ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】DSの頃、精子に興味津々の友人に味見させてみた結果wwww

【ゲイ】DSの頃、精子に興味津々の友人に味見させてみた結果wwww

苦くて甘い、不思議な味!

埼玉県在住の高校生さんからの投稿。もともと女の子が好きなノーマルタイプだったという投稿者。しかし、小学生の頃に家に遊びに来た友人に精子を見せて欲しいお願いされ、目の前でシコる事になったんだとか・・・・・
フェラするショタ
自分で言うのもアレですが、僕と今回の相手、kくんは中・高と学年の中でイケメンと女子に騒がれていました。

僕はもともと女好きでしたが、とあることがきっかけで、今はゲイになりました。

今回はそのゲイになった経緯などを残しておきまーす。

僕は小学校の頃は親の都合上、いつも家に一人でいました。なので、今でもゲイ仲間で親友のKくんに家に上がってもらってゲームや宿題をして過ごすのが日課でした。

小5の三学期、僕が家で本を読んでいるとKくんが横に座り、突然『精子出たことある?』と聞いてきました。

急な質問に戸惑いましたが、出たことはあったので『ある』と答えました。

すると、『いいな~。頼む!見せて!』と言われ、もちろん断りましたが、その時なぜかKくんの顔を見て、カッコいい、かわいいと思ってしまいました。(恐らくここからゲイに目覚めたと思う。)

もういいや!と思った僕は、Kくんの手を取りパンツのなかに入れ、僕のチンコを揉ませました。

すぐにフル勃起した僕のチンコは大きく硬くなり、Kくんはそっと僕のズボンとパンツを脱がせ、ズル剥けのチンコを近くで観察していました。

『スゲー剥けてる!デカイ!毛も生えてる』と言い、終始驚いていました(笑)

『じゃあ、精子見せて!』と言われたので普段通りシコりました。人に見られると言う謎の満足感からすぐにイキそうになり、その数秒後、ドピュドピュと射精しました。

Kくんはその濃い精子を見て『はじめて見た!なんか不思議な匂い。』と言ってから亀頭から溢れる精液を手で受け止め『どんな味するんだろう』と言いながら舐め、『苦いけど甘い。変な感じ』といったので、僕は『まだ出るから舐めてほしい。』と言うと躊躇なくしゃぶりはじめました。

続きはまた。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。