ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】厨房時代、部活の怖い先輩に勃起ペニス押し付けられた結果

【ゲイ】厨房時代、部活の怖い先輩に勃起ペニス押し付けられた結果

背中に擦り付けられ・・・

鹿児島県在住のスネあさんからの投稿。中学生の頃、運動部に強面の先輩がいたという投稿者。後輩は皆、先輩を恐れて敬遠してたらしい。ある日、運悪くその先輩グループと練習する事になり・・・・・・
学ラン姿でフェラする厨房
これは、中1の時のb先輩との楽しい思い出です。

僕は友達に誘われて、部活に入ったけど特に何も考えずに入部しました。

周りの先輩たちが優しく迎えてくれたけど、一人だけ怖かった先輩がいます。とてもかっこいいんだけど怖くて不思議な感覚でした。

その怖い先輩とは、同じグループは嫌だと思っていましたが、運悪く同じグループになってしまいました。

同じグループになってからは、ほぼ話さず優しいA先輩とばかり話していました。

ですが、ある日その優しいA先輩が休んでしまい、怖いb先輩と二人きりになりました。

なので僕は、個人練習をしてましたが、しばらくしてb先輩が「休憩していいよ」と言って休みました。

すると、近寄って来て僕の背中に股間付近を押し付けてきたのです。

急だったのでビックリしていたのですが、なんか妙に暖かくて硬いのが当たってるなと思ったら、先輩のペニスがビンビンでいつもはドSな先輩なのに顔が赤くなっていました。

僕は、ドMなのでもっと欲しくなりました。なので、先輩の手を引いて倉庫につれていきました。

すると先輩が、ゆるい声で「ほんとは、・・・好きだった」と言ってきました。

僕も気にかけていたので、「僕もです。」と、勝手に声が出てしまってました。

そこで何かが、ハズれて僕は「舐めていい?」と先輩に聞いてました。

すると、先輩がいいよとは言わず、コクリとうなずきました。

僕は、先輩のズボンとパンツを脱がしていました。

先輩のペニスは、チンカスも無くきれいに剥けていました。

僕、ゆっくりとシコっていき、ビンビンになるまでシコってからフェラをしてシコり続けたけど部活が終わりそうだったので、急いで先輩のペニスを直しました。

すると、顔がいつもどうりになって「この事誰にも言うなよ」と言ってきました。

ですが、僕は先輩の精子もなめてみたかったです。

なので、先輩にまたやろうねといったらほほが赤くなりながらコクリとうなずいてくれました。

このとき、怖いはずのb先輩が可愛く見えました。

なので、約束通り明後日ぐらいにシコってやりたいです。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    中1の頃って表現なのに明後日ぐらいにやりたいですってどゆこと?

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。