ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】DK時代、ヤリチン同級生にフェラさせてもらった結果wwww

【ゲイ】DK時代、ヤリチン同級生にフェラさせてもらった結果wwww

人生初のフェラ

埼玉県在住のたくやさんからの投稿。高校時代、友達に自称デカマラのヤリチンがいたという投稿者。ある日、女を虜にするチンポを一回見せろ!という流れになり、目の前にチンポを突きつけられたんだとか・・・・・・
デカマラをフェラする男性
これは自分が高校1年の時の体験です。

ちなみにこの日まで自分はいたってノーマルでした。

同い年の友達にマサヒコという、ヤリチンがいました。

その日はマサヒコの部屋に自分とマサヒコを含めた4人で集まって、マサヒコの今の彼女の自慢話を聞いていたのです。

その彼女は、当時ブレイクしつつあった広◯涼◯にそっくりで、先日ついに、自分のデカチンで食ってやった!みたいな話でした。

その話の流れから僕は、「デカチンってどのくらいだよ?」と聞きました。

するとマサヒコは「なら触ってみ」とズボンをおろして、トランクスの上から触るように言いました。

この時に僕は嫌悪感ではなく興奮したのです!そして少し躊躇しながらも触ると、勃起していなくても僕のモノよりも太いモノに驚き、勃起させるとどのくらいなのか知りたくなり、「勃たせてよ」と言いながら擦りました。

すると、勃起したマサヒコのモノはロングのコーヒー缶と同じくらいのサイズでした!

僕は興奮して「直に見ていい?」と聞くと、トランクスを脱ぎすぐ目の前に立派なモノが突きつけられました。

するとマサヒコは「舐めたいなら舐めていいから責任とってよ」と言ってきました。

後で言われたのですが、その時の僕の顔は、しゃぶりたそうないやらしい表情だったそうです。

僕は躊躇なくしゃぶりつきました。初めての経験だったのですが、マサヒコは気持ちよくなってくれて、口の中に射精されました。

しゃぶっただけなのに、僕は今までに感じたことのない快感の中にいました。

そして、ふと気づいたんです。この部屋には、僕とマサヒコ以外にもあと2人いたんだと・・・・あまりの興奮と快感に溺れて忘れていたのです。

この後、この2人のモノもしゃぶらされました。

そして、その後の高校生活の間はこの3人と3人の知り合いで僕に興味を持った人のモノを口で処理するようになりました。

今は縁が切れてしまったけれど、あの日々は最高の興奮と快楽を感じていた日々でした。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。