ホーム » 発展場 » 【ゲイ】大学生(21)が初めてハッテン場に行ってみた

【ゲイ】大学生(21)が初めてハッテン場に行ってみた

開店直後に行ってみた

地方から上京して大学生活を楽しんでいる投稿者。割と早い年齢で男性経験も済ませていたが、地元は田舎だったため発展場には行ったことがなかったらしい。そして、21歳になりついに発展場デビューすることに・・・・・
ゲイの乱交パーティー
俺は21歳の大学生です。

遂に初めてハッテン場という所に行きました。学校が休みだったので平日でしたが思い切って開店時間に合わせて行ってみました。

一階の扉を開けるとすぐに受付があり、料金を払い、説明を受けてロッカーに進みました。ロッカーで服を脱ぎ、シャワー室でシャワーを浴びました。体を拭き、ローライズボクサーを履き、とりあえずエッチなビデオが流れている休憩室で煙草を吸いました。

開店時間すぐだったのでお客は俺1人でした。

ボォ~とビデオを見てると、受付の扉が開き、茶髪の同じ年くらいの店員が出てきて、トイレに入りました。

そしてトイレから出てきた店員は俺が見ているビデオ画面の下の雑誌を整理しました。

店員が「まだ早い時間だからヒマだね。あと1時間くらいすると少しずつお客さん来るよ」と声を掛けてくれました。

俺は「はい。ビデオを見て時間潰します!」と答えました。

店員は受付の中に戻って行きました。しばらくして受付の中からゴソゴソと物音がしたので、俺が受付の方に行ってみると少し扉が開いていました。

俺が少し覗いてみると、店員がデニムのファスナーを下ろし、勃起したチンチンを出していました。俺は店員と目が合ってしまい、扉を閉めようとしましたが、店員が「中に入っておいで!」と言いました。

俺はヒマだし、その店員が少しだけタイプだったので受付の中に入りました。

店員の勃起したチンチンは18センチくらいの巨大なものでした。それを目のまえで見た俺はすでに勃起してしまい、店員が俺のボクサーをずらして俺のチンチンを握ってきました。

ちなみに俺のチンチンは14センチで普通サイズです。

店員は俺のチンチンをしゃぶりながら、自分の巨大なチンチンをしごいていました。

俺はすごく気持ち良くなり、店員のチンチンに手を伸ばしました。

握ってみると、やはり驚くほど大きく固かったです。俺は店員と向かい合って、お互いのチンチンをしごき合いました。

しばらくして店員が「掘って!」と言ってきました。

俺は苦手だがコンドームをつけ、店員のケツに突っ込みました。

店員は自分で淫らにケツを振り、自分のチンチンをしごいていました。俺も気持ち良かったが何故か少し冷静でした。

掘り始めて数分で店員は自分でしごきながら射精しました。俺は不発でした。

店員がコンドームを外してくれ、「すごく気持ち良かったよ。ありがとう」と言って俺に缶コーヒーをくれました。

俺はボクサーを履き、再びビデオを見て、お客が来るのを待つことにしました。

ビデオを見ているとすぐにお客が1人やってきました。20代半ばに見える短髪の人でした。そのあとすぐに20歳前後の大学生風と30歳くらいのスーツリーマンの2人が来ました。

それぞれにシャワーを浴び、3人が俺の居る休憩室に来て、ビデオを見ていました。

俺は30歳くらいのスーツリーマンがタイプだったので、スーツリーマンのボクサーのモッコリを見ていました。

しばらくして短髪の人が上の階に上がって行きました。

すると、20歳くらいの大学生風の人が俺の隣に座ってきました。彼は俺のボクサーの上からチンチンを触ってきました。

俺も彼のビキニの上からチンチンを触りました。彼はウケで乳首も感じていました。彼のビキニからチンチンがはみ出して亀頭が濡れています。

彼はその場にしゃがみこんで俺のチンチンをしゃぶり始めました。俺はしゃぶられながらスーツリーマンの方を見ると、スーツリーマンのボクサーもモッコリしていました。俺はスーツリーマンのボクサーに手を伸ばして、ボクサーからチンチンを出してしごきましいた。

スーツリーマンのチンチンは15センチくらいで俺と同じくらいでした。俺は大学生風の彼にしゃぶられながら、スーツリーマンのチンチンをしゃぶりました。

そこへ新しいお客がやって来たので俺達3人は個室に入りました。俺はスーツリーマンのチンチンをしゃぶりながら、大学生風の彼のケツに指を入れてほぐしました。

スーツリーマンはあまり経験が無い様子で、ケツに入れた事も入れられた事も無いと言いました。

仕方なく俺は大学生風の彼のケツにチンチンを掘り込んで、スーツリーマンに見られながら腰を振りました。

スーツリーマンは自分でチンチンをしごいて、アッという間にイッてしまいました。

そしてスーツリーマンは「もう帰るね」と言って出て行ってしまいました。

俺は大学生風の彼のケツを掘りながら、彼のチンチンをしごきました。彼の喘ぎ声が部屋に響いていました。

すぐに俺達の個室に誰かがやってきました。俺は腰を止め、振り返ると、長身の鍛えた肉体の人が立っていました。

俺は再び腰を振り始め、長身の人のボクサーに手を伸ばしました。長身の人のチンチンは既にビンビンでした。

俺は長身の人のボクサーを脱がせチンチンをしゃぶりました。長身の人のチンチンは13センチくらいで太いチンチンでした。

俺は大学生風の彼を掘りながら、長身の人に「俺のケツに入れて」と伝えました。長身の人は俺のケツを舐め、ゆっくりチンチンを挿入してきました。太いチンチンが俺のケツを広げるように奥まで入ってきました。太さは充分だったが、欲を言えば…もう少し長さがあれば最高でした。

それでも太いチンチンに俺のケツは犯されて気持ち良かったです。

俺のチンチンは更にビンビンになり、大学生風の彼のケツを突きまくりました。そして大学生風の彼は射精しました。

俺は彼のケツからチンチンを抜き、バック体勢から仰向けになって正常位で長身の人に掘ってもらいました。長身の人の激しい腰使いに俺は喘ぎまくりでした。

気持ち良すぎて俺は掘られながら自分のチンチンをしごきました。

長身の人が「イキそう」と言ったので、俺も激しく自分のチンチンをしごいて、俺達は同時に射精できました。

俺はシャワーを浴びに1階に行くと、お客が増えていました。その中に20代前半のサーフ系の人がいました。

俺はシャワーを浴びて、再び2階に上がりました。するとサーフ系の人が階段のところにいました。

俺はサーフ系の人のボクサーの上からチンチンを触りました。サーフ系の人は俺の乳首からチンチンへと愛撫してくれた。

俺はサーフ系の人と3階に上がり、個室に入りました。サーフ系の人のボクサーを脱がせチンチンをしゃぶりました。

サーフ系の人のチンチンはすごくデカかったです。18センチ超のデカマラでした。サーフ系の人はリバだったが、「今日は掘って欲しい気分」と言ったので、俺が掘ることになりました。

俺はサーフ系の人のケツにチンチンを入れて奥まで突き上げてやりました。奥まで突っ込んでかき混ぜるようにチンチンでケツを刺激しました。後ろから手を回し、サーフ系の人のチンチンを握ると驚くほどビンビンでした。

俺がガンガン突いてやるとサーフ系の人が「あぁ~」と声を上げてトコロテンしました。

俺もひたすら突いて射精しました。サーフ系の人のチンチンはまだビンビンでした。

サーフ系の人のチンチンを俺はしゃぶって、もう1発ヌいてあげました。

久しぶりにあんなデカマラをしゃぶりました。2人でシャワーを浴び、ハッテン場を出て、一緒にご飯を食べに行きました。

はじめてのハッテン場で少し緊張していましたが、俺はたっぷりと楽しめました。

またハッテン場に遊びに行くつもりです。

 

カテゴリ:発展場の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。