ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】小6ショタが中出しハメ撮りまでされた結末・・・・・・・・・

【ゲイ】小6ショタが中出しハメ撮りまでされた結末・・・・・・・・・

12歳のトラウマ

神奈川県在住の学生さんからの投稿。幼い頃に友達のホモセックスを見てしまい、その瞬間に何かが変わったと言う投稿者。その日から性癖が逆転してしまった少年は数年後、発展場でおじさんたちに可愛がられる淫乱小僧となってしまったようで・・・
ハメ撮りされた青年
小学6年の時、たまたま行った近くの森の公園で衝撃の光景を目撃してしまいました。

若い男性同士で勃起したチンポをしゃぶり合っていたのですが、何と1人は僕の友達だったのです・・・

そして20代の人がイくぞと言って、友達の口に射精してました。

その後、お兄さんが友達のチンポを扱いて、友達は「イク、イク」と言って包茎チンポから精液を出してました。

僕はこっそり覗いていたつもりでしたが、興奮のあまり自分でも気づかないまま二人に近づいてガン見していたため、すぐにバレてしまいました。

友達は僕だと気付くと、「何でここにいるの?恥ずかしいよぉ」と言って、精液まみれの顔で抱きついてきました。

友達はチンポの先からは精液が出ていて、僕の勃起したチンポをズボンの上から触ってきました。

僕はかなり興奮していたこともあり、あっという間にパンツに射精してました。

それをじっと見ていた20代の人は僕を裸にするとお尻に液体を塗りお尻の穴にチンポを入れて来ました。

僕はもちろん初めてでしたので「痛い痛い」と叫びまくっていましたが、力を抜けと言われて力を抜くと穴が広がったらしくお兄さんが気持ち良いと言いながら大量の精液を注入され、続いて友達も入れて来ました。

僕は、「お尻の穴が壊れる」と言いましたが、無視され友達も大量に射精してました。

その後しばらくは僕のお尻の穴が閉じる事なく、精液を垂れ流しウンコまで出して、少し生えた毛も剃られて、僕は痛いお尻を友達に写真も撮られてました。

友達とは高校になってもホモセックスをしていて、発展公園ではおじさんたちに抱かれて、アナルの快感も覚えて大量に射精して貰うと僕も射精して潮まで噴いてます。

おじさんたちは僕の真性包茎が可愛いと言って、僕の精液を飲んでくれるんですよ。

ちなみに現在、陰毛は永久脱毛し腋毛もありません。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。