ホーム » 彼氏 » 【ゲイ体験談】高校の修学旅行でまさかの2人部屋!!?

【ゲイ体験談】高校の修学旅行でまさかの2人部屋!!?

ドキドキの就寝時間

滋賀県在住の高校生からの投稿です。高校3年になって修学旅行の時期が近づいてきたという投稿者。同じクラスには幼馴染のマサがいる。ずっと気になっていた男子生徒だ。ある日、宿泊先のホテルで誰と同じ部屋にするか決めていたのだが・・・・・・
フェラされるホスト系男子
高校3年の修学旅行。

学年が始ってすぐに旅行のメンバー決めが始った。

俺たちの担任はかなり放任主義で、ホームルーム開始時の一言目は「男子は男子で、女子は女子で決めとけよ。」と。

幸い俺には中学のころから仲のいいヤツも何人かいたし、余るようなことはなかった。

さっそく宿泊先の部屋割りを決めることになった。決めるといっても基本は一緒の部屋。

ただ2日目だけは1部屋3人なのだがクラスの人数の都合でどこか2人の部屋ができてしまう。

黒板に書かれた部屋番号とマスの下に自分たちの名前を書くようだったのか、もう3人の部屋は他のクラスメイトの名前で埋まっていた。

俺たちは旅行先の話で盛り上がっていて気がつかなかった。

「マジ?俺らの中で2人になるの決めるわけ?」

教室に声を響かせたのはマサだった。マサは小学校3年ぐらいからの長い付き合いで、中学の頃、俺が「ゲイ」であることに気づく前から気になっている存在だった。

「ならさー、もうジャンケンで決めようぜ」

単純に同じものを出したヤツが2人そろった時、その2人が2人部屋になる。

こうして俺とマサは同じ部屋になってしまった。俺は内心うれしかった。

その日の夜、俺は布団に入りながら全く寝付くことができなかった。修学旅行のことばかり考えていた。何を持っていこうか、どんなコースにしようか。そしてマサとHな展開になったらどうしようと・・・・

いろんな妄想を膨らませシュミレーションもしたが若干、不安だった。

うれしかったのは間違いないが、俺はゲイだ。もちろん俺は自分がゲイであることはカミングアウトしていない。オマケに俺はマサに惹かれているところがある。

「もし、ゲイだってバレたらどうしよう。」そこが一番の不安。

たった1日しかも1晩ではあるが、俺とマサは1つ屋根の下で夜を共にするわけだ。俺がぎこちなかったら不振に思うこともあるだろうし。

修学旅行の前日、いろいろ考え過ぎて自分が嫌になった俺はシャワーを浴びてすぐ布団に入った

そして、あまり寝れないまま時間はあっという間に過ぎて修学旅行当日を迎えた。

そのときにはそんな不安なんて、忘れてしまっていた。俺たちは1日目をめいいっぱい満喫した。楽しくて楽しくて仕方がなかった。けど、その時が近づくにつれ、あの不安が蘇ってきた。

2日目の夜。ホテル6階にある●●高校会場で晩飯を済ました後、俺は仲間と一緒にたわいない会話をしたり、トランプをしたり盛り上がった。その時コンコン、とノックの音。風呂の順番が回ってきたようだ。

このホテルの屋上にある浴場。露天風呂もある。公共の場であるから、一般のお客さんに迷惑がかからないよう、グループごとに入浴時間があるのだ。

「よっしゃ!いこーぜ!」

トランプを中断し、早速入浴の準備にかかる。俺たちは自分たちの部屋に道具をとりに帰るのだが、マサの様子がちょっとおかしい。トランプを始めるぐらいから元気がないのには気がついていたが、なんでも気分が優れないようだ。

「俺さ、やめとくわ。部屋に風呂もあるし、部屋で寝てるわ。」

俺はガッカリだった。せっかくマサと風呂に入れるのに。いやむしろ

「マサの裸が見られるのに」だろう。

「なら俺も。」

楽しみがなくなり、風呂に入る気もうせた。遅いのが気になって呼びにきたヤツらに事情を話して、俺は部屋でマサと喋っていることにした。

「風呂は?」

「マサも心配だし、俺はやめといた。」

「サンキュ…。」

マサから笑みがこぼれた。不謹慎な理由からではあったが、純粋にうれしかった。マサはそのままベットで寝てしまった。俺は売店でジュースを買いに行く途中に、風呂にいった仲間と合流。マサは先に休んでいると説明したあと、そいつらの部屋で今度はUNOをすることにした。

10時。学年担任の先生が見回りをしている。もう就寝の時間だった。部屋に帰るとマサが相変わらず熟睡。俺はそっとカバンから洗面用具を出して部屋にある風呂に入ることにした。

「―疲れた。」

シャワーを浴びながらそんなことをボソっとつぶやく。もうこの風呂は使わないわけだし、俺は浴槽の中でオナニーをした。おかずは当然マサ。性欲処理を終えて、浴槽の液を流し風呂を後にする。ちゃっちゃとスウェットに着替えて、ベットに入る。静寂が続く。。明日はなんだったかな…。どんなことを考えながら眠りに落ちようとしたその時。

「…あのさ。」

驚いた。マサの声だ。なぜドキっとしたかはわからない。たぶん風呂のオナニーが理由だろう。

「もしかして、起こした?」

「…まあな。」

「悪い。」

シーンとした部屋に微かに響く短い対話。この雰囲気はなんだろう、すごくドキドキする。

「あのさ…。」

「何?」

なにか言いいたそうだが、静けさもあってかなかなか話が進まない。ケータイのメールのバイブ音とほぼ同時に、マサは思いもしないことを口にした。

「寒くね?」

はっ?と思った。確かにまだ夏にはなっていないが、春の陽気とでもいうか、寒いことなんてない。もしかして風邪なのか?と思い起き上がり、ふと見るとあぐらをかいて座るマサの姿がぼんやりと見えた。

「寒い?まさか熱でもあるんじゃ…。」

「…ちげーよ。」

「じゃ、なんだよ?」

「…。」

マサは立ち上がると、そのままフラフラとトイレへ行ってしまった。寝ぼけてるのか?少しイラっとしたが、旅の疲れと眠気で俺は気に留めずまたベッドに横になった。トレイから戻ってくるマサの足音が聞こえる。床のじゅうたんをするような音だ。

すると次の瞬間、「バサッ!」明らかに重たいものが俺の横に落ちてきた。それはすぐにマサと知れた。

「おい…。」

俺の理性はふっとびそうだった。それはそうだ、あのマサが今俺の横で、しかもベッドで横になっているのだから。でも。。もしかして、とか考えてしまう俺がいた。

「おい…、本当に寒いのか?」

「…寒いていうかさ…。」

「なら俺のベッド使えよ、おれお前の方でもいいし。」

「ん…。」

なんなんだろう、マサは俺の布団に入り込む。俺は起き上がりさっさと移動しようとするが…。マサの手が、俺の足に乗っかっている。ますますマズイ。。ギンギンに勃ってしまった俺はマサに気づかれぬよう、そっと動く。

そのとき。。マサが俺のチンコを掴んだ。

!!!???

何が起きたか分からなかった。耳の当たりが熱くなって、心臓がドキドキして。なのにマサは落ち着いた声で

「勃ってんじゃねーよ…。」

まさかまさかと思った。あのマサが、ずっと見てきたマサが。。俺はそのまま動けなくなり、マサはそのまま俺のベッドに入ってくるのをただただ待ち構えるだけだった。

そしてマサは俺に軽いキスをした。この時の俺は何を考えていたかは分からない、でも耳の辺りが熱かったことだけはしっかり覚えている。そのまま俺たちは無言のままキスをした。何度も何度もキスをした。最初の軽いキスの後はディープキスをした。

そしてふただび沈黙。

マサが俺と重なるのを感じているとマサはボソっと言った。

「俺さ…たぶんゲイなんだ。」

俺はこの世にこんなことがあるのかと思った。そして目をぐっとつぶって「神さま、ありがとうございます」と祈った(と思う)。マサは俺のスエットを脱がそうとする。マサはジーパンを脱ぎ捨てて上も脱いだ。暗くてよく見えなかったと思う。だけど俺の体に触れるマサの体はすごく筋肉質だった。さすがに風呂に入っていないだけはある、汗のにおいがして、俺はますます興奮した。

マサと俺はお互いのソレを闇雲に触りあった。しごいたり、タマを握ったりした。時々お互いの先端が触れ合って、刺激が走った。かけ布団を払いのけるとマサは俺の脚を脇に抱えた。次の瞬間、俺の肛門に何か触れる感じがした。

「まてまて!」

さすがにハッとした。マサは「行為」に移るつもりだったのだ。

「嫌か?」

「嫌じゃねーけど、無理!」

結局、その晩はお互いのを触りあったりするだけだった。お互いイってしまった。深夜、また風呂に入る。先生にバレるんじゃないか、ヒヤヒヤしたのを覚えている。まさかこんなことがあるのかと、シャワーを浴びながら何度も何度もこの現実を疑った。

後から聞いたことだが、マサは前からなんとなく俺がゲイなんじゃないかと気付いていたようだ。それで今日、俺がゲイじゃないか確かめるためにウソをついたらしい。ゲイなら残ってくれるだろうから、そのまま…だったらしいけど、俺が切実だったらしく、気が失せたらしい。

3日目の夜、3人部屋だったからムリだったけど、旅行を終えた振り替え休日の2日目。

いろいろと溜まってしまった俺たち。昼真っから俺はマサと3回もヤってしまった。

 

カテゴリ:彼氏の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。