ホーム » 彼氏 » 【ゲイ体験談】ヤンキー風の同級生に片思いしてるんだ・・・・・・

【ゲイ体験談】ヤンキー風の同級生に片思いしてるんだ・・・・・・

ノンケかと思ったら・・

石川県在住の高校生からの投稿です。高校に入学した当初からずっと気になっているクラスメイトのいるという投稿者。相手はおそらくノンケだろうし、そのことはあまり考えないようにしていた。しかしある日、その彼と数人で飲み会をやることになったらしく・・・・
フェラし合う学ラン生徒
オレは今高三で17歳です。

今から一年前、オレが高2で16歳の時の話をします。最初の方は全然エロくないです。後半はちょっとエロいかな?文章ヘタで読みづらいと思うけど読んでください。

クラスで人気者の夏樹、入学して同じクラスになった時からすごく気になってたんです。かっこよくてちょっとヤンキー風。

二年になった頃から夏樹とも少しづつ仲良くなって学校でもよく一緒にふざけ合うような関係になりました。

夏樹は部活には入ってなかったけどたまにオレの部活に遊びに来たりしてくれてオレは学校に行くのが本当に毎日楽しかったです。

そして二年の夏休み、クラスのメンバー数人で飲み会をすることになりました。

友達の家でやったんだけどオレはもちろん夏樹の隣に座りました。当時は酒もあまり強くなかったので缶酎ハイを数本飲んでオレは微酔い気味ですごく眠かったです。

何度か夏樹の肩に寄り掛かって落ちてたけど夏樹は何にも言わずに肩を貸してくれてたみたいです。(この辺からはオレの記憶がうつろなので後から夏樹に聞いた話)頑張って睡魔と戦ってたけどあえなく撃沈で夏樹の方に倒れこむように夏樹の膝枕で寝てたらしい。(笑)

3~40分して目が覚めた時もオレは夏樹の膝の上でした。そして目が覚めたオレに気が付いた夏樹がオレに一言いいました。

『大地の寝顔、超可愛かった(笑)』って。

オレからしたら笑い事じゃなく、心臓が口から飛び出そうなほどドキドキして焦って起き上がり飲みかけで置いてあった缶酎ハイを一気に飲み干しました。

その後も飲みながら話は高校生らしく下ネタに進んでいきました。他のメンバーの事も気になるけどやっぱ一番気になるのは夏樹です。

夏樹は『毎日抜いてるけど一人でしてるともの足りないくらいだよ(笑)』と言います。

そこでオレは『オレが相手してあげるぅ(笑)』みたいな感じで返したら夏樹は『じゃ~そのうちお願いします(笑)』って感じでみんなで笑って流されました。

その後もエロトークは続いたけど発展する様子はないまま飲み会は終わりました。

次の日、朝から部活の練習がありました。

オレは眠たい目を擦りながら学校に向かいます。

すると夏樹からメールが入ってきた『昨日はちゃんと帰れたか?てかちゃんと記憶あんのかぁ?(笑)』と。

オレは『ちゃんと覚えてるよぉ!これから部活だからまたあとでメールするよ』って返事をすると『なら後で見に行くよ!大地の顔が見たいから・・』と、なんか意味深発言な夏樹のメールにドキドキしながら学校に向かうオレ。

練習中も夏樹の事が気になって気になって全く集中できなかった。

そして練習開始から二時間後、夏樹が私服でコート(オレはテニス部)にやってきた。

ちょうど休憩中だったので少しだけ夏樹話すことに。

あまりにもメールのあの一文が気になってたので『さっきの顔が見たいからってなんだよ~』って単刀直入に聞くと『暇だったから遊ぼうと思ってさ顔は別にどうでもよかった(笑)』ってまた軽く返された。

まぁ、深い意味はないよな〜と心の中で思い、オレは内心ちょっとへこんだ。

けど部活中なのに来てくれたのはすごい嬉しかった。休憩も終わり練習再開、夏樹はコートの外でと練習が終わるのを待っててくれた。

昼過ぎになって練習も終わりオレがコート鍵を閉めようとしたら夏樹が『オレにもちょっと打たせてよ』って言うので先輩の許可をもらってちょっとだけ夏樹と打つことになった。

30分ぐらい打ち合ったところで夏樹が『やっぱ大地には勝てねーなーそろそろ終わりにして飯でも食いに行こうぜ!』と。

部室に戻り着替えようとしたら夏樹が後ろからいきなり抱きついてきた!

オレ的には嬉しいシチュエーションだけど一応払いのけて『オレは男だぞ?』ってノンケっぽく振る舞った。すると夏樹はオレを再び抱き寄せて軽くキスしてきた!

焦ったオレは『バッ‥バカ何すんだよいきなり!』

夏樹は真剣な顔をして『ゴメン・・・でもガマンできなくて・・・』

沈黙のあと夏樹が口を開いた『オレ・・・大地の事がずっと好きだったんだ・・・』と。

オレの中に衝撃が走った!そしてオレも夏樹に気持ちを伝えた。

『実はね・・・オレも夏樹の事が好きだった』

すると夏樹は何も言わずにオレを抱き締めた。そして今度はちゃんとキスをした。長かった・・・時間にしたら数十秒だったけどすごく長く感じた。そのまま床に押し倒された、ちょうど三年専用の畳スペースだった。(二畳分あるんですホントに)またキスをした、今度はディープな方、夏樹の手がオレの体を胸の辺りからゆっくりと下の方へ撫でるように触っていく、手はちょうどちんこの上で止まり短パンの上から形を確認しながら上下に手を動かし『もうビンビンだねっ』と言って短パンの中に手を入れて直接扱いてきた。

同時に反対の手でシャツをめくって胸からお腹にかけてペロペロ舐めはじめたオレは
『んっ・・・あっ・・・あせ・・きたない・・から・・ダメだよぉ』と。

されてる行為に感じながらも恥ずかしかった。

すると夏樹は『大地の味がするからいいの☆次はこっちな!』って言って扱いてた手で短パンをちょっとだけずらしてオレのちんこを引きずりだしくわえて舐めはじめた。

『あっ・・うぅ・・あっ・・』

『大地、オレのもして』ってベルトを外し夏樹のちんこがオレの目の前に、そのまま69状態になった。誰も居ない部室にエロい音と荒い息づかいの音だけが響いている。

『んっ・・あぁ・・はぁぁ~んっ・・なっ・・なつきぃ・・そろそろヤバいかも・・』

すると夏樹の動きが激しくなりオレは『なつき・・イキそう・・・・あっイクっ・・んっイクッ!』

そのまま夏樹の口の中でイッてしまった。夏樹が起き上がりオレにキスしてくれた。

『気持ちよかった?オレもイキたいから続きして』って言うからオレは夏樹のを口に含もうとした瞬間気がついた。

オレが出しのは?夏樹に聞くと『飲んじゃった』と。

オレは恥ずかしい反面嬉しくてめいいっぱい夏樹のちんこをくわえこんで舐めてあげた夏樹も息遣いが荒くなってきた。

『はぁ~はぁ~大地いいよすげー気持ちぃ~』

夏樹は自分で腰を動かし始めた。

『そろそろイキそう・・・あっ・・イクよっ・・イクっ!』

夏樹もオレの口の中にイキました。オレも夏樹のを飲み干しました、すごい濃厚で量もたくさん出ました。

『夏樹いっぱい出たね!しかも濃いし(笑)』

『えっ?飲んだの?』

『うん。夏樹もオレの飲んだじゃん!』

『大地だってかなりの量だったぞー』

『三日分くらいかな(笑)』

そんな話をしながら帰る準備をして一緒にご飯を食べにいきました。

そのあと夏樹と付き合う事になり今でもたまに学校でこっそりエッチしてます(笑)

 

カテゴリ:彼氏の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。