ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】家庭教師先のお父さんと一線を越えてしまったんです

【ゲイ】家庭教師先のお父さんと一線を越えてしまったんです

ヤクザっぽいお父さん

都内在住のヒロさんからの投稿。大学生の頃、家庭教師のアルバイトを始めたという投稿者。そして、指導日当日にお父さんと身体の関係になってしまったんだとか。それからはお父さんに会いたくてたまらない日々が続き・・・・・・
ガチムチ熟年男性
家庭教師先のお父さんと②

家庭教師の仕事で出会ったお父さんは、理想のタイプの男性だった。

坊主、あご髭、厳つい風貌、たくましい二の腕と両足、低く響く声、刺し殺されそうな強い目、そして、たくさん経験値を積んで立派に黒光りしたアソコ。

それなのに、暖かく優しい一面があって、包容力もある。

こんな人、男女関わらず誰だって好きになるにちがいない。妄想の中でしか、お父さんと触れ合うしかないと思っていたけど、妄想が現実になった。それ以来、俺はずっと、お父さんの事ばかり頭に、、。

「先生っ!終わりましたっ!」

家庭教師の生徒さんが、出した問題を全て解き終わった。

『あぁ、了解!早かったね!』

慌てて、採点をする。

あの激しく抱かれた日から、お父さんの事ばかり考えてしまっている。そういえば、今日はお姿を見ていなかった。どうしたのだろう、お仕事だろうか。

夜の11時。ようやく指導が終了した。

『終わりました~。』

1階のリビングに降りて、お母さんに声を掛ける。

「いつも、遅くまでありがとうございます!先生!」

お母さんは、腰が折れ曲がるくらい深くお辞儀をして下さった。なんだか大変申し訳なくなる。こりゃ何としても、息子さんの成績をあげなくては!使命感のようなものが湧いてきた。

『では、今日の報告を行いますね。今日は数学をやりました。式と計算という単元です。同類項をまとめれば容易いのですが、まずここの分配法則の時点で間違えてまして…。』

生徒さんが解いたものを元に、何を間違えてどこが分かっていなかったか、その結果、どう指導を持っていったかを細かく報告した。自慢ではないけど、これが保護者の方に支持頂けているようで、本部に直接お褒めのお電話をかけて下さるご家庭もあった。

お母さんも、うなずきながら、そうなんですよね~ここまで出来ているのに!と、共感しながら聞いて頂いた。

「おい!上がったぞ!」

低くて重く響く声が奥から。お父さんだ!

「は~い!すみません、先生、今、主人がお風呂から上がったので、ちょっと待ってて下さいね。」

そうか、お風呂だったんだ。お父さんの厚い胸板と太い両腕。思い出すと、それだけで股間がムズムズしていた。

ドカドカドカ。大きな足音が聞こえてくる。お父さんにお会いできる。だが先日のこともあったので、何だか恥ずかしくてうつむいた。

「おう!先生!ごくろうさん、今指導終わったのか。」

『あ、はい!たった今。』

顔を上げて、ドキリとした。お父さんは、パンツ一丁で出てきた。寝室で見た時と同じ、筋肉の上に脂肪が乗った鎧に、腹から胸まで続く剛毛、そしてパンツには、くっきりとお父さんのシンボルが浮かび上がっていた。

「ちょっとお父さん!先生いらっしゃるのに!ちゃんと服着てよ!いつもは着替え持っていくまで出てこないじゃない。」

お母さんがぷりぷり怒りながらスウェットを渡しに来た。俺を見て、ニヤリとしながらお父さんは着替えを始めた。

(わざわざパンツ一丁で出てきたんだ。俺に見せるために。)

お父さんにこういう意地悪な所があるのが、堪らない。お母さんが持ってきたスウェットを着た後、牛乳を冷蔵庫から一瓶見つけて美味しそうに飲むお父さん。その姿が、可愛らしくも微笑ましく思えた。

お風呂上がりの一杯が終わった所で、改めて、今日の指導報告をお父さんにもした。宿題の範囲を伝え、学力を上げるためにどう取り組むのかについても伝えた。

「ありがとうな、先生。こいつ勉強のやり方が分かってなかったみたいだから、俺たちにも今みたいに説明してくれると助かるよ。」

『いえ、そんな大したことでは。僕なりにお子さんが成績の上がる方法は何かを考え、それをお伝えしただけなので。』

「謙遜しなさんな先生。ボンクラ教師なら分かりやすく伝えられんし、相手に伝わるように話をしないというのに。やっぱ先生は、頭が良いだけではなくて、人間的にも優秀な先生だよ。色んな人間見てる俺が言うんだ。自信持ってくださいよ。」

真っ直ぐ真面目に目を見てくれるお父さん。怖いと思った強い目だけど、今は熱い気持ちで溢れそうになる。こんなに自分を真っ直ぐな目で見てくれる人、今までの人生でいなかったなぁ。心底お父さんに惹かれている自分がいた。

『あ、あの、ありがとうございます。必ずお子さんの成績、上げますんで!』

「おう!これからも頼むぞ、先生!」

がっちり握手された。ちょっと痛い。

『じゃあ、次回は明日の13時ですね!ありがとうございました。』

挨拶をして、車に乗り込む。お父さんに教師として、認められた。何よりも嬉しい報酬だった。

明日は昼の13時。ちょっと朝はゆっくりできるな。エンジンをかけて車を少し走らせる。

ところが。

ギュギギギっ

聞いたことがない音がタイヤからした。不安に思って、タイヤを見てみた。

最悪だ。見事に前輪がぺちゃんこになっていた。ここでパンクとは。

困った。今いる御自宅は山の斜面に位置している。下手に走らせると危ない。

異音が聞こえたのかお父さんが出てきてくれた。

「どうした?先生。」

『すみません!何だか車がパンクしちゃったようで。』

「マジか?ちょっと見してみ。あーこりゃダメだな。このまま帰るとあぶねえな。」

仕方がないので、電車で帰ることと、ちょっとの間置かせてくれないかとお父さんに伝えると、「そりゃ構わねえけど、この辺りの電車は普通電車はもう終わって、後は急行が通りすぎるだけだから、もう電車はねえよ?」

終わった。ならば仕方ない、高くなるが、タクシーで帰るか。それしか手段がない。
お父さんにタクシー呼んで帰りますと伝えると、俺が家まで送ってやるよと言われた。

『いやいや、お父さん、明日も朝5:30に会社に行かれるのでしょう?ただでさえ、もうこんな時間なのに。申し訳ないですので。』

「いいっていいって。そのまま、会社内で泊まるから。おい!母さん、俺、今日は先生送って会社に泊まるから!」

「は~い。先生、大変でしたね、車のことは気にしないで下さいね。」

ありがたい。ここはお言葉に甘えることにした。

「じゃ、先生、ちょっと待っててくれ。」

お父さんは車のキーを取りに、家に戻った。

お父さんと二人になる。先日のことが頭をよぎった。

『俺を忘れなくさせてやる。』

いや、ないない!今日はそんなこと。明日も仕事なんだし。

「先生、待たせたな。じゃ行くぞ。」

仕事着に着替えたお父さんが出てきた。

今、気づいた。ガレージがある。そしてガレージから出てきたのは、ヤの付く人が好みそうな高級外車だった。

緊張しながら、靴の裏を払って、汚さないように乗り込むことにした。

「何やってんだ。先生、汚れなんざ俺は気にしねえから!」

『じゃあ、あの、お邪魔しますっ。』

「おう!」

車の中に入ると、芳香剤の甘い香りが出迎えてくれ、これがまた妙にドキドキさせるものだった。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントは2件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    続きを楽しみにしてます

  2. ゲイの名無しさん より:

    分かります、はやく読みたいですよね。
    自分からも好きだった先輩思い出してます。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。