ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】女性化願望!女装してフェラチオしてみた既婚さん

【ゲイ】女性化願望!女装してフェラチオしてみた既婚さん

女として解放された俺

福岡県在住の部長の男さんからの投稿。発展場で出会った年上の彼氏がいるという既婚投稿者。その彼氏に女性化への願望を見抜かれていた投稿者は女装イベントに連れて行かれたという・・・・・・
女装子さんのフェラチオ
何度か続けて投稿してるけどこれも露出願望の表れかもしれないね、それと部長が発展的な人で色んな体験をさせてくれるからかもしれない

やり尽くしたというと大袈裟だけど俺の願望はかなえてもらってるよ。

AVを女性側の立場で見て興奮するって最初に書いたと思うけど俺はゲイというより女性となって男に抱かれたいタイプなんだ。でも、女装したいとかは考えてなかった。

部長の部屋の掃除とかするって書いたけど、これも最初は部長に頼まれて始めた事なんだよ。俺自身気がついてない女性化への願望を見抜いていたんだと思う。

今日はそんな話を書くよ。

連れて行かれたのはニューハーフの集まる店。その日は初心者に化粧をするイベントが行われていた。

もうその頃は戸惑いなんてなかったから化粧をしてもらいカツラをつけスカートも抵抗なく身につけた。残念ながら鏡で見て綺麗だとは思わなかったね。

発展場とは違う雰囲気、ラウンジコーナーでは数人の男女?が会話をしている。奥に見える区切られた場所にはマットがひかれカップルとなって身体を寄せ合っている。

「女になれよ、女になってしゃぶるチンポは美味いぞ」

不思議だけど自分の容姿が気になって発展場のようには声をかけられなかった。

痺れを切らした部長がカップルに声をかけて連れてきた俺は2人に挟まれ女性として話しかけられた。

「解放された感じでしょう?あなたの中の女が気持ちよくなりたいって言ってない?」

「ドキドキはします」

「ダメよそんな男みたいな喋り方、女子らしく言葉を選んで」

「すごくドキドキしてます、自分の姿が気になって恥ずかしいです」俺は声のトーンを少しあげ女性のようにしゃべった。

「私の彼のチンポしゃぶってあげて」彼女から耳元で女性のようにと何度も囁かれる。

女性の格好で男性のモノを口に含むといつもと違う感覚がした。

「お姉さん、彼に抱かれたい」

「いやらしい女の子ね、会ったばかりで名前も知らないのに」

「ごめんなさい、でも私、女の子になって抱かれてみたいの」

プライベートな空間に場所を変え、男性と唇を合わせた。男同士なのだが部長とは違う気がしていた、それは自分が男としてではなく女性として身を委ねているからだと思った。

部長の前で2人にブラウスの上から愛撫され女性のように喘いだ。男性は女装したままのアナルにゆっくりと入ってきた。

「あああっ」気持ちは完全に女になっていた。

男性との行為が終わると部長が「この淫乱女が、誰でもいいのか?」と。

「ごめんなさい、そんな事ありません」

「すっかりメスの顔だったぞ、望みが叶っただろう?」

部長は女性に対してはサディスティックになる性癖があるらしく、その日以来、部屋にも女装道具が準備された部長が女装を求めた時は俺の快感など関係なく乱暴に犯されるようになった。

「お願い許して」と叫ぶ私を押さえつけ犯される。それに感じてしまう私、そして男として抱いてもらう時の優しさのギャップが2人とも病みつきになった。

女装するように言われ部屋で待っていると部長は男性を連れて帰ってきた。

「紹介しよう、新しい友人だ」

「えっ?」

「おい、ビールだ」

2人はソファーに座った。

2人はビールを飲みながら股間に手を伸ばしている。女装する時は他の男性が来て2人の行為の手伝いをさせられ、気が向けば2人に犯されるようになった。

そして、出張やゴルフと言っては部長の家に泊まった。女性相手の不倫なら発覚に注意が必要だが男同士気にする必要はない。

バスルームでローションをつけソープのようにボディー洗いをする、部長との兜合わせを繰り返し何度も射精させられる。混じり合う精液のグチャっていう音が次の快感を求めている

でも部長は数年で転勤するはず、こんなに刺激的で快感に溺れている俺はどうすればいいのか不安になる。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。