Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】トコロテン体質のショタをご覧ください・・・・・・・・

【ゲイ】トコロテン体質のショタをご覧ください・・・・・・・・

小僧の連続トコロテン

京都府在住の男子学生からの投稿。幼い頃、学校の同級生の変態性癖を知ってしまった投稿者。その同級生はチンポを咥えるだけで射精してしまうレベルのスーパー変態キッズだった・・・・・

トコロテン体質のショタ

 

12才の時、夜10時頃公園を歩いて帰宅途中、トイレの陰から友達が裸で突然出てきました。

 

僕は最初はビックリしてましたけど、顔をよく見ると同じ学年の友達でした。

 

「え、〇〇君・・・?」と名前を呼ぶと、彼は恥ずかしそうに顔を隠しだしました。

 

彼が後ろを向くとお尻には太いバイブが根元まで刺してあり、しかもチンポは勃起してました。

 

彼は「何でもするから皆には黙ってて!お願い」と言って、僕の身体にしがみついてきました。

 

話を聞くと彼はホモらしく、我慢出来なくなると夜の公園で裸になって、おじさん達に抱かれているようでした。

 

僕はそういう知識もなく、「男の人とエッチするの?」と聞くと、彼はどういうことか詳しく教えてくれました。

 

色々な体験を聞いていると僕も勃起してしまい、ズボンがパンパンになってました。

 

それを見つけた彼は嬉しそうに僕のズボンを脱がせようとしてきます。

 

最初は抵抗してましたが、どういうものか経験してみたくなり、自分でズボンを脱ぎ真性包茎のチンポをしゃぶられました。

 

しゃぶりながら「きもちいい?きもちいい?」としきりに聞いてきます。

 

僕は「恥ずかしいけどもう駄目!」と言って、彼の口に射精してしまいました。

 

不思議と、触ってもいない彼のチンポも射精して、ビクビクしてました。

 

それから、彼がお尻のバイブを抜いて僕のチンポを跨いできます。

 

自分でゆっくりと腰を下ろして入れようとするのです。

 

でもなかなか入らないため唾をたっぷりと垂らして、また入れようとします。

 

そして半分ほど入れると、ゆっくり腰を上下に動かしだします。

 

するとまた彼が、「イクッイクッ」と言って、触りもしないのに射精して僕の胸のあたりに精子を飛ばしてきました。

 

気が付くと、僕も彼のお尻の中に射精してました。

 

彼の射精が不思議だったので何なのか聞くと、「トコロテンっていうんだよ」と教えてくれました。

 

それはすごく気持ち良いというので、僕もやり方を教わりました。

 

それ以来、彼とは週4、5日ペースで放課後に会ってお尻の開発もしてもらいました。

 

数ヶ月もすると、僕もトコロテンするようになり、2人でお互いの顔に掛け合ったりしてました。

 

僕がお尻の快感を覚えてからは、変なサイトで会ったおじさん達に2人揃って調教されてました。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:トコロテンの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索