ホーム » イケメン » 【ゲイ】家を訪ねてきたイケメン営業マンに勃起マラ晒した結果

【ゲイ】家を訪ねてきたイケメン営業マンに勃起マラ晒した結果

夜勤明けの疲れマラ

神奈川県在住のHarukiさんからの投稿。夜勤明けで寝ていたある日、インターホンの音で目を覚ましたという投稿者。苛立ちながらドアを開けると細身のイケメン営業マンだったという。そして、この時投稿者は自分が全裸だったことにようやく気付いたんだとか・・・・・・
フェラチオするイケメンさん
夜勤明けで寝てた。

うるさいピンポンに苛立ちながらドア開けると、俺と同年代の20代半ばくらいかな?細身イケメンが挨拶してきた。

とりあえず中へ通し用件を聞くも、営業トーク全開だったイケメン君がトーンダウン。視線が俺の股間に向けられてた。

そういや全裸だった笑

疲れマラが現れたイケメン君に反応してて、亀頭から汁が糸引いて垂れていた。

そんなチンポをガン見するイケメン君に「欲しいの?」と聞いてみた。

頷くイケメン君。

跪いて咥えてきた。

3日くらい溜まってたから、あっという間にイケメン君の口中に射精。それでも治まらずビクンビクンしてる俺。

イケメン君がベルト外してスラックスから勃起したチンポ出したから咥えてみた。頭上から「掘られたいです」とか細い声。

「入る?」

俺のはイケメン君の手首くらいの太さがあったけど、イケメン君は譲らない。

イケメン君を裸にして風呂場へ。穴をキレイにしてバックから挿入。

意外とすんなり入ってガンガン掘った。

濡れた身体を拭くのも漫ろに部屋へ。

騎乗位で下から突き上げると、イケメン君はイイ声上げながら俺の頭まで飛ばす勢いで射精。

肩で息するイケメン君を抱えて倒して正常位。

ガンガン突いてキスしながら俺はイケメン君の奥に種付けた。

そのまま寝入ってしまって、起きた時にイケメン君は居なかったけど、傍の机にメモ紙があって…

関係はイケメン君が他県に転勤するまで続いたよ。

今は結婚してるイケメン君なんだけど、近々、俺の住む街に来るらしい。

父親になるっていうのに…俺と子づくりしたいんだってさ笑

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。