ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】アダルトDVD屋でお客さんのチンポ握ってみた結果・・・・・

【ゲイ】アダルトDVD屋でお客さんのチンポ握ってみた結果・・・・・

【体験談】三重県在住のフリーターさんからの投稿です。DVDショップでバイトをしている22歳の投稿者。夕方から深夜までのシフトが多く、やはりその時間帯はエロDVD目当てで来店する客が多い。常連の一人で毎回勃起しながらレジへ来るお客さんがいる。それを見せられたまらない投稿者・・・・・

アダルトDVD屋でお客さんのチンポ握ってみた

僕は22才のフリーターで、レンタルDVD店でアルバイトしています。

大型チェーン店ではなく、個人経営の小さなレンタルDVD店なので、CDは扱っていません。

僕は19時からラストの深夜1時までのシフトで勤務しています。23時30分までは2人体制ですが、それ以降は僕1人で勤務しています。閉店作業をして鍵をかけて帰る役目も僕です。

夜21時以降は、圧倒的にアダルトを借りにくる人が増えます。大学生くらいの若い人や、仕事帰りの会社員など…1人で来店する人は必ずアダルトを借ります。そして日付が変わった0時過ぎに週2のペースでアダルトだけを借りにくる人がいます。その人は毎回、30分近くかけてじっくりとアダルト作品を選びます。

0時以降は殆ど来客が無いので、僕は返却されたDVDを棚に戻しに行く作業をします。その人は20代後半の会社員で、スーツ姿で来店します。僕は返却されたDVDを棚に戻しながら、その人がアダルト作品を選んでいる姿を見るのが楽しみでもありました。その人はアダルト作品のジャケット写真を真剣に見て、借りるDVDを選びます。必ずと言ってもいいほど、スーツのスラックスの股間が盛り上がっています。その人は時々、スラックスの上から自分の勃起したチンポを握るような仕草をします。僕はその仕草を見ながら作業をしていますが、僕も勃起してしまいます。

ある日、いつもの時間にその人が来店し、アダルトコーナーに入って行きました。僕は返却されたDVDが無かったので、レジの所で待機していました。アダルトコーナーはレジから死角になるので、防犯カメラが設置されています。僕はレジの所で防犯カメラをチラチラ見ながら、レジのお金を計算していました。ふと、防犯カメラの画面を見ると、その人が左手にDVDを持ち、ジャケット写真を見ながら右手でスラックスの上から股間を握っていました。僕は、防犯カメラの画面に釘付けになりました。

しばらくして、その人がアダルトDVDを2本を持ってレジに来ました。その人のスラックスの股間はまだビンビンに勃起していました。僕は平常心を装って、代金を受け取り、袋に入れたDVDを手渡しました。その人は、スラックスが盛り上がっていることを気にする様子もなく、普通に帰っていきました。

数日後、その人がいつもの時間に返却に来ました。レジで返却を終えると、すぐにアダルトコーナーに入って行きました。僕は少し経ってから、アダルトコーナーに返却作業に向かいました。その人は相変わらず真剣な顔でDVDを選んでました。もちろん、股間を膨らませてました。

時間は深夜0時45分過ぎだったので、他のお客は来ないだろうと思い、僕はその人に初めて話し掛けてみた。

僕 「いつも真剣に選んでますね~。」

その人 「えっ…アダルトしか借りないから恥ずかしいな。」

僕 「アダルトしか借りない人も多いですよ。」

その人 「そうですか…でもアダルトを見過ぎですよね…」

僕 「別にいいと思いますよ~。でも…お客さんはモテそうなのに…」

その人 「仕事がいつも遅くまでだから、出逢いが無いんですよね~。だから…つい自分で処理しちゃうんですよ~」

僕 「そうですか…。お客さん、いつも選んでいる時、勃起してますよね~?」

その人 「あっ…写真を見てるだけで興奮してしまうんだよね~。恥ずかしいな~」

僕 「選びながら勃起しているお客さんも結構多いですよ~」

僕は作業が終わったのでレジの所に戻った。5分ほどして、その人もDVD2本を持ってレジに来ました。その人の股間はいつも通り…まだビンビンだった。すると、その人が

「これ…1度見たような気がするけど…どうしようかな~」

と言った。

僕 「良かったら、もう閉店だし…このDVDを見てみますか?」と言って、店内のテレビでDVDを流してみた。

その人 「あっ…まだ見てないやぁ~。これを借りるよ!」と言った。

僕はDVDを止めて、代金を受け取り、お釣りと商品を手渡した。その人の股間を見ると、スラックスの股間の部分が僅かに濡れていて、シミになっていた。僕は笑いながら、「お客さん、濡れてますよ~」

と言った。その人

「あっ、本当だ…恥ずかしいな~」

僕はレジの下に置いていたウェットティッシュを手渡して、

「とりあえず…チンポ、拭いてから帰ってくださいよ!」

と言った。その人は何の躊躇もなく…スラックスのファスナーを下ろし、ビンビンのチンポを出して拭いた。

僕 「デカいですね~」

と思わず言った。その人は照れくさそうに笑い、チンポを拭いていた。その人のチンポはオナニーのやり過ぎなのか…随分と黒かった。太めなチンポで、しっかりとムケていた。

その人はウェットティッシュでチンポを拭くと、スラックスにねじ込むようにファスナーを上げた。その人は、恥ずかしそうに店を出て行った。僕はレジを締め切って、店先のシャッターを半分ほど下ろして、タイムカードを押した。レジの奥で缶コーヒーを飲んでから帰るつもりだった。

コーヒーを飲みながら、先ほどのお客さんのチンポを思い出して、僕は勃起してしまった。僕はデニムとボクサーパンツで締め付けられたチンポが痛かった。誰も居ないし、僕はファスナーを下ろし、ビンビンに勃起したチンポを出した。自然に自分のチンポを握り、シコシコしてオナった。僕は飲み干したコーヒーの缶の中に射精した。

大量の精子を出した後なのに、僕のチンポはビンビンのままだった。僕はビンビンのまま、デニムにチンポを入れた。数日後、いつもの時間にあのお客さんが来店した。いつも通りにDVDを返却し、その足でまたアダルトコーナーに入って行った。アダルトコーナーには他のお客さんも居たので、僕は防犯カメラのモニターを眺めていた。

しばらくして、僕と同じ年齢くらいの大学生らしき男性がレジにアダルトDVD4本を持ってきた。その人の股間も少し勃起していた。僕は手早く会計をして、商品を手渡した。次に会社員らしきオジさんがレジにきた。遂にアダルトコーナーには…あのお客さんだけとなった。

僕は返却されたDVDを棚に戻すためにアダルトコーナーに入った。そのお客さんは1人で相変わらず真剣にDVDを選んでいた。僕はその人の足元の棚にDVDを戻す時、わざとその人の股間に僕の手が当たるようにした。その人は驚いたように、

「おっ!」

と言って少し後ろに下がった。

僕は「すいません…手が当たってしまいましたね。」

その人 「あっ…大丈夫ですよ。ビックリしたけど。」

僕 「お客さんのモノ…大きいですね!羨ましいです。」

その人 「そうかな~。普通のサイズだと思うよ~」

僕 「いやぁ~立派ですよ~。」

すると、そのお客さんは自分のスラックスの股間を見た。

僕は、お客さんのスラックスの上からビンビンに勃起したチンポを握ってみた。そのお客さんは、

「えっ…どうしたの?」

と聞いてきた。

僕は「すいません…あまりにも大きいから…つい…」

その人 「…」

その人は、自分で自分のファスナー下ろした。

その人 「そういうことか…見たい?」

僕 「すいません…はい…」

その人は自分のスラックスからビンビンのチンポを出した。

僕は思わず、お客さんのチンポを握った。お客さんのチンポは、萎えてきて小さくなってしまった。

僕は「変なことして…すいません」

その人 「男が好きなの?」

僕 「はい…好きです」

その人 「…」

僕 「本当にすいません…」

その人は、僕の肩をポンと叩いて、

「レジに戻った方がいいよ」

と言った。僕は恥ずかしさと罪悪感で慌ててレジに戻った。時間は閉店間際の午前1時前になっていた。まだあのお客さんはアダルトコーナーから出て来なかった。

僕は閉店準備を始めた。シャッターを半分だけ下ろし、ネオンを消した。しばらくすると、そのお客さんはDVDを持ってレジにきた。

僕 「先ほどは本当にすいませんでした」

その人 「びっくりしたけど、気にしなくていいよ!」

僕 「本当にすいませんでした」

そのお客さんは何も無かったかのように、その後も接してくれ、週2回のペースで来店している。一歩間違えば…マズいことになっていた。真面目にバイトをしようと思った。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。