ホーム » イケメン » 【ゲイ】女好きのヤリチンからまさかのカミングアウトをされて・・・・・

【ゲイ】女好きのヤリチンからまさかのカミングアウトをされて・・・・・

遊び人のチンポ

滋賀県在住の社会人さんからの投稿です。高校を卒業して地元で働きはじめた投稿者。田舎なので出会いの場所もなく彼氏もなかなかできない。ある日、近所のスーパーへ行くと高校時代の同級生にバッタリ再会したらしい。確か、女好きのヤリチンで有名なやつだった・・・・・・
フェラされるホスト系男子
先日、高校の時のクラスメートとバッタリ再会しました。

クラスメートは森高というヤツで、高校を卒業して実に6年振りの再会だった。

俺は働き始めて一人暮らしをしている。先週の土曜日、予定も無く部屋でダラダラと過ごしていた。夕方、久しぶりに自炊をしようと思い、駅前のスーパーに向かった。

時々利用しているスーパーでは無く、気分転換に駅の向こう側にある新しいスーパーに向かった。

駅の向こう側に行くこと自体が無かったので新鮮な光景だった。スーパーの近くにはホームセンターがあったので立ち寄った。何を買うワケでも無くホームセンター内を散策した。

そして、店内の隅にあったペットショップを見ていた時、どこか見覚えのあるヤツと目があった。

それが森高だった。俺の方から声をかけた。

森高も働き始めていて、高校の時に比べて少し大人っぽくなっていたが、相変わらずイケメンのままだった。森高は高校の頃、頻繁に付き合う女を変えていたので、裏のアダナは『ヤリチン』だった。女の子の中には森高に触られると妊娠すると言う奴までいたほどだった。

俺と森高は店内をブラブラしながら、昔話や近況報告をした。

そろそろ帰ろうとした時、俺はトイレに行きたくなり、森高もトイレに来た。俺達は小便器に並んで用を足した。俺は森高の『ヤリチン』が気になり、話しながらバレないように森高の『ヤリチン』を見た。

ダラ~ンと垂れた黒々として長い立派なモノだった。俺は用を足し終えたが、森高のモノに見入ってしまった。何故か森高も用を足し終えたはずなのに、立派なモノをパンツに戻さずに話を続いている。

森高が話を止めた時、俺達は無言になり、森高が俺のモノに目を向けた。

そして、森高と俺の目が合った。森高のモノを見ると、微妙に手元が動いていた。森高のモノが少し大きくなっていた。俺のモノは完全にビンビンになってしまった。

森高は俺の勃起したモノを見たまま、自分のモノをしごき続けていた。森高の『ヤリチン』も完全に上を向いた。ビンビンになった森高のモノは俺のモノより立派だった。

女好きで有名だったあの森高が男にも興味があるのかと驚いた。俺は戸惑ってしまい、自分のモノをパンツに戻して、洗面所に移動してしまった。

すぐに森高も洗面所で手を洗い始めた。

俺達は無言のままトイレを出て、ホームセンターから駅前へと歩いた。

そして、駅前で俺達は『じゃぁ!』と言って別れた。

俺と森高は駅を挟んだ地域にお互い一人暮らししていた。俺はさっき見たばかりの森高の立派なモノが頭の中から離れなかった。

とりあえず、家に帰って抜こうと思いながら歩いていた時、『圭佑!』と俺を呼ぶ森高の声が聞こえた。

振り返ると、森高が走ってきた。

森高が『俺ん家、すぐ近くだから、ちょっと寄って行かないか?』と言った。

俺はすごく嬉しかった。でも、少し戸惑いもあったので、俺が考えていると、森高が俺の首あたりを持って、『少しくらい時間あるだろ?』と言った。

俺は『あぁ、じゃぁ少しだけ行くよ!』と答えた。

森高のマンションは歩いて10分くらいの距離だった。俺の頭の中は色々な心配や期待で一杯だった。歩きながら、俺のモノはデニムの中でしっかり大きくなっていた。

部屋に着くと、意外にも整理整頓された部屋だった。森高が缶ビールを冷蔵庫から持ってきて、俺達は飲んだ。

少し話をした後、森高が『圭佑、さっきトイレで…』と言った。

俺はビクッとしてしまい『あぁ…なんとなく…お前の…見ていたら…』としどろもどろになった。

森高は『俺、大学の時から男にも反応するようになってさ!』と言った。

俺は黙っていた。

森高が『圭佑のチンコ、もう一度見たいかも~』と言って、デニムの上から俺のモノを触ってきた。俺のモノは既にビンビンになっていた。

そして森高が『圭佑、ズボンを脱いで、チンコを出せよ~』と言った。

俺は色気が無い言い方だな~と思ったが、デニムを脱いで、ボクサー姿になった。森高も下半身だけを脱いだ。森高のモノも既にビンビンになっていた。

はっきり見た森高のモノは本当に立派だった。使い過ぎ?マン汁焼け?なのかドス黒くて、同じ24歳のモノとは思えなかった。

森高が自分のモノもしごきながら、『圭佑、早くパンツも脱げよ~』と言った。俺は自分のモノを片手で押さえながらボクサーを脱いだ。森高が近づいてきて、俺の手を森高のモノに誘導して立派なモノを握らせた。

スゴい重量感!森高の手も俺のモノを握ってきた。森高の雑な触り方が妙に興奮した。

森高が『フェラしてよ!』と言った。

俺は森高の立派なモノを口に含んだ。顎が疲れたが、無我夢中で森高のモノをしゃぶった。俺はあまりの興奮に森高のモノをしゃぶりながら、自分のモノをしごいていた。

森高が『すげー気持ちイイよ!圭佑、女より上手いなっ!』と言った。森高の立派なモノの先からは次々と先走り液が溢れ出てきた。

森高が『圭佑のチンコもフェラしてやるよ!』と言って、俺をソファに座らせて、大股を広げさせられた。俺は恥ずかしい格好だったが、森高の男らしい攻めに興奮した。

森高は俺のケツ穴と玉袋の間あたりから舐め始め、玉袋→竿の根元→竿→亀頭へと舌を動かして、いやらしく驚くほど丁寧に愛撫してくれた。

森高が『シックスナインしようぜ!』と言って、俺をソファに横たえて、覆い被さるように俺の顔の前に森高のあの立派なモノを突き出した。

森高のモノの先からは相変わらず先走り液が溢れていて、俺の顔に森高の先走り液がタラ~ンと垂れてきた。

森高が俺のモノをしゃぶり続けていたので、俺も森高の立派なモノをしゃぶった。森高のモノが異常にカチカチになって、時々腰を浮かせるようになった。

森高が『ヤバい!出そう!』と言って、俺の口に大量の液を発射した。5~6回ドクンドクンと脈打って射精した。

森高は俺のモノをしゃぶり続けて、俺も射精した。

俺はあまりの気持ち良さにグッタリした。

森高は余韻を楽しむこと無く、ティッシュを取り、自分と俺のモノを拭いた。俺はグッタリしたまま、ぼ〜っとしていた。気が付くと、森高はダラ~ンと垂れ下がった立派なモノをブラブラさせたまま、ビールを飲んでいた。

森高が『圭佑、すげー気持ち良かったよ!またヤろうぜ!』と言って、俺にもビールを手渡してくれた。

俺達は、家も近いし、これからも時々ヌキ合いする約束をした。

高校の頃、『ヤリチン』だった森高のモノを堪能できるのが誇らしくて嬉しかった。

今年の夏は楽しくなりそうです!

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:バイセクシャルの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。