ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】DSの頃、年上の従兄弟とチンポ扱き合いしてましたwwww

【ゲイ】DSの頃、年上の従兄弟とチンポ扱き合いしてましたwwww

扱いて精飲

兵庫県在住の息子さんからの投稿。小学生の頃、部屋でオナニーしてたところ12歳年上の従兄弟に見られてしまったという投稿者。そして、従兄弟にエンドレスで扱かれることに・・・・・
兜合わせ
もう10年ほど前の話です。

1つの敷地に2つの建物がある祖父母の家に行っていました。そして隣には、いとこ一家が住んでいました。

そこには週1のペースで1人で行っていました。

いとことは、温泉など一緒に行ったり、ゲームをしたりするような仲でした。(いとこは12歳年上)

そしてある日、祖父母の家に急遽泊まることになりました。流石に当時10歳だったので1人で寝ました。

それはいとこの窓を挟んだ隣の家でした。(いとこは僕が泊まったのとは違う建物に居住)

何故かその日の夜、性欲が抑えられませんでした。 そのため、シコるしかありませんでした。

かなり夜遅かったので、誰もいないだろうと思い、電気をつけてやってしまいました。するといとこの部屋の明かりがついたのに気づきました。

するといとこに、「こっちにおいで」と言われました。なのですぐに祖父母にいとこの部屋に行ったという紙を残しすぐにいとこの部屋に行きました。

すると、もうモッコリしていました。そしてすぐに僕の股間に手を突っ込まれシコられました。

僕はその当時、チンポは大きい方で勃起時では13㎝近くありました。そしていとこはさらに大きく勃起時で19㎝ほどありました。それで僕はさらに興奮しました。

そして今までにないくらいの回数をシコられ今までにないくらい量の精液が出ていました。気づいたら、ローションまみれになっていました。

そして、たくさんシコった後、僕といとこも流石に疲れぐったりしていました。気づくともう朝になっていました。そして、そろそろいとこの母に気付かれるので、気づかれないようにこっそりいとこといとこの家を出ました。

その時に紙にいとこと出掛けると書きかえて出かけました。いとこは自分の車も免許も、持っていたので、それで某ホテルに行きました。(その日は土曜日)そしてそこでも体が潰れそうなくらいシコりあい、相手の精液を飲みを繰り返しました。

そうして、日曜日に帰ってきました。祖父母はいとこをかなり信頼していたので別にいとこと2日間いなくなっても何も心配しなかったそうです。

それをきっかけに金曜日になるとよくいとこの家に行きそのようなことをするようになりました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。