ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】シックスパックのスジ筋コーチが褌穿いてたwwwww

【ゲイ】シックスパックのスジ筋コーチが褌穿いてたwwwww

褌の上からモミモミ

群馬県在住のフミフミさんからの投稿。学生時代、陸上競技に明け暮れていたという投稿者。毎年、夏になると陸上合宿があったらしいのだが、ある日の深夜、悪ふざけで寝ている学生やコーチのチンポをチェックしていたんだとか・・・・・・
イケメンのスジ筋男性
昭和45年頃、私が学生の頃は陸上を熱心にしていた。

田舎と都会の差が今よりも大きく、ユニホームなんてほぼほぼ海パンのようなものだった。

だけど、大好きな陸上ができてよかった。

ある日、夏期合宿に入った。

ユニホームは無償の代わりに着回しで、貸している時は裸で更衣室で待っていた(笑)

飯や風呂のあとは、コーチや新任顧問らと一緒に大広間で雑魚寝…

そんなある日のこと、23時頃だったろうか…

「おい!中村!おい!起きろ!」

ふと、私の名前を呼ばれた。目を開けると、友達のヤマがいた。

何だよ…とか思いながら起き上がると皆寝ていた。

「なぁ!みんなのムスコ見ねぇか?」半笑いでヤマは言った。

そう言いながらヤマは隣の笠原の半パンをおろし、白のブリーフを撫でた後、そのパンツもおろし、私に見せつけた。

平均より大きめで太く包茎だ。毛がチラホラ、ヘニョヘニョあってごく普通だった。

つまんねぇ〜と言わんばかりにこんどは新任顧問に手を出そうとした。

「おい!」私はそう叫んだ。

いくら熟睡だからといって…よいのだろうか…そう戸惑ったからだ。

しかし、フンっ見てろよ!みたいな顔をしながら来ていたジャージ質のズボンを下ろした。

どん!と13はありそうな大きさのムスコが出てきた。もちろん毛深い。どうやらノーパンのようだった。

「なぁ!中村!剥いてみろ!」

その顧問は若干ピンクの亀頭が出ていて、まだ剥けるようだった。

ズル…ズッ…うっ…アンモニア臭と変な男の臭いがした。臭いはずなのに…勃ってしまった。

ヤマには「何勃っとんねん」と笑いながら言われ、すこしシコられたが今度はお前がやれ!とコーチの寝込み襲いを頼まれた。

「お、お…」

ドキドキしながらジャージ質のスボンをめくる…

今度はノーパンではなく、ふんどしだった。先生は40くらいだったから昔ながらの昭和の男だった。

鍛えられた腹筋とふんどしの間から毛がはみ出ているのがエロい…

もっこりするふんどしの柔らかい部分を撫でた。

すると、なんとコーチが起きてしまった!

「おい!何してんだオラ!お前らこい!」

小さく怒鳴ると、手を引っ張られながらトイレへ。

2人で裸にされた後、「お前らの大人の証!チン毛をなくす!」

そう言いながら、罰として髭剃りで私達の毛を剃る…

「ごめんなさい…ごめんなさい…」

謝りながらも、きれいに剃られていく私達。

翌日のお風呂では、新任顧問や同行者ら大人達と入り、体を洗わされた。

手は使わず、ムスコを使って。

そして、勃った場合は「見てください。」と言いながらシコらなくてはならなかった。

地獄の合宿となった。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。