ホーム » 彼氏 » 【エロ体験談】男の娘(17)、可愛い顔して浮気セックスやりまくってます・・・・・・

【エロ体験談】男の娘(17)、可愛い顔して浮気セックスやりまくってます・・・・・・

もうノンケには戻れません

群馬県在住の高校生からの投稿です。女の子にしか見えない容姿の投稿者。性格も優しいので女子からはチヤホヤされ、男子からも可愛がられている。見た目で誤解されがちだが、女好きのノンケ。そんな投稿者が学校で一番のイケメン(先輩)と仲良くなり・・・
アナル処女を奪われた男の娘
なおとが男の人に目覚めたのは、高校一年の時でした。

それまでは普通にノンケしてましたよ。

そして夏の野球部の予選を応援に行った時に三年のセンパイゆうまさんと親しくなりました。

ゆうまさんはバスケ部で活躍する180センチくらいあって、女子からコクられてモテモテでした。

でも何故だか付き合う事はしなくて、『好きな人いるから』って断ったって女子の間で、誰だ誰だって噂になってましたよ。

夏休み終わりかけの頃、センパイは部活を引退してたので、帰り道に会うことが多くなって一緒に帰ってました。

ちなみに、なおとは帰宅部でした。

158センチしかなくて、女子に『絶対に可愛くなるから女装させてみたい』って言われた事もあったの。なんかヘアスタイルもサラサラで少し長めにしてましたし、女装もいいなって思い始めた時期でしたが、なおとは完璧ノンケでAVでオナニーする健全な高校生だったのです。

まぁ話はさておき、それで頻繁にセンパイに会うようになったから家に誘われるようになったんです。

メアドも交換したし女子よりも後輩よりもなおとが一番親しいって感じで女子にセンパイの事をいろいろ質問され、いいなあって言われてました。

そして、10月の後半の中間テスト終わった日でした。センパイは大学推薦でほぼ決まってて、なおとは教室いる時メールで誘われてセンパイの家に昼くらいにお邪魔しました。

センパイの家は両親共働きで二人っきりでした。エロ本読んだり、話ししてて、なおとが近くにあるエロ本取ろうとして、手を伸ばして、お尻を突き出しような格好でプリンってセンパイに向けたら、突然お尻を触られてしまいました。

冗談だと思ってたので『もう、センパイはもう』って笑って言ったけど、止めなくて、お尻の谷間とか上下にスリスリ撫でられました。

『そのまま動くなよ』と腰を押さえ付けられ、ワンワンスタイルで触られて『ヤメテ!センパイってもしかしてホモ?』と逃げようとすると『良いじゃんか、オレさ、男とした事ないけどなおとなら好きだしOKだよ』って。

『えっ』と不意を付かれた隙にお姫様抱っこされた。

そしてセンパイのベットに押し倒されて『なおとオレ女子好きだしホモじゃないけど、なおとは別。ずっと思ってた。愛してる』

『えっ!ちょ!、、、、、ン~』ってキスされました。

両手押さえ付けられ体も乗られてフレンチキスされ、センパイの舌がなおとの唇を舐めてきて、ふわりと口が開き舌がセンパイの舌に捕まりデイープキスされました。

何とか逃げようと思いましたが、だんだんと変な気分になちゃって自分から絡めてる感じになりました。キスに慣れてるセンパイのテクニックにうっとりと唾液を媚薬のように味わってました。

ファーストキスが男?とぞくぞくってしたけど、センパイのコロンの香りとイケメン顔にうっとりして、センパイに手を伸ばして抱きついてました。

センパイとのキスに酔ってると、センパイは、なおとのネクタイとシャツのボタンを片手で外して来て、でもなおとは抵抗しなかったよ。魔法みたいだったから、少しなおとを浮かしブレザーを脱がされました。

シャツとネクタイはそのままで、イヤらしく乱れてたみたい。そしてセンパイの舌が首筋に降りてきていっぱいキスされました。キスされなから、片手はなおとのベルトとスラックスのホックとファスナー降ろしてた。

センパイったらコクってきた女子とエッチはしたって言ってたのは聞いてたから、女子のブラウス、ブラジャー、パンティも同じように脱がしたのかな?ちょっと嫉妬しちゃう。

でも今はみんな憧れのセンパイはなおとのモノなんだね。

センパイはスラックスの中に手を伸ばして、もうびんびんに狂いまくってるおちんちんをトランクスの上からもみもみしてきた。なおとのおちんちんはエッチな愛液溢れてたみたい。

『あっハアハアあーん』って女子やAV女優みたいにエッチな声出してた(ちなみに、なおとはチェリーです)もみもみされながら乳首甘噛みしたりれろれろされてピクピクしちゃった 。

妄想で好きな女子を愛撫する時にした行為をなおとがされてるなんて、でも気持ちよくって オナニーするよりもセンパイに下着越しにされる方が良い。

そーしてるうちに、スラックス脱がされて、トランクスも同じように脱がして、プルンってテカテカになってるびんびんのおちんちんが現れて『なおと、すごいびちょびちょだね』って。

カーッと顔赤くなり急に恥ずかしくなったんだ。

『やっダメセンパイ恥ずかしいよお』って言ったら女子みたいに可愛かったらしく『たまんねー可愛すぎ』と又デイープキスされました。

キスされ又なおとはうっとりして絡めまくりました。ビデオや本や小説みたいな事が次々とやられセンパイは舌越しに媚薬液を垂らされて、体に電流が走りきゅーってセンパイを抱きしめました。同じようにセンパイに媚薬液流しこみ口の中を舐めらました。歯茎の裏って言うか天井をペロッとされて目の前が光った感じしました。こんな性感帯があったなんて、キスされるたびに新たな性感帯見付かりました。

そーしてるうちにセンパイは両足を広げグイッと曲げて、太ももをひざ辺りからツツーってキスされました。ぞくぞくってたまんなくなりました。でもたまを飛び越えて違う足にキスされ、おちんちんがひくひくしてて愛液垂れてた。

『あーんセンパイ~早くう』

そしたらエロオヤジみたいに『何が?何して欲しい?』だって。すごくイジワルするの。

『イジワル~あーんおちんちん舐めてー』

初めてなのにおねだりするなんて、なおとはすごくエッチなの。完璧女の子でした。

センパイは『かわいいよなおと』っておちんちんの先をペロッって舐めると『あーん』って本気汁がドピュッって吹き出ました。試験中だからオナニーガマンしてたので濃い汁が飛び散り、シーツやセンパイの顔や僕のシャツに飛び散りました。

『ごめんなさい』

『いっぱい出たね』と優しく愛液を舐めとり『僕のもきれいにして』と言われて何の抵抗もなしに自分の愛液を舐めとりました。

目が合って自然とデイープキスしました。自分の愛液は少し苦かったのは最初だけで、二人の液が混ざり新しい媚薬にとろけました。キスが終わり見るとドキドキでした。

『なおと愛してる!なおととセックスしたかった。でもここまでな。ごめんなムリヤリ。どうかしてた』

『センパイ!』

センパイの優しさにキュンってなってセンパイのスラックスとボクブリ脱がして『いいよ自分でするから』

『したいの!』って。

『おい、ヤメロ!』

構わずセンパイのびんびんで剥けてて、なおとよりもふた回りはおっきいおちんちんをくわえこみました。

もちろんフェラなんて初めて。

太くておっきくて、全部入んなくて舌で裏をペロペロしたりくわえてしごいたりして。

『あーたまんない。女子のフェラよりも上手だよ』

なおとは女子にフェラされてたんだと思って嫉妬しちゃってきゅーって吸っちゃった。

『あっ』ってピクピクしてたよ。なおとのサラサラヘアを触ってて気持ちよかったよ。

『ハアハアハアって』

感じてると嬉しくなっちゃって。舌と唇と手でフェラしてしばらくすると『あっあ』って腰をクイクイって小刻みに動かしてきたのでなおともカポカポシコシコしてピュッピュッって喉に直接当たりむせちゃった。

でも全部受け止めたよ。

『吐き出せよ』って言われたけどゴックンしちゃいました。気づいたら夕方でした。センパイに送ってもらったんだけど、暗くなってて道の角でデイープキスされました。

『今日はごめんな』

『…いいよ!今度なおとのバージン…』

『えっ!それって』

『…』

もう恥ずかしくって真っ赤になるのがわかった。又デイープキスされました。んで翌日学校休もうって事になっちゃって…初めて愛されて1日もたたないうちに又センパイの家に朝8時半くらいに行きました。

センパイは、制服姿でした。すぐにロックして二階のセンパイの部屋へ。

『制服姿なんですか?』

『おー制服での方が燃えない?』

『…』

エッチするんだってあらためてやっぱり緊張しました。今朝はアナルも念入りにきれいにしました。しばらくベットの上で座って話ししてたんだけど、しばらくすると沈黙が流れて見つめ合って自然にキスしました。もちろんデイープキスで優しくベットに寝かされしばらくデイープキスしてました。

『シワになるから脱げよ』ってブレザー脱がしあって又デイープキスされながら、ネクタイとシャツのボタン外してきて、又全部脱がせなくって乱れた感じで、首筋に来ると思ったら、耳たぶを甘噛みして『あひッ』

そーしてるうちに舌が耳の中を舐め始めて、もうそれだけでエロモードで『あーんそんなとこ、あーハアハアハア』って乱れたエッチな女の子でした。

センパイは、ベルトとホックとファスナー外して来て、昨日とは違いお尻を下着の上からをなでなでしてきたの。

『あれ?』と下着見たセンパイ。

なおとは、ドンキで遊び半分でピンクの女子用パンティ買ったのを思い出して履いてきたの。

まさかこんな時に役立つなんて、『なおと、エロイよ、エロ過ぎるよ』と前を見て『凄いもっこりしてんじゃん』って。

ピンクに白のドット柄のパンティ姿にセンパイ目がギラギラでパンティの上からもみもみしながら激しくデイープキスされました。

『たまんないよ、なおとがそんなパンティ履いてるからだ!』って激しくされて、パンティに手入れられ、おちんちんしごかれました。

『あーんそんなとこあーんイイッ』

センパイにスラックスもパンティも脱がされて、びんびんのなおとの包茎おちんちんプルン。

乳首クリクリされたりプニプニされたりして『なおと、おちんちんフェラして』

すぐにスラックスとボクブリ脱がして、もうびんびんで巨根そのもので、あーんなおとは女の子だもんって思ってスリスリしてくわえてしゃぶりました。

センパイの愛液絞り出し媚薬飲みました。センパイは長い手伸ばしてお尻の穴触ってマッサージしてる感じでした。

『ン~』

変な感じでしたが、お尻の穴いじるたびにおちんちんキュッって吸うみたいで、センパイびくっってして。

そしたら、おちんちん抜いてグイッと足を広げ前に倒しました。お尻の穴が上になっちゃって丸見えでした。すっごく恥ずかしくって、センパイは指で入り口をこねてました。

何かやっぱり変な感じでした。だってお尻の穴なんてって思ってだけど、パンティ横にずらしてセンパイはお尻の穴をペロッ『ひっ』とびくっってなって、何?って感じで、舌先を穴に挿入して、センパイの唾液を垂らして人差し指をゆっくり挿入して『ダメ』って力入ったけど、痛くなくって『大丈夫?』って。

『はい、大丈夫です』

そしたらゆっくり出し入れしてきて『アッアッハァ』って息が荒くなって初めての快楽に。

『あーんあーん』って喘いじゃった 気持ちよかったよ。ぐちゃぐちゃって音してた。

『気持ちいい?もう一本入れていいよね』

『あーん』

もう答えられなくて、もう一本挿入されたら、目の前に星がピカッ、入り口が擦れて、『あっあーんセンパイおかしくやっちゃうよう』って腰くねくね動かして気持ちいい場所を探ってました。

『なおとガマンできないよ』ってパンティ片足だけ抜いて、おっきいおちんちんをぬるぬるのお尻の穴に当てゆっくりズブズブって入ってきて、センパイの20センチのおちんちん。

『いっ痛いってダメダメ』って。

『力抜くよ』と根元まで入ってウルウルしちゃいました。

女の子が処女喪失ん時こんなんだろうな。

んで痛くて『大丈夫?ゆっくりするから愛してるよ』ってはまったままデイープキスされました。センパイにキスされたらもう答えられなくてうっとりしちゃうの。

そしてセンパイはゆっくり出し入れしてきて『ン~ン~』

段々慣れてきてさっきの指マンよりも良くなってきて自分で腰振ってた。

そしてセンパイは気づいたらしく、キス辞めて両足担いでパンパンってピストンしてきて『アンッアンッアンッもっと突きまくって凄いセンパイ~』って淫乱女でした。

そしてセンパイはバックにしてきて挿入し直してスムーズに挿入されてパンパンってピストンしながらおちんちんがシーツに擦れていっちゃったのでもGスポ?に擦れて又勃起しちゃいました。

お尻の中はセンパイの棒が入り口はカリで突きまくって凄い!センパイはなおとの白い小さなお尻をもみもみしながらバスケで鍛え上げた下半身で突きまくって凄いパワフル!

そしてセンパイは正常位に戻ってピストンしながらおちんちんをしごかれました。もうなおとの頭の中真っ白でセンパイのおちんちんとピストンに狂いまくってました。

『なおといくよ、中でいくよ』とマッハピストンでシコシコもマッハになって先にいっちゃったの、そしてセンパイもパンパンって突きまくって凄いパワフルに突いてドピュッドクドクって中だしされました。

お尻の穴がプクってなって大量の愛液出されました。二人でうっとりキスしました。

オデコ当てたりイチャイチャしたりしてるうちに『なおとやらしいよおちんちんキスするたびに締め付けてるよ』

『あっヤダー』

『そんな可愛く言われると又』

お尻の中でセンパイのおちんちんが勃起してて『なおとしよっ』って言われて『うんっ。きて!』って可愛く言ったら 正常位でセンパイはパンパンピストンされ、センパイの愛液がぐちゃぐちゃってエッチな音してた。凄いコーフンしました。

二度目でおちんちんの味覚えて騎乗位でおちんちんプルンプルン揺らしながら、上でピストンしました。

回転させたらセンパイは『おースゲーたまんない』と下から突き上げられわめきまくって、サラサラヘア乱れまくってました。すっかりアナルセックスの受け身にハマったみたいです。もうタチはムリみたいです。

その日は二度目も中だしされました。夕方まで七回も中だしされました。バックではめたまま トイレでオシッコさせられました。センパイってマジにタフです。

その日以来放課後はセンパイの部屋 休みはお泊まりでラブホで女子高生スタイルでミニスカートにルーズに柄のかわいいブラジャーとパンティ姿で寝ずにベットでお風呂ではめまくってます。

ヘアスタイルも肩の下くらいまで伸びてセンパイ好みの女の子になりたくて、仲良しの女子にメイク教わってます。センパイの命令でいつも女子のパンティー履いてます。ティーバックや紐パンやスケスケのヤツとかです。

ランジェリーショップに女装して行ってみたら、バレずにブラジャーやパンティやスリップ買いまくりました。センパイが卒業してもなおとは、センパイを離さないもん。愛してる!センパイ~!あーんセンパイ~おちんちんハメハメしてえ ニューハーフデビューも近いかな?

センパイとラブラブで2月になるまで、センパイのおちんちんハメハメしました。2月になると、センパイは大学の寮に仮入居しにいって、バスケ部に仮入部しに東京に行くからです。

ハメハメしまくったのに、2日したらアナルムズムズしてきて、アナルにマジックはめてオナニーしたりしてました。でも生おちんちんがやっぱりよくって、周りを見ると男子がいっぱいいるじゃんって思いました。

実はセンパイとエッチしてからクラスの男子を見るとドキドキするし、ジャージのもっこりや体育の生着替えを更衣室に入ったら、男子の汗の匂いだけで、もっこりして、トランクスやボクブリや白のサポーターに鍛え上げた上半身見ると、もうダメで、みんな出た後、ジャニ系のゆうきの汗付きのタオルクンクンしながらおちんちんシコシコして、オナニーしたりしてました。

なおとは、受け身だから、愛液余ってるから。

そして、仕草が女子みたくなったらしく、『なおと、なんかイヤらしくね!』ってナメるように見られたりしたり、サラサラヘア触られたり、ふっって耳に息を掛けられして。

『あっ』

『なおと、♂のセンパイと付き合ってる噂マジなんじゃないの』

『ヤメテよ!ありえない』って否定してだけど噂になってたみたいで、愛し合ってるけど恥ずかしい!セックス大好きって公言してる、ヤリチンで学校だけの女子と何十人とセフレの結構イケメンのじゅんやスティンガーのやすの二人がよくお尻やおちんちん触って『なおと3Pしよう』って笑いながら言われたりしてました。

そして、放課後職員室行ってて遅くなって、トイレに入ったのをじゅんに見られたらしく、入って来て、『なおとっ』ってオシッコしてる時に背後から抱き締められ耳にキスされ『あっヤダーあーん』って。

『たまんね!来いよ!』とおちんちん出したまま洋式の個室に押し込まれ、ドアロック。

『なおとしよっ』とキスされたら、もう久しぶりのしかもセンパイ以外のセックス大好きのじゅんで、やっぱり上手で、ねちっこく舌を絡めながらシャツの間から手を入れて乳首クリクリ。

『あーん』

『なおと!やっぱりホモなんだろう?』

答えられなくて『まっいいや、おとなしいなおとがエロエロってわかったし。なあシャブってよ!なあ?』

なおとはもう興味津々で、腰パン状態のスラックスを降ろし、黒いビキニの上からもみもみしながらずらして、黒光りしてる長いおちんちんをフェラしました。長さはセンパイより長くて久々のおやつにむしゃぶりつきました。あーんこのおちんちんの感触、匂い、たまんないって センパイに教わったテクニックに『結構上手じゃん。舌でおちんちん挟めて、舌だけでシコシコしてみな』って新しい技を試したら『そうそう、もっと唾垂らして』って。

やっぱりやりまくってるだけあって余裕です。

『よし、四つん這いにれよ』

すぐになったらスラックスとパンティずらして『シルクの紐パンかよ。変態なおちゃん』って久々におちんちんがお尻の穴にメリハリって入ってきて『うおーん』って喘ぐと指を口に突っ込まれてパンパンピストンされました。
平仮名の「の」の字をおちんちんで書かれ狂いまくりました。じゅんにはまっていくって思いました。

ある日はラブホでクラスの真理子と制服姿でじゅんに奉仕して、お尻を並べおちんちんと指を交互にはめられました。3Pして真理子のオマンコに入れたのですが、機能しなくて、真理子にベニバンではめられ喘ぎまくりました。

もちろんイきました。最近ところてんでイってます。

ある日ラブホでじゅんとエッチしてる時に『女子と3Pするより男子としたい』って言うと『じゃあ、やす呼ぶか?』と今いるラブホに呼んで、『ヘぇ~じゅんの新しいセフレってなおちゃんかあ。女子高生スタイル似合うじゃん』

『味わうか、感じやすいよ』と乳首弄ると『あーんダメーン~』ってエッチな声に『たまんね!』とキスされました。センパイやじゅんとは違ったキスに又うっとり絡めまくりやすのおちんちん取り出してしごきました。

『やっぱりツボとらえてるな』

『コイツ三年のセンパイにホモ教わったみたいだぜ』

『誰?』

『教えてくれないんだよね。テクニックも締まりも抜群』

『へえ~楽しみ、』

なおとはおちんちんねっとりフェラしてたら、又お尻の穴ムズムズしておちんちんハメハメして欲しいって思って、上目遣いで見つめると、さすがにスティンガーベットに押し倒して、焦らして入り口でくねくねしてました。

『はやくぅ』ってお尻フリフリしたら、ズブズブって一気にはめられました。センパイが東京行ってるうちにいっぱい浮気しました。もちろん長い休みは東京でセンパイのおちんちんハメハメしてます。

センパイも女の子と浮気してたけど、なおとも浮気してたから、何も言えませんでした。

ニューハーフになりたくてお金貯めてます。ホルモン剤飲むと体毛薄くなって、少しおっぱいが、小学生低学年並みですけど。もみもみしながらマッサージしてます。

下半身って人格ないんですね。すぐに勃起しちゃうの。困っちゃう。

 

カテゴリ:彼氏の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    フレンチキスとディープキスは同じだからな(定期)

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。