ホーム » ノンケ » 【ゲイ】ジャニ系ノンケ君、埼京線で痴漢された結果wwwwww

【ゲイ】ジャニ系ノンケ君、埼京線で痴漢された結果wwwwww

女になってく僕

都内在住のルナさんからの投稿。もともとノンケだったという投稿者。ある日に乗った電車でおじさんに痴漢され、その気持ちよさにすっかり嵌ってしまったんだとか。また、おじさんに会えるかな・・・・・・
電車で痴漢される男性
元々ノンケだった僕が、ある時埼京線の満員電車でなんか目の前おじさんの手が股間に当たるなと思ったら電車の揺れに合わせて左右にグリグリしてきたんです。

だんだん気持ち良くなって来て、僕の硬くなったオチンチンを触りながらおじさんがニコッとしてきた。

最初は恥ずかしくてすぐ電車を降りたが、また何日かして、また同じおじさんが前に密着して来ました。

自分も触られるのを密かに期待してしまい、おじさんに会うのが楽しみになりました。わざわざ電車の最後尾に乗るようになり、そこが痴漢の場所で有名で色々な人が触ってくる様になりだんだん男の人に触られるのが好きになりました。

顔は童顔でちょっとジャニーズ系だったので特定の車両に乗るといつも触られて気持ち良くなってきました。

ある時、池袋にあるHな映画館で自分でシコッていたら、隣におじさんが座ってきて、太ももに触れて来ました。

僕が抵抗しないと、オチンチンを握ってきて、もうひとつの手で乳首を触ってきました。それがとても気持ち良くて感じていたら、「敏感なんだね」とささやかれ、シャツを上まであげられ、今度はオチンチンを触られながら、乳首を舐めたり、吸ったりしてきました。

なんか女の子になった気分になりちょっと「あ~ん」と喘いでみたりしました。

すると今度はオチンチンをぱくっと咥えてきて、同時に太ももの内側をソーっと撫でられ、あまりに気持ち良くて淫乱な女性になった気持ちで股を大きく広げました。

するとオチンチンを舐めながら手がタマタマを触ったり、さらにその下の穴へ指が優しく行ったり来たりしました。気分はもう女の子で、気持ち良さそうにヨガっていると、「ペニクリの先からドンドンエッチなネバネバが出てるよ」と囁かれ、淫乱だねと言われて恥ずかしくて喘ぎ声を小さく出しました。

すると、おじさんが「触ってご覧」と大きく硬くなったオチンチンに僕の手を持っていきました。

最初はおっかなびっくり撫でていましたが、だんだん大胆に上下に動かしました。

トロンとした目で触っていると、もっと顔を近付けてと頭を手で押さえられ、目の前におじさんの反り返ったオチンチンが。

眺めていると、舐めてごらんと言われ、ちょっと躊躇してると、少し強めな口調で、「こんなにペニクリをべちょべちょにしやがってこの淫乱女が!ほら俺のをしゃぶれ!」と頭を手で押さえてオチンチンに口がくっつきました。

なんだかレイプされているような気分になり、Mっけがあったのか興奮してきて、オチンチンを頬張りました。ちょっとイカ臭い感じがしましたが、女の子になった気分で一生懸命しゃぶりました。

するとローションを手につけて僕のペニクリとオマンコを撫でられ、「ほらっマンコもヌルヌルだぞ」と囁かれました。

ケツマンコをほぐしながら、指を入れるぞと囁かれながら、乳首を舐められ、女の子のように腰をよじりながら感じました。

指をケツマンコに入れられながらペニクリをいじられもう爆発寸前で、「あぁあぁもうイっちゃう!」と叫びました。

その瞬間大量の精子がドビュッと出ました。

おじさんがニヤニヤしながら、今度はケツマンコに入れてやるからなと電話番号を交換させられました。

次回は、おじさんにケツマンコのバージンを奪われる話しです。また書き込みます。

因みに今では騎乗位で腰をふってヨガっている淫乱娘です。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。