ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】ノンケ先輩のチンポを強引にフェラチオしてみた結果

【ゲイ】ノンケ先輩のチンポを強引にフェラチオしてみた結果

僕じゃダメですか?

香川県在住のりんたさんからの投稿。中学2年頃からBLに興味を持ち始めたという投稿者。そして、仲のいいノンケ先輩のことが気になりだしたんだとか。先輩とLINEで会話するたびにその想いは募り・・・・・
学ラン姿でフェラする厨房
僕は当時、中学3年生でした。

昔から、すごいエロいことが好きで中学校に入ったことぐらいからAVを見て抜いたりしていました。

でも、中学2年生をすぎたあたりから、女性の裸に興奮しなくなり、あるAVサイトのBL欄を見て新たな興奮を覚えました。

以来、自分がゲイなんだと思いました。特に気にもしていなかったし、問題視もしていませんでした。

その頃、学校に気になる先輩がいて、『そうし先輩』と言うのですが、先輩は女性が好きでした。

ある日、先輩とLINEしてると「お前、やったことある??」と聞かれました。

「あるわけないじゃないですか笑笑」と笑って返しましたのですが、この時、誘われてるのかなとか思ってました。

でも、先輩が「なんだ、いい女の子いたら紹介して欲しかったのに」と言ってきて、なんだ、そう言うことかと思い少しがっかりしてしまいました。

翌日、先輩とパソコン室でご一緒しました。

その時先輩はAVを調べていました。先輩はイヤホンをしてみながら、勃起したチンコを扱いていました。

僕はそんな先輩に興奮してしまい、思わず先輩のチンコを掴んでしまいました。

先輩は、『え?!』みたい顔をして、びっくりしていました。勢いでしてしまったため、後に戻れませんでした。

そして、上目遣いで先輩の股間に顔を近づけ、「僕じゃダメですか…??」と聞いて、先輩のチンコを咥えて口で扱きました。

最初ばかりは嫌がっていたものの、先輩は少しずつ気持ち良くなっていきました。

しまいには、僕の頭を撫でながら「裏筋もっと慎重に…そう…あっ、いいよ、その調子…」と言い顔も撫でてくれました。

舐めているうちに、先輩の弱いところが少しずつわかっていって、重点的に責めて舐めていきました。

先輩は「…かわいいっ…」と言って、笑ってくれました。

そのあと、僕の口に勢いよく出しました。

先輩に「飲んで」と言われて躊躇することなく飲み込みました。初めて飲んだけど、甘くて美味しかった気がします。

飲んだあと先輩の膝に座らされて、キスをされました。

先輩から「いつから、オレのことそんな目でみてたの?」と聞かれ、先輩とLINEし始めてからと素直に答えると、そっかぁと制服を脱がされていきました。

しまいには全裸にされてしまい、少し恥ずかしかったけど、先輩ならいいかと思い、全てを曝け出しました。

先輩は僕のピンク色の乳首を優しく舐めてくれました。痛くない?とか、きもちいい?とか聞いてくれて、勃起したチンコがさらに大きくなりました。

それを先輩が見て僕を机に乗せてチンコをなめてくれました。気持ち良くてすぐ射精しました。

すると先輩が僕の穴に舌を入れてきました。思わずアナルを先輩の顔に押し当ててしまいました。

すると先輩が「そんなに舐めて欲しいの?」と言って、どんどん舌を入れてきました。

すっかり柔らかくなった頃、先輩のでかいチンコの亀頭部分が少し僕の中に入りました。

先輩はすると寝転がって、「自分で入れてごらん」と言って、僕に入れさせました。

自分の体重分深く入るので気持ち良すぎました。喘ぎまくって、先輩とすればするほど感じやすくなっていきました。

その後も、休日や部活の後、いろんな場所でのセックスを楽しみました。今でも、先輩とは肉体関係を持っていて恋人同士です。

高校に入ってからは、先輩の大学の近くの高校に入学したので、親の許可も取って、先輩との同棲生活をしています。

毎晩お互いの体を求め合い、今ではセックスしない日はないほどです。先輩とのセックスに完全に溺れてしまいました。

この文を書いている今も、先輩の精液を体の奥が求めている感じがします。

早くあのチンコを入れたいです。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。