ホーム » レイプ » 【ゲイ】緊縛監禁!4日間寸止め地獄を強行された大学生の末路

【ゲイ】緊縛監禁!4日間寸止め地獄を強行された大学生の末路

鬼畜なおじさんたちに・・・

都内在住のユウキさんからの投稿。元々少しだけ男性に興味があったという投稿者。大学生になり初めて出会い系で50代の男性と知り合ったという。とりあえず最初はお話だけという約束で会うことになり・・・・・・
拘束レイプされたノンケ
22歳の大学生です。元々少しだけ男性に興味があり、出会い系を利用して50代の男性と会いました。

とりあえず食事しながら話すだけと言う事で、居酒屋で食事たんですが、かなりお酒を飲まされてしまい、終電も無くなり男性の家に泊めてもらう事になりました。

怖かったですが酔っていたのもあり気持ちも軽くなっていて、すぐにでも横になりたいと思い彼の家に行きました。

部屋に入ると2人の男性がお酒を飲んでいて「今日はこの子か、可愛いじゃないか」と言われ、怖くなり帰ろうとしましたが無理矢理押さえつけられでテーブルに大の字に縛られてしまいました。

それから服をナイフで切られて裸にされ「色白で華奢で良いじゃないか、これは楽しめるな」と言われました。

3人に身体を撫で回され舐められ、嫌だけど感じてしまい、すぐにイきそうになりましたが、そうすると止められ、また身体触られては止められるを何十回も繰り返されて下腹部に痛みが走り、玉は攣るように痛みましたが結局朝方まで責められ続けました。

そして「今日はここまでだな、続きは夜にしてやるよ」と言われて大の字のまま目隠し猿ぐつわ耳栓に紙おむつを履かされて夜まで放置されました。

夜になると全身にオイルを塗られて撫で回され、また何十回も寸止めをされて次の日まで放置されました。

次の日は乳首に洗濯バサミをつけられて身体中に蝋燭を垂らされ、蝋を鞭で叩かれて落とされました。

結局、4日間監禁され寸止めや痛みを与えられ、最後にテーブルに四つん這いに縛り直されて無理矢理犯されました。

犯されても痛みだけで感じることはなかったですが、全て終わるとやっとイかされました。

イく瞬間は気持ちよさは全く無く、もの凄い痛みと一緒に精液を放出しました。

ほとんど動けない僕はジャージを着せられ家の近くの公園に捨てるように解放されました。

「もう知らない人信用しちゃダメだよ。あと写真も動画もあるから変なこと考えないでね」と言われました。

大学も体力戻るまで1週間休みました。

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    鬼畜の域を超えてもう犯罪だから。
    投稿者さんは通報した方がよかったと思います。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。