ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】フェラチオで足が震える小学5年生をご覧ください・・・・・・

【ゲイ】フェラチオで足が震える小学5年生をご覧ください・・・・・・

初めての射精

島根県在住の会社員さんからの投稿。幼い頃に経験した性体験がキッカケでゲイになったという投稿者。社会人になった今でもその時の体験の影響で、オジサンが相手でないと興奮しないようだ・・・・
親父さんのフェラチオ
小学校5年の夏の出来事です。

近くの公園のトイレに用を足しに入ったとき、40代くらいのオジサンが居て、オジサンはずっと小便器に向かって立ったままで、オシッコしてる感じもしない。

それで、気になってどうしても気になってオジサンの方を見たら、何とズボンのチャックから勃起させたモノを出してた。

恐怖に凍り付いて目をそらすことも出来ずに、オジサンのモノを凝視してしまいました。

オジサンは俺が見ているのに気づくと、俺に見せつけるようにして、そのまま俺の直ぐ横まで移動して来て、チンポを扱きはじめました。

怖くてどうしようもなかったけど、何故だか俺の下半身も反応してしまって・・・。

無抵抗なまま、オジサンに手を取られてチンポを握らされ、濡れた亀頭も触らせられました。

オジサンは個室に入って俺を誘うように、俺に見えるようにドアを開けたままシコりはじめた。

俺は少しだけ見てたけど、怖くなってその場から走って逃げました。

こんな経験、誰にも言えない・・・子供心にそう思って、でも、ずっと気になってました。

自分で勃起させて興奮するようになったのは、その頃からです。

初めて皮を剥いたときは、剥き始めは痛かったけどプルンと剥けて激痛だったかな(笑)

でも何故か気持ち良かった。

亀頭に触ると経験したこと無いような痛さというか、からだの奥深くを突かれるような心地よい痛さ。

それから一ヶ月くらい経って夏休みも終わりかけた頃、やっぱりどうしても気になって、またあの公園に行ったんです。

田舎だし、公園の奥まった裏口の方にトイレはあるので人影は全くありません。

トイレに入って30分ほど待っても誰も居なくて、諦めて帰ろうと公園を出たところで、あのオジサンとすれ違いました。

何故だか胸がドキドキして、少し歩いて振り返ってみたら、オジサンはトイレの入口で立ち止まり俺の方を見ていました。

やっぱり俺のこと、覚えていたんだ!!!

もしかしたら、あの時の続きが出来るかもしれない、と5分か10分くらい迷い、思い切ってトイレに行きました。

あれ?誰も居ない・・・オジサンはもう帰ってしまったらしく、少しがっかりしてトイレを出ようとしたところで、オジサンがまたトイレに入ってきました。

個室の方に入っていったので、俺もつられるように後をついて行って、ドアを開けたまま、オジサンは俺の前でベルトを緩めて下半身を露出しました。

呪いでもかけられたかのように、俺は個室に誘い込まれて、俺も下半身を脱がされて、いきなりオジサンにしゃぶられたのです。

自分で触るよりも全然気持ち良くて、口の中で亀頭を露出されて舌で舐められて、からだが震えるように感じました。

で、最後は、全身に電気が走った感じで目の前が一瞬真っ暗になりました。

今まで味わったことも無い深い快感でした。

しばらく全身が震えて、呆然として動けない。

足もガクガク震えてて、立っているのもやっとな感じで、オジサンに寄りかかってる。

しばらく無言の時が流れて・・・オジサンが、『気持ち良かったか?口の中にいっぱい出たよ。』

その時は何のことだかわからなかったけど、それが俺の初射精でした。

そのオジサンとやったのは、そのときだけ。

今でもあの時の経験は鮮明に覚えています。

大学に入った頃から、燻ってたモノから解放されました。

今でも時々、おじさん達に弄ばれて性欲求解放しています。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。