ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】初エッチ!彼のデカチンが前立腺に当たっちゃうwwwwww

【ゲイ】初エッチ!彼のデカチンが前立腺に当たっちゃうwwwwww

初体験でトコロテン

福岡県在住のらこぴさんからの投稿。中学時代、ずっと好きだった先輩に勇気を出して告白したという投稿者。すると意外なことにあっさりOKしてくれ付き合うことになったという。そして、先輩の家でお泊まりする事になり・・・・・・
先輩と後輩
僕はバイで、彼氏がいます。

その彼氏は中学3年で僕の先輩です。

僕たちが付き合うようになったのは僕が告白すると、先輩はOKしてくれたからです。

そして、先輩の家でお泊まりすることになりました。僕はとても楽しみでした。

先輩の家ではテレビゲームをしたり、焼肉したりで楽しかったです。

その日の夜、先輩はいきなり僕にこんなこと言ってきました。

「エッチしてみる?」

僕はとても驚きました。先輩はそういうこと普段は言いません。

実際、ぼくも先輩と関係を持ちたかったので、ゆっくりと頷きました。

そしたら先輩が僕の口にキスをしてきたのです。先輩の唇と舌はとても暖かかったです。

キスの途中、僕は勃起してしまいました。それに気付いた先輩が優しく握りました。

先輩が「触って」と言うのでぼくも先輩のチンコを優しく握りました。先輩のチンコはとても大きく、中学三年生とは思えないほどでした。

僕は興奮してきて、「舐めてもいい?」って聞いてしまいました。けど、先輩はOKしてくれました。自分で言っておいて驚いてしまいましたが、とても嬉しかったです。

僕は先輩の脚の上に乗り先輩のチンコに顔を近づけました。とても綺麗なチンコで、僕のチンコも大きくなりました。

僕は先輩のチンコを口の中に入れ吸うようにしてしゃぶりました。先輩は声を出すのを我慢してました。僕はそんな先輩をいじめたくなっちゃったので亀頭を責めていました。

そしたら口の中に生暖かい感覚を感じました。先輩が僕の口の中に射精をしました。

そしたら、先輩が「入れたい」と言いました。

僕は、頷きました。

先輩のチンコは射精したのにも関わらず、とても硬くて大きかったです。

先輩は持っていたローションを使って僕の穴に指を入れて、中で掻き回してきました。「んっ」という声を我慢していました。

すると、先輩が「入れるね?」と言うと、僕のおしりの中に異物が入る感覚がありました。特別快感という訳でもなく、こんなもんなんだなと思っていたら先輩が僕を抱きしめて、腰を動かしました。その時、今までにない快感を覚えました。先輩のチンコは大きかったので前立腺に当たっていたのでしょう。

僕はついに女のような声を出してしまいました。すると、先輩の腰の動きも激しくなっていきました。そのとき、先輩「んっ」、「あぁっ」という声を出していました。それを続けていると、おしりの中に先輩が中出しをしました。

それと同時に僕もイってしまいました。これで初めてのSEXはおわりました。

お泊まりも終わり、学校が始まりました。

学校で先輩に会いました。先輩はトイレに行こうと言ってきました。なので一緒に行きました。

その時、僕は我慢出来なくなり、おしっこがついた先輩のチンコにしゃぶりつきました。フェラを続けていると、先輩は「あっ」と言って射精しました。

そのとき、先輩の同級生にバレてしまいました。その後は、よく覚えていません。

ですが、今では疎遠になってしまった先輩とまたやりたいと思っています。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。