ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】体育教師の性奴隷にさせられた巨根DCの末路・・・・・・

【ゲイ】体育教師の性奴隷にさせられた巨根DCの末路・・・・・・

先生に無理やり脱がされて

宮崎県在住のそーちゃんさんからの投稿。中学時代、野球部に所属していたという投稿者。みんなにからかわれるほどの巨根の持ち主でいつもユニフォームのもっこりが目立っていたらしい・・・・・・
デカマラをフェラする男性
中学1年の時の話です。

私は、野球部でいつもユニホームはもっこりしていました。みんなから巨根と言われて、中学で20センチ以上はありました。

そんなある日、学校のプールが始まりました。1人だけ水着のもっこりが明らかに違いました。体育の先生も私を見て笑っていました。

私は先生に呼ばれて勃っているのかと聞かれました。

私は勃っていないと言ったのですが、信じてもらえず先生に脱がされました。

先生は剣道部の顧問で熊のような先生でした。怖くて私は逆らう事ができませんでした。

先生は私のチンコを引っ張ったり、皮を剥いたりと私のチンコをおもちゃのように遊んでいました。

いじられているうちに私の物はさらに大きくなってしまい、亀頭は我慢汁でベトベトになりました。私の亀頭を両手で締め付けて私の痛がるのを楽しむかのように先生は笑っていました。舐められたり、亀頭責めで寸止めを5回ぐらいさせられたりとプールはさせてもらえず地獄を味わいました。

結局、寸止めで出す事は許されず部活の前に野球の練習着で来るよう言われました。

練習の前に急いで倉庫に行くと、先生が待っていました。先生は待たされた事に腹を立て股間を掴んで怒鳴られました。

そして、先生はユニホームの上からチンコを擦ったり竹刀でチンコをいじったりされました。

そして、先生の極太、黒チンコを口に無理矢理入れられました。おしっこの匂いと精子のような匂いがしました。先生の極太チンコはとても大きく喉の奥に刺さるような苦しさでした。

そして、口の中で精子を大量に出すと飲むよう指示されました。私は耐えきれず吐き出してしまいました。

すると、私のチンコを激しく扱かれ先生の熊のような手の中で出してしまいました。大量に出てしまったため、溢れた精子は舐めさせられました。

それから、毎日のように昼休みや放課後など時間がある時は先生の性奴隷にさせられました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。