ホーム » SM調教 » 【ゲイ】父と兄の性奴隷君、お仕置き合宿に行った結果wwwww

【ゲイ】父と兄の性奴隷君、お仕置き合宿に行った結果wwwww

形勢逆転

宮崎県在住のヒロちゃんからの投稿。以前から投稿いただいているヒロちゃん。父と兄から軟禁状態で奴隷調教されていたが、兄の友人のアジトにお仕置き合宿に行くことになり状況が一変したという。合宿も4日目に突入した・・・・
バリタチ2人組に犯された学生
お仕置き合宿の4日目

朝10時頃に僕は目が覚めて起きたらコウダさんとリュウジさんとタイチさんが起きてテレビを見ながら缶コーヒーを飲んでいて僕が起き上がるとコウダさんが(ヒロくんおはよう)と言われて僕も(おはよう)と挨拶をした。

そしたらコウダさんが(ヒロくん朝ご飯を食べたらみんなでハイエースに乗ってドライブに行くよ)と言われて僕はうんと頷いてベッドから起きてソファーに座って朝ご飯のホットケーキと牛乳の中にドライフルーツとかが入っているのだった。

僕が朝ご飯を食べているとナオキさんが部屋に入って来て(ヒロくんおはよう、今日は俺達と一緒にドライブに行くから朝食を済ませたら着替えたらそのまま車庫で待っていて、リビングで今大輝をお仕置きをしているからリビングには入らないでよ)と言われた。

僕が朝ご飯を食べ終わったらリュウジさんにティシュで口元をふいてくれてたらタイチさんが(ヒロくんお着替えをして車庫に行こうかねえ)と言われて僕はみんなと一緒にお仕置きをしたらリュウジさんが(ヒロくん抱っこして行くからおいで)と言われて僕はリュウジさんに抱っこされて部屋を出て下におりたらリビングの方でお兄ちゃんが(許してください、もうヒロくんをいじめないから許してください、チンコ金玉が痛えーよ)と言って泣いているみたいでだったけど僕はリュウジさんに抱っこされていて何も出来なくてリュウジさんが靴をはいたらそのまま外に出て車庫に行った。

車庫に着いたらリュウジさんに抱っこからおろしてもらって大きい車を見ていたらナオキさんが来て(ヒロくん今大輝にヒロくんと似た苦しみを味わってもらっているから今日は大輝をそのまま1人にさせてドライブに行くぞ)と言って車の鍵をあげてくれて車に乗ったら中が広くて座席がこのじになっていて僕は右窓側の座席の真中に座ったら横にコウダさんとタイチさんが座って僕の前にリュウジさんが座って待っていたらオサムさんとユウキさんとユウジさんが車に乗って来てしばらくいろんな事を話をしていたらマサルさんとユウジさんとナオキさんが来てユウジさんが運転席に座った。

マサルさんとナオキさんが後ろの座席に座ったら(ならいつもどおり全裸になりますか)と言われて窓をカーテンをしたらユウジさん以外みんな全裸になったらナオキさん(ヒロくん大輝を肉便器として連れて来てもいいかな)と言われて僕は少し迷ったけどナオキさんの押しに負けてうんと頷いたらナオキさんが(なら今から連れて来るから少し待っていて)と言って全裸のまま車から降りて行った。

僕は少し怖くてコウダさんとタイチさんにしがみついていたらコウダさんが(ヒロくん大丈夫だよ俺達がそばにいるからヒロくんに酷いとさせないから大輝に酷いことするけどヒロくんは大丈夫)と言われて僕は(お兄ちゃんに罵倒されたり怒鳴られたりされるから離れていたい)と言った。

そしたらリュウジさんが(ヒロくんそれなら大丈夫だよ、大輝を後ろに行かせるからヒロくんは運転席の後ろにおいで)と言われて僕はうんと頷いたらコウダさんが(ヒロくんなら俺の膝の上おいで)と言われて僕はうんと頷いたらコウダさんが運転席の後ろに座ったら僕はコウダさんの膝の上に座ったら横にタイチさんとリュウジさんが座って来て僕の頭をヨシヨシしてくれて僕は甘ていたらナオキさんがお兄ちゃんを首輪をつけてリードで引っ張って連れて来て後ろの座席にナオキさんが座ったらお兄ちゃんはナオキさんの足元に正座をした。

そしたらユウジさんが(なら出発するよ)と言って車庫から出て出発したらしばらくしたらオサムさんが(おい大輝、俺の小便を飲め)と言われてお兄ちゃんは犬みたいないてオサムさんのチンコを加えたらオサムさんが(しっかり飲めよ)と言ってオサムさんは僕のお兄ちゃんにオシッコを飲ませられていた。

僕はリュウジさんとタイチさんからおやつとジュースをもらって食べたり飲んだりして甘えていたらコウダさんが僕のチンコを触って来て僕のチンコが勃起をして来たらリュウジさんにキスをされて僕はヘロヘロになってきたらナオキさんお兄ちゃんを張り飛ばして
床に倒れたらナオキさん(今から大輝を激しく犯して遊ぶぞ)と言われた。

僕はお兄ちゃんが怖くて(僕はお兄ちゃんが怖いからコウダさんとタイチさんとリュウジさんと遊んでいい)と言ったらナオキさんが(ヒロくんいいよ俺達は大輝を激しく凝らしめるから)と言われて僕はお兄ちゃんが怖くてリュウジさんに抱きついたらコウダさんが(ヒロくんならここをカーテンで仕切れば大丈夫かな)と言われて僕はうんと頷いたらタイチさんがカーテン仕切ってくれたらリュウジさんが(ヒロくん何して遊びたい)と言われて僕は(トランプかUNOで遊びたい)と言ったらリュウジさんが(ヒロくんUNOならあるからUNOをしようか)と言われて僕はうんと頷いたらナオキさんが(UNOをするならテーブルを出してあげるからテーブルでしていいよ)と言ってナオキさんがテーブルを出してくれて僕とコウダさんとタイチさんとリュウジさんと一緒にUNOをして遊んだ

僕がUNOで遊んでいたら後ろ方でナオキさん達がお兄ちゃんに(大輝中出しで行くぞ)と言って激しく犯していてお兄ちゃんがトコロテンをしたらオサムさんが(大輝誰がトコロテンをしていいと言ったか後でお仕置きだな)と言われいて僕がパパとお兄ちゃんにされて来た事がそのままお兄ちゃんにされていて泣きながら激しく犯されていた。

僕達はUNOをして遊んでいたけどあきてきてリュウジさんが(なんか別の遊びを考えるから少し休憩)と言われて僕はジュースを飲みながら外を見ていたらお兄ちゃんが(ごめんなさい、許してください)と言って泣いていて僕は少し気にっなってカーテンを少しめくって覗いてみたらナオキさんがお兄ちゃんの乳首とデカマラにまち針をいっぱい刺したり安全ピンを亀頭に刺していて金玉を警棒で叩いていてお兄ちゃんは泣いていた。

僕は思わず凄いと言ってしまってナオキさん僕に気づいて(ヒロくんどうした、ヒロくんも一緒に大輝をお仕置きをしたくなったかな)と言われた。

僕は(後でお兄ちゃんが仕返しをしてくるから怖い)と言ったらリュウジさんが(ヒロくん大丈夫だよ、俺達がいるから仕返しをしてこないよ)と言ったらコウダさんが(ヒロくん大丈夫、
仕返しをしない様にしっかりお仕置きをするから)と言われて僕はうんと頷いて僕もお兄ちゃんをお仕置きをする事になった。

ナオキさんが僕にリモコンを30個をわたして来てナオキさんが(ヒロくんこのリモコンをスイッチを全部最大にして大輝のアナルの中にローターを30個入れるからしばらく観察をしよう)と言われて僕はリモコンのスイッチを入れたらお兄ちゃんが苦しみをだして僕はナオキさんに言われたどおりに最大にしたらお兄ちゃんがさっきよりも苦しみだして潮を吹き出したらナオキさんがお兄ちゃんチンコのカリの頭から裏筋にまち針を3本刺した。

そしたらお兄ちゃんが(痛い許してください)と言ったらマサルさんがまち針を5本持ってお兄ちゃんの金玉に刺してお兄ちゃんは号泣して泣きだしてそしたらオサムさんが(大輝うるさいお前男だろうが、これぐらい我慢しろよ)と言われてお兄ちゃんは(もう許してください、ヒロくんをもう二度いじめません)と言ったらナオキさんがお酒と塩をかけたらお兄ちゃんが苦しみだしてトコロテンをしたらナオキさんがまたまち針を9本取って亀頭から下に刺していってお酒と塩をかけてたらお兄ちゃんは泣きながら耐えていた

そしたらナオさんが(ヒロくんしばらくそのまま放置して俺達はお昼ご飯にしようかね)と言われて僕はうんと頷いてたらナオキさんがお兄ちゃんの口をガムテープで塞いだらお酒と塩を全部かけてお兄ちゃんはまた泣きだした

僕はコウダさん達に頭をヨシヨシされて甘えていたらナオキさんが(ヒロくん何が食べたいかな)と言ったら僕は(朝みたテレビでとんかつを食べている人を見て僕も食べてみたい)と言われてナオキさんが(ヒロくんいいよ、それならとんかつの美味しいお店があるからそこに行こうか)と言われて僕はうんと頷いてたらナオキさんが僕の頭をヨシヨシしてくれてナオキさんに甘えていた。

そしたらオサムさんがお兄ちゃんがうるさくてキレてまち針を全部取って亀頭から下に刺していって金玉にを刺していってお酒をかけてたら塩を全部かけて金玉を棒で叩いて(大輝うるさい静かにしろこのバカ犬)と言われてお兄ちゃんは泣いていた。

僕は遊び疲れてコウダさんによりかかっていたらナオキさんが(なら大輝を後ろにやって座席を倒してベッドにかけるかヒロくんと一緒に添寝する)と言ってナオキさんが座席を倒したら僕はナオキさんに抱きついて甘えていたらナオキさんが(ヒロくん添寝するよ)と言われて添寝した。

しばらくしたらナオキさんに起こされて目が覚めたらスーパーにいて僕背伸びをしたらポキポキ音がなってスッキリしたらナオキさんが(ヒロくん今ねお弁当と飲み物とおやつを買ってきてもらっているから戻って来たらご飯になるよ)と言われて僕はナオキさんに頭をヨシヨシされて甘えていた。

そしたらみんなが戻ってきてテーブルにおかずとお弁当を並べられてコウダさんが(ヒロくん好きなのとって食べて)と言われて僕はとんかつのお弁当をとってみんなと食べた。

僕がお弁当を食べていたらお兄ちゃんがこっちを見ていて僕は怖くてナオキさんにお兄ちゃんが見てて怖い事を言ったらナオキさんが(ヒロくん分かったごめんな)と言ってお兄ちゃんに靴を投げで(お前にやるのはない、こっちを見るなバカ犬)と言ったらお兄ちゃんは小ちゃくなって外に向いた。

僕はとんかつを始めて食べれて美味しくてお弁当を食べたらお腹いっぱいになってごちそうさまをして、しばらく僕は外を見てゆっくりした。

僕は人からこんな長い間を優しくしれるのが始めてで嬉しいけどなんか変な感じがしてどうしたらいいか分からなくてナオキさんに抱きしめて甘えていたら頭をヨシヨシしてくれて僕はナオキさんによりかかって添寝した。

僕は小学校の頃から高校を卒業するまでいじめられていてその夢を見てうなされていたみたいでナオキさんに起こされて僕はナオキさんに抱きついて泣いたら頭をヨシヨシしてくれて(ヒロくん大丈夫だよ)と言われて僕はしばらく泣いた。

そしたらナオキさんが(俺ちょっと大輝にこの落とし前をつけてもらうからお前達はヒロくんの側にいて欲しい)と言われて僕はリュウジさんに抱っこされて甘えていたらマサルさんが(ヒロくん俺達と一緒に横になろう)と言われてテーブルをどけて座席を動かしてベッドみたいにしたらオサムさんが(ヒロくんはウルトラマンティガが好きだったよね、なら俺達と一緒に見ようか)と言われて僕嬉しくてうんと頷いたらオサムさんがスマホのより大きいのをだしてウルトラマンティガの動画を出してくれて1話から見ていたらユウジさんが(なら出発するよ)と言ってスーパーを出して出発した。

僕がウルトラマンティガを見ていたらユウキさんが(ヒロくん俺の家にウルトラマンティガとダイナとガイアに出てくる戦闘機のおもちゃがあるけどいる)と言われて僕はうんと頷いたらユウキさんが(なら今度持ってくるね)と言われて僕は嬉しかった。

僕はウルトラマンティガの6話ぐらいでウズウズして来て僕は(コウダさんオシッコがしたくなった)と言ったらオサムさんが(ヒロくんなら尿瓶にオシッコをしようか)と言われて僕は尿瓶にオシッコを入れたらオサムさんが尿瓶をナオキさんに渡したらナオキさんがカーテンをして仕切った。

僕はしばらくウルトラマンティガを見ていたら眠くなって来て僕はマサルさんに抱きしめて甘ていたらコウダさんが(ヒロくん眠くなって来たねえ、なら俺達と一緒に添寝するよ)と言われて僕はマサルさんに甘えていたら頭をヨシヨシしてくれて(ヒロくんいいよそのまま寝んねして)と言って僕の身体をヨシヨシしてくれて僕は気持ち良くてそのまま寝た。

目が覚めたら夕方になっていて僕が起き上がったらマサルさんに(ヒロくん夜はちゃんと寝れてる)と言われて僕は(1人になると寝れない)と言ったらマサルさんが(なら今日からみんなと一緒に寝よう)と言われて僕は嬉しくてうんと頷いたら頭をヨシヨシしてくれて僕は甘えていたらコウダさんが(ヒロくんは展望台が好きだから展望台にみんなで行こう)と言ったらナオキさんが(いいね展望台で朝日が見える場所に今からいってそのまま泊まるか)と言われて僕は嬉しくていいのと聞いたらナオキさんが(ヒロくんいいよ大輝をベッドの下に入れて俺達は思いっきり楽しもう)と言われて僕は嬉しくて甘えた。

そしてらユウジさんが(今宮崎市で朝日が見れる場所は中々ないから日向に向かえば朝日が見える展望台があるけど向かう)と言ったらナオキさんが(日向に行くなら有料道路に入った方が早く着くからコンビニでおやつと飲み物を買ってから行こう)と言ったらユウジさんが(分かったならここからならセブンが近いから向かうね)と言った。

そしたらナオキさんが座席動かしたらお兄ちゃんに刺さっている針を全部ぬいてローターを全部取り出したらビニール袋に入れて片付けをしたらナオキさんが(大輝さっきの話を聞いていたと思うけど今から展望台に行くけど俺がいると邪魔だからお前の家によって下ろしてから俺達はヒロくんと一緒に展望台に行くから)と言ったらお兄ちゃんが(分かった、ヒロくんが展望台に行く事は黙って秘密にします)と言った。

そしたらナオキさんが(ヒロくん部屋の中に大切な物は無い)と言われて僕は(前はあったけど全部パパとお兄ちゃんに捨てられたから僕の部屋の中何もないよ)と言ったらナオキさんが頭をヨシヨシしてくれて僕は家に帰るのが怖くて震えていたらコウダさんが(ヒロくん俺と一緒に横になって音楽を聴こう)と言われて僕はうんと頷いたらナオキさんが(なら後ろ方で聴いて、その前に俺達が座って何とか誤魔化すから)と言われた。

僕はコウダさんに甘えてキツく抱きしめたら頭をヨシヨシしてくれて僕はコウダさんと一緒に音楽を聴いていたらタイチさんも僕に抱きついて来て僕は怖く泣いたら頭をヨシヨシしてくれて(ヒロくん俺と一緒に寝る)と言われて僕はうんと頷いて泣き疲れて来て僕はコウダさんの親指をしゃぶっていた少し落ち着いてきて僕は眠くなって寝た。

しばらくしたらナオキさんに起こされて(ヒロくんもう大丈夫だよ、大輝を家に下ろして今コンビニに向かっているから)と言われて僕は少し落ち込んでいたらコウダさんが抱きしめてキスをしてきて頭をヨシヨシされて僕は甘えていたらコウダさんが(ヒロくん可愛いよ)と言って僕のチンコ触ってヨシヨシされて気持ち良くて勃起した。

そしたらタイチさんが(ヒロくんならみんなとSEXをしてはしゃごう)と言われて僕はうんと頷いたらナオキさんが「なら座席を動かしてベッドにしてするか)と言われて僕はコウダさんに甘えていたらナオキさん達が座席を動かして倒してベッドにしたらナオキさんが(ヒロくんの好きに俺達のデカマラをしゃぶっていいよ)と言われて僕はマサルさんのデカマラからしゃぶた

そしたらマサルさんが(ヒロくんのフェラ気持ちいい)と言って頭をヨシヨシしてくれて僕はマサルさんのザーメンを口内射精で受け止めて飲んだらマサルさんが(ヒロくんのフェラは上手だよ大輝と大違いだよ)と言われて僕は嬉しくてしばらくみんなのデカマラをしゃぶってザーメンをいっぱい飲んだ。

僕が3回目ぐらいのフェラをしていたら有料道路の前のコンビニに着いたみたいで僕はフル勃起をして我慢汁が垂れていてピクピク動いているのをみんなに見られてマサルさんが(ヒロくんのチンコ可愛いなぁ)と言われて僕は嬉しくて照れていたらナオキさんが(ユウジごめん、コンビニでおやつとつまみと酒とジュースをいっぱい買って来て)と言ったらユウジさんが(分かったならちょっといって来るよ)と言ってコンビニに行った。

僕は5回目ぐらいのフェラをみんなにしていたらユウジさんが買い物が終わって戻って来てユウジさんが(なら出発するよ)と言ってコンビニを出て出発して有料道路に向かった。

僕は6回目ぐらいのフェラに入ったら有料道路に入って僕は初めてデカマラをいっぱいしゃぶって9回目のフェラをして回ったら僕がみんなに(今度はアナルを激しく犯して)と言ったらナオキさんが僕のアナルにローションを塗ってくれたらみんなとSEXを始めた。

僕は気持ち良くて奇声をあげて甘えたりしていたらトコロテンをしたら頭をヨシヨシしてくれて僕は嬉しくてみんなに(もっと犯して)と言ったらみんなが分かったと言ってさっきよりも激しく犯して来て僕は気持ち良くてまたトコロテンを5連発で出した。

僕はSEXを12回目ぐらいみんなとしたらナオキさんが僕のチンコにローションを塗って手コキで責めて来て僕は気持ち良くて射精を何度かしたら今度は亀頭を責めて来て僕は気持ち良くて潮を吹いたらみんなが僕の潮を舐めて(美味しい)と言って僕のチンコみんなが触って来て僕はナオキさんに抱きついて甘えたりしていたらマサルさんが(ヒロくんは最高だよしばらく休憩にしよう)と言われた。

そしたらナオキさんが(俺ちょっと小便がしたい)と言っていて僕が(ナオキさんのオシッコ飲みたい)と言ったらナオキさんが(ヒロくん俺の小便が飲みたいなら加えていいよ)と言われて僕はナオキさんのチンコを加えてオシッコをこぼさずに全部飲めたら頭をヨシヨシしてくれた。

僕は気持ち良くてマサルさんによりかかって甘えていたらまたみんなのデカマラをフェラを6回ぐらいして回ったらSEXを日向に着くまでした。

そしたらユウジさんが(もうすぐ展望台に着くよ)と言われて僕は疲れて動けなくなったらナオキさんとマサルさんとオサムさんが僕の身体をふいてくれて僕はゆっくりして休んでいたら展望台の駐車場に車を止めた。

そしたらナオキさんが(ヒロくん展望台に登ってみよう)と言われてみんな着替えたらナオキさんとリュウジさんとタイチさんが警棒を取り出したらコウダさんが(ヒロくんなら俺と手を繋いで行こう)と言われて僕はコウダさんと手を繋いだら靴をはいて車を降りたらナオキさんが(ヒロくん雨の影響で展望台に登らない方がいいね)と言われてしばらく外でみんなとキスをしてゆっくりした。

そしたら僕は寒くなって来てナオキさんに抱きついたらマサルさんが(ヒロくんそろそろ車に戻って寝る準備をしようか)と言われて僕はうんと頷いたらマサルさんが(ヒロくん抱っこしてあげる)と言われて僕がマサルさんに抱っこしてもらって車に戻ったらまた全裸になった。

そしてたら寝る前にまたみんなのデカマラをフェラを10回以上して回ってザーメンを口内射精で受け止めて飲んだら僕のアナルにローションを塗られて中出しSEXをして僕はトコロテンと潮をいっぱいだしてみんなが飽きるまでSEXをしたら僕はナオキさんとリュウジさんに抱かれそのまま寝てゆっくり休んだ。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:乱交の最新記事

コメントは4件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    幸せそうで何よりです

    このまま、お兄さんを犯したらどうですか?

  2. ヒロちゃん より:

    今日の晩ご飯で初めてウナギをだべました
    いつもお父さんとお兄ちゃんが食べることらを横で見るだけだったから
    今日ナオキさんが仕事帰りにウナギの蒲焼きと白焼きを買ってきてくれるて食べました。美味しかったです。

    僕はあまり分からないけどナオキさんがたまにお兄ちゃんを全裸にして車に乗せてどっか連れて行って帰ってくるから?
    お兄ちゃんは別の人から激しく犯されているのかな?

  3. ゲイの名無しさん より:

    ウナギで精力つけて頑張れ

  4. ゲイの名無しさん より:

    ヒロ様、いつも楽しく読ませて頂いてます
    私はスカトロ好きなのですが奴隷解放後はやる予定ないですか?オシッコプレイでも構わないのでぜひお願いします

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。