Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】合コンでお持ち帰りして朝まで交尾っすwwwwwwwww

【ゲイ】合コンでお持ち帰りして朝まで交尾っすwwwwwwwww

お持ち帰り大作戦

北海道在住の商社マンさんからの投稿。イケメンの投稿者はよく友達や同僚からイケメン要員として合コンに連れていかれるのだとか。友達の頼みとあって断れずに着いていくものの、女だらけの飲み会が楽しいはずはない。そんなある合コンでのことだった、同じようにヒマそうにしているイケメン男がもう1人。あれ、もしやお仲間・・・

お持ち帰り

 

商社でリーマンやってる弘大です。182×62×25歳。

 

この前、同期の奴に合コンするからって来てくれと誘われました。

 

むこうはCAで6名、なのに野郎が3人しかいなくて。

 

その幹事役の奴が俺を誘ってきて、あと2名はそいつの大学の友達で物流関係の奴がくるってことですが、俺はまじで興味ねーーーーって感じでそいつの企画した合コンに付き合ったっす。

 

野郎6人新宿で待ち合わせて、合コン先へ。

 

みんなCAだってことでまじで興奮気味で勝負パンツはいてきたのだの、靴下履き替えてきただの、まじで俺的には馬鹿かこいつら、と思いつつ、合わせてたっす。

 

俺はまじで興味ねーから、仕事で汗ぐっしょり、体ベトベト状態のまま待ち合わせ場所へ。

 

他の奴に「おまえ、気合いはいってねーじゃん」とか言われつつも同行したっす。

 

でも俺のテンションが急激に上昇したんすよ。

 

物流関係の2人と始めてあったんだけど、物流といっても運輸で二人とも超体格良くて、一人はCA相手の合コンっていってノリノリの奴だったけど、もう一人は俺と同じ臭いを感じたんだ。

 

そいつは顔はまあ普通だけど、性欲がみなぎっているような脂っぽい面がまえで、スーツはかなりパツパツで体格が強調されてるんだ。なにしろ胸囲がすげー。

 

俺はまじでテンション急に上がった。

 

そいつはノリノリとはほど遠くて、「おまえらすげーな」なんて言ってさめてる。

 

俺とそいつはなんか醸し出す雰囲気がにてるのか、二人で話す機会が増えていったんだ。

 

俺もハンドやってたから、胸囲とかもパツパツだし、かなり肉体派だけど、そいつもすげー。

 

二人で運動の話とかでもりあがって、合コンでも隣同士。

 

CAの奴らは、まじで気取って遅れてきやがるし(まぁ俺的には関係なかったけど)、他の奴らはまじで勃起しそうだぜ、とか今日何発もできそうだぜ、なんて卑猥な話で盛り上がってる。

 

俺たち二人は、「あいつら野獣だな」なんて言いながら楽しく話してたんだ。

 

そのうち、CA達と盛り上がって(俺は女には一応受けるからかなり場は盛り上げた)、それぞれ、メルアド交換とか秘密にして、俺はそいつとのメルアド交換して、まぁ、途中で消えた奴もいたけど、23時に終了したんだ。

 

そしてそれぞれの電車で散り、俺もJRに乗ってたら、メールがきた。

 

そしたらさっきの奴で、「俺たちで飲み直そうぜ。」ってきたんだ。

 

俺もかなり酔っぱらってたから、その体格のいい物流の奴からってわかっていながらなんか酒もはいってたし、嬉しい反面、頭がこんがらがって、消えた奴からメールだとなぜか勘違いして、「今からセックスか?」って訳のわからないメール送信。

 

送信したとたん、あっ、まじった。やべー。もう送信完了、の文字が出て終了。

 

やべーーー、と思ったが、返事きたら、間違えたことを送信すればいいかってまたJRの中で寝ようとしたら、返信がきた。

 

そして一気に眼がさめた。

 

「やっぱりっすか、いいっすよ、俺もまじでやりてー。新宿に戻ってこいよ。やろーぜ。」って返信。

 

俺は頭がこんがらがった。これってまじで何だ?

 

俺ってもしかしたらあいつとセックスできんの?って感じで、急に俺のノータッグスーツのズボンは完全勃起。全身から汗吹き出してきた。

 

新宿のラブホがある地域で待ち合わせして、普通のラブホへお互い時間差で入った。

 

まぁ、奴が先にチェックインしておれが部屋番号聞いて部屋入り。

 

部屋に入ったとたん、俺たちスーツのまま、まじでベトベトの体と顔で、まじですげーキスのし合い。

 

お互い顔中、唾液だらけぐらいのまじで激しさで、舌の吸い合い、唾飲み合い。

 

お互いスーツ越しだが、完全に堅くなってるマラをこすりつけあって、まじですごかった。

 

奴のYシャツの下から乳首攻めてやるとすげー声あげてる。こいつ受けだな、って俺は直感した。

 

俺は自分のズボンからマラと金玉だけ出して、そいつに「なめろよ」って命令口調。

 

奴、「でけー、まじで雁すげー。」っていってくわえさせた。

 

奴の短い髪の毛をつかみ、強烈にくわえさせて、俺まじで興奮。

 

奴が座りながら自分で自分のズボンのジッパー下げ、マラをつかみだし、自分でしごきながら俺のをくわえてる。

 

俺は汗でしなってる黒革靴で奴のマラをいじってやると、奴が「すげー、おまえすげー」ってむしゃぶりついてくる。

 

奴のフェラがまじでうまくてまじで俺いきそうに何回もなる。

 

俺が「おい、俺の革靴ぬがせろよ、くせー俺の臭いかげ」って命令してやった。

 

俺のつま先の白くなってくさすぎる靴下が露出すると、奴は躊躇してたが、かぎ出してなめようとしたから「かげっていってんだろ」っていってやった。

 

そしたら、「おおおお、たまんね」っていって、かいでる。

 

俺はたまらなくなり、奴のズボンを脱がし、穴をなめた。

 

奴はもうやばいくらい興奮してたから、ベッドへいき、奴の足を真上にあげて、上から奴のけつ穴を串刺しにしたやった。

 

まじですげー良すぎるって感じでおれは上からファック。

 

奴の足が俺の顔のすぐそばで、まじで奴のグレーの靴下のくせー臭いがまじで興奮しておれもかぎながら、つっこみまくり。

 

その状態で射精。

 

そしたら奴がまだぬれまくった勃起したマラだして、俺にいれさせろって迫ってきて、俺もいれられて、まじですげー感じて、俺は奴がいきそうになる前にところてん。

 

1回戦おわって朝の3時。お互いにまだ勃起したままで、2回戦突入。

 

3回戦おわったのが朝6時。お互いに抱き合って少し眠って、お互いに会社に出勤した。

 

まじで今日は昨日のセックスでまじでくたくた。

 

合コンいった奴らには、おまえ、昨日と同じ格好で、誰とやった、としつこく迫られた。

 

奴らの中でおれは超女キラーになってる。不思議なもんだよな。人の噂ってあてにならねー。



 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング