいと言うので「今度はお前が横になれ」と射精してない方に言うとこの子も素直にパンツを脱いで仰向けになった。

フル勃起状態で包皮が完全に剥けきった先からはドクドクと妖しい粘液が湧き出していたので「おじさんがお前らに特別に教えてやる」と言いフル勃起したモノを握りシゴキだすと気持ち良いのか握ったモノが脈打ち始めたので「イキそうになったら教えろ!」と言い軽く握って扱き始めると直ぐに硬さが増したのを感じたら直ぐにその子が「イキそうです」と言ったので「モノに力を入れて小便を我慢する時みたいに力を入れて我慢しろよ!」と言い再び軽く握って扱き始めると直ぐにイクと言う。

コレを繰り返してイキそうになったら我慢し続けて極限まで我慢する、そして再びシゴき始めて我慢をしつつもイクのを我慢するを何度も繰り返してやっていると早漏も治り逆に中々イカなくなりその内に射精するに至るまでの時間をある程度は自分でコントロール出来る様になるぞと言い、お前らコレも知ってるかと2人に問いつつもまだ射精には至らなかった方の男子高校生のフル勃起したモノを私がフェラし始め激しいハードなテクニックで責め立てると、その子は瞬時に射精を口内射精をし始めたのだが射精し始めて感じまくっている裏筋をした先でチョンチョンと微かな刺激を続けていると再び射精感が来た様で直ぐに射精し出したので射精最中の亀頭自体は感じ過ぎて痛みを感じるので射精し始めたら亀頭以外の竿だけに快感を分散したら止まる事なくこの子はフル勃起し続けて僅か1時間の内に立て続けに8発も射精して最後のフィニッシュでは半ばモノが萎んだままで水っぽいが白く濁った粘液を大量に出したのには幾ら溜め込んでいたのかと思う程を私が驚いた。

「おじさんは抜かないの」と言うのでベッドに横になって自分で扱き始めると「僕たちがやってあげるよ!」と言い私のモノをフェラし始めるとたちまち快感が襲って来て僅か数分で5発も射精させられたので気を良くした私が「お前らの為にではないが実家近くに仕事の為に建てた一軒家があるから次からはお前達はその部屋で遊べば良い」と伝えて合鍵を2人にそれぞれに渡して「家の中にあるものは好きに使って良いがお前ら2人以外にも友達を連れて来る時はおじさんに連絡してくれ」と伝えて2人の電話の番号を聞きその場で私のスマホから彼等のスマホの番号を打つと直ぐに2人のスマホに私からの着信履歴があり私は2人の男子高校生に名前を教えてもらい私の名刺も2人に渡してスマホ2台の電話番号を教えてやると帰り支度をする様に言ったが最初の子は私にされていないのて満足出来ずに半勃ちだったので身支度を終えて学生ズボンの上から股間を揉みしだくとたちまちの内にフル勃起したので立ったままでズボンとパンツを下ろした子のモノに被り付き立て続けに5発も射精させたが彼等の家近くに車で送るまで勃起し続けていた。

現役高校生恐るべしと改めて思ったのだったが流石に若さとはいえ毎日毎日だとシンドかったらしく今では着替え等持参で私の自己所有の家に週末に来て泊まりがけで2人で楽しんでいたらしいが今度の週末はもう1人の同級生の男の子も泊まらせてもいいかと聞いたので、来る日にちと時間を聞き待ち合わせて私服を着て現役高校生らしい子を3人連れてステーキ屋に連れて行きA5ランクの高級牛肉をたらふく食わせて1本5千円のユンケル皇帝液をそれぞれが呑んで臨戦態勢となり一編に5人まで余裕で入れる私自慢のせっけいと施工も全て私1人で3ヶ月で作った自然石をふんだんに使った岩風呂に4人で入った。

現役男子高校生達は既にフル勃起状態だったら身体をお互いに洗いっこしてる内に我慢出来なくなり石鹸をシャワーで洗い流してフル勃起しているモノをフェラし始め相手を立たせて風呂場の壁に寄っ掛からせたままで射精していたが私自身がのぼせそうになり風呂を上がりリビングのソファーでよく冷えたビールを飲んでいると「おじさん僕たちも飲んでいいか」と聞くので「ガキはダメだ!ガキはカツゲン(北海道限定販売の乳酸菌飲料)でも飲んどけ」と言い放つと一瞬顔に不満が現れたが今日から新しく泊まる子が「俺は飲めないからカツゲンの方が良いと言ったので、そうだなカツゲンの方が美味しいもんな」と同調した。

そして3人は勃起したままなので我慢汁でパンツを汚したくないとの事で今日初めて来た子以外は股間がフル勃起したままで私が今日初めて来た子をにこのふたりの事知ってるのと聞くと知らなかったけど先日の放課後に帰宅前に普段ほとんど使われて居ない旧校舎の1番奥の大便所に2人で入り2人でフェラし合って居たのを新しい子に見られてしまい咄嗟にこの子にもフェラの快感を知って貰えればと思いその子を立て続けに5発も口内射精させて仲間にしたら授業中に思い出して勃起してしまい昼休みに古いトイレて3人て抜きあっている声を女の子達に聞かれそうになりヤバかったが妖しい視線を感じたので学校での行為は各々の人生を縮める事に成りかねないと判断して普段はなるべくはオナニーで我慢して週末に一気爆発させ合う事にしたのだと言う。

私の知らぬ間に水面下での交渉がなされてこいつらが後約2年の学校生活を続ける内に後何人の同級生達が行為を見てしまったと言うだけの理由で半ば強引にレイプされた同士ばかりになるのだろうかと思うと末恐ろしくも感じてしまいます。

まだまだこの子らの体験談は続いていて今ではフェラの虜に魅了されて感化され真の同士となった者は先輩も含めた計5人となり体験談は続きます。

また近い内にその後日談として続編を紹介したいと思います

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。