ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】家庭教師先にモロタイプのお父さんがいたんだがwwwww

【ゲイ】家庭教師先にモロタイプのお父さんがいたんだがwwwww

体育会系のお父さん

都内在住のヒロさんからの投稿。大学生の頃、家庭教師のアルバイトを始めたという投稿者。そして、一回あたり3〜4時間という好条件な案件が飛び込んできたんだとか。そして、指導当日にお宅に向かったのだが・・・・・・
最奥までアナル挿入
大学2年の春。

これまで勤めていた居酒屋のアルバイトを辞めて、時給の高い家庭教師のアルバイトを始めることにした。

でも、始めて後悔。時給は確かに高いけど、時間数が少ないので1日で稼げる給料で考えるとそんなに多くない。

時間数が一回あたり2時間を超えないとなぁと思っていたら、ちょうどそんな案件が飛び込んできた。

場所は隣町。車で30分もあれば着く。指導希望時間は、3~4時間とあったので、まあまあな金額になる。ラッキー!そんな位にしか思ってなかった。

指導当日になり、車で家の近くまでは何とか到着できたが、住宅街だったので細かな位置がわからない。電話で聞くことにした。

『もしもし、本日家庭教師に伺う予定の者です。すみません!近くまでは来たのですが、場所がわからなくなっちゃいまして。。』Googleマップも使えば良かったなあとか考えていると、電話から低い野太い声が聞こえてきた。

「先生ですか!俺、父です!今、外出ますから!車は?」

車種を伝えると、通りすぎた一軒前の家からお父さんらしき男性が出てきた。

「先生かね?!ここです、ここ!ここに止めてもらっていいっすかね?」

体育会系なお父さんのようだ。坊主、筋肉の上に少し脂肪の乗った体型、太い両腕、目は鋭い眼光。高校の頃に憧れていた先輩に似ていた。

あまり経験はないけど、これが一目惚れ?という感覚だった。頭がボーッとして、身体が少し熱を帯びていた。

車を止め、家に通される。

「今、息子、呼んできますんでっ!」

呼ばれて出てきた息子さんは、今風のさわやかな男の子。どちらかというとお母さんに似たそうだ。リビングにて自己紹介と今後の指導について四人で打ち合わせすることになった。

自己紹介で色々わかったのは、お父さんは中、高、大学と野球部、今は土建屋の社長をしている。お子さんはバスケ部、あまり勉強しない。他にも色々聞いた気がするが、お父さんと目を合わす度にドキドキしてそれどころではなかった。

初回指導の日を決め、軽く宿題を見て帰宅。その夜は、お父さんに犯されるシーンを想像して抜いた。

しばらく日が空いて迎えた初回指導の日。

着くと息子さんがいない。家にはお父さんしかいなかった。

「あれ!先生!メールで今日用事があって、息子と家内がいないって連絡したんだけど?」

昨日飲み会で酔いつぶれて、携帯を見ていなかった。それを伝えると、「おっちょこちょいだなぁ、先生!完璧そうに見えたけど!そんなんで息子の指導任せて大丈夫なんか(笑)」笑いながら、茶化された。

聞くと、今日1日息子さんとお母さんは帰ってこないらしい。待っていても仕方ないか。帰ろうとすると、お父さんから昼飯は食ったのか?と聞かれ、食べてない旨を伝えると、せっかくだから食ってけと言われた。

申し訳ないのでお断りすると、「良いから良いから!何だったら一時間分の時給払うからさ!俺一人で飯食うのも寂しいしさ!」と言われ、お言葉に甘えることに。

『めっちゃ旨い!お父さん、めっちゃ美味しいです!この炒飯!』

「お?だろ?息子と家内にも評判!」

最初は強面で近寄りがたい印象のお父さんだったが、誉められて得意気なわんぱくな男の子のような顔をしていた。

会社のことや息子さんのことなど色々な話をし、あっという間に昼食の時間が終わった。

「ところでさぁ」

突然お父さんの声色が変わる。

「先生、良い身体してるなぁ。大学でもスポーツやってんのか?」

『まあ、たまにジム行くくらいですね』

「ふーん、彼女は?」

『大学一年まではいたけど、今はいないです。』

「じゃあ、セックスもご無沙汰か?」

『そうなりますね。』

「やりたい盛りだろ?もったいねえなぁ。若いんだから、遊ばないと!」

そこからお父さんの大学時代の武勇伝を聞く。相当遊んでいたらしい。お父さんのセックスする姿を想像していると、股間がギンギンになっていくのが分かって、頭がボーッとしてきた。

気づくとお父さんが自分の後ろに立ち、いやぁ良い身体だ、俺のとこでも十分働けるなぁと両手で肩を叩いた。お父さんに触られている、、もうどうかなりそうだった。

「間違ってたら、わりいんだけど、先生、男に興味ないか?」

衝撃が走った。

『えっと、いや、そういうの、、』

「俺、何となくだけど、先生は俺に好意持ってくれてんじゃねぇかなと思うんだよね、で、どうなんだ?」

さっきまで笑っていたお父さんが、刺し殺しそうな目で俺を見ている。

『すみません、あの、、昨日、お父さんで抜いてしまいました。』

それを聞いて、ガハハハと大きな声でお父さんが笑う。

「先生、正直だなぁ。ますます気に入った。いきなり悪かったな。怖かったか?」

『はい、少し。』

「怖がらせてごめんな、いや、でも嬉しいね。こんな親父で抜いてくれるなんてよ。」

え?これはつまり?

『あの、お父さんは男の方も?』

「おう、男も女もどっちも好きだ。」

頭がクラクラしてきた。

「で?俺のどんなとこ想像して抜いたんだ?」

ありのまま伝えると、「そうか。じゃあ先生。俺と一発やるか。最近家内ともしてないから、溜まりまくってるんだよ。」

夢を見ているみたいだった。

「ほら、先生、前向いて。」

お父さんの分厚い唇が、俺の口を包んだ。

チュッグチュッ。。いやらしい音が部屋に響く。

『ん、あぁ。。』

キスがたまらなく上手い。思わず感じて、声が漏れる。

「ん?キスだけだぞ。こんなんで感じるなんてなぁ、楽しみだな先生の身体いじくるの。」

ニヤニヤしながら、お父さんはスーツのネクタイをはずしていく。

乳首を舌先で転がされる。

『あぁっあっ』

今までのセックスが比にならないくらい、気持ち良い。舌先で転がした後は、吸い付かれ、片方の手で優しく揉みしだかれた。お父さんのテクにもう虜になってしまっていた。

「先生、寝室に行こうか。」

うながされて、向かう。

ベッドに倒されると、全て身に付けているものをはがされた。お父さんも服を脱いで全裸になる。黒光りした太いものが下腹部にあった。

「ん?これ気になるか?先生。」

お父さんが二本指でチンコを揺らす。

「まだ。これはお預け。先生の身体じっくり堪能させてくれや。」

そう言って、今度は俺のチンコをいじくりだした。

「しかし、会った日にオナネタにするなんて、とんでもないスケベ野郎だな。今日はたくさんよがらせてやるから、楽しみにしとけや。」

乳首を指で転がしながら、じゅぼじゅぼ音を立ててお父さんが俺のチンコをしゃぶり始めた。

『やばい、ああっ』

イきそうになる。爆発しそうなぐらいパンパンになっている自分のチンコ。それを見てお父さんはしゃぶるのを止めて、しばらく放置。

「まだイかさんぞ、先生。ほら、交代。」

お父さんのモノを握らされる。負けじと、口に頬張り、覚えてきたフェラテクを駆使した。
「うぉっ、うまいなぁ。気持ちいい。」

赤黒いお父さんのモノを夢中でしゃぶった。太い身体が強張っていく。

「良いぞ。もっと、しゃぶってくれや。あぁ。」

強面のお父さんが、目をぎゅっとつぶって快感に耐えているのが堪らなかった。

しばらくすると刺激に慣れてきたのか、「子持ち父さんのチンコうまいか?」「今日はお前だけのチンコだぞ。」と言葉攻めをされ、段々と乱暴にされ始めた。堪らなく嬉しくなった。

20分くらいしゃぶると、もう我慢できんと言われ、四つん這いになるように言われた。

「入れるぞ、先生。ほらっ」

ローションでたっぷりケツ穴を濡らし、念願のお父さんのチンコが入ってきた。

『ああぁぁぁ、あぁぁ。』

ケツがメリメリ音を立てているみたいに開いていくのが分かった。計ったら16はあったらしいお父さんのチンコ。これで数々の男女がよがらされたに違いない。

「ほら、先生いくぞ。」

『待ってください、まだ痛くて。』

「男だろ、先生。我慢しろ!ほら!」

『うっあぁぁっ』

お父さんが強引にピストンする。

『あっあっあっあぁっ』

パンパンパンパンっグチュっグチュっパンパンパンパンっ

お父さんの太い身体と自分の身体がぶつかり合う音。段々と痛みが気持ちよさに変わってきた。

「真面目そうなのに、とんだすけべまんこ野郎だなぁ先生は。俺のチンコがそんなに気持ち良いか?ん?おらっ!」

野球部で鍛えられた下半身の力がすごい。ケツが壊れそうになる。

「先生、俺を忘れなくさせてやるからな。おらっ」

『あぁっあぁっうぅっあぁっ』

「これからやりたくなったら、俺とやれ。分かったか?」

『はいっあぁっあぁっ』

「セックスの家庭教師してやるよ、先生っほらっおらっ!」

『お父さん、あぁっあっ』

「うん?先生、どうした?何だ?」

『もっと、もっと、あぁっ、突いて下さいっ』

「やっと、先生、素直になったな。よーし、壊してやる、お前の身体。」

パンパンパンパンパンパンっ!!さっきよりも高速で力強いピストン。

『うっあぁっああっああっ』

ピストンに声が合わさっていく。

『ああっああっああっもっと、あぁっ』

「エロいなぁ、先生っ。ほらっもっと声出せやっほらっ」

自分のチンコからドクドク白い液体が出てきた。

「なんか出てきたぞ。先生。俺のチンコそんな気持ち良いか?ん?おらおらっもっと出せもっと出せ!」

『あぁっあぁっやばい、壊れます、あぁっ』

「おらっもっと出せもっと出せっ」

腹の上に大放出。そのあとすぐにお父さんも発射。そのまましばらく落ちてしまった。

気づくと、夕方になってしまっていた。お父さんは既に起きて、横にいなかった。

『起きたか、先生。気失ってたぞ(笑)』

風呂場からお父さんが出てきた。

『先生も浴びて来な。』

ありがたくお風呂を使わせてもらった。それから、何事もなく次回の指導日を決めて、帰路についた。

『俺を忘れなくさせてやるからな』

そのお父さんの一言を噛みしめ、次の指導日を心待にしている自分がいた。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。