ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】ショタの頃、エッチなアルバイト広告を見て電話した僕

【ゲイ】ショタの頃、エッチなアルバイト広告を見て電話した僕

50代の小太りおじさんと

愛知県在住のビンゴビンゴさんからの投稿。まだ12歳だった頃、駅のトイレでアルバイト募集の広告を見つけたという投稿者。どうやら気持ちよくさせてくれてお小遣いまでくれるらしい。すぐに連絡する投稿者だったが・・・・・・
犯される男
こんにちは。

僕が12歳の頃ですが、駅のトイレに『アルバイト募集。25歳以下の若い男性のみ。気持ち良くなるし、お小遣いあげます。』と書いてあって、携帯番号が書かれてました。

僕は自身でゲイだと思っていたので、スマホからメールをしました。電話は怖かったんで。

でも返信がなく、結局、思いきって電話をしました。

すると、男性が出ました。

相手は僕が若い声なので疑ってましたが、翌日そのトイレで会う事にしました。

翌日、スーツを着て50代ぐらいのやや小太りなおじさんがいました。

僕は「あの〜電話の人ですか?」と聞くと「えっ、君なの?」と驚かれました。

僕は半ズボンを履いていて、ゆっくりと脱ぎました。パンツも履いてません。ビンビンになったチンコを晒しました。

「うわ、我慢できんわ。」と言って個室に。

おじさんは僕を全裸にして。乳首や腋、お尻を舐め回して、フェラをしてくれました。そして大量の精子が放出。おじさんは美味しそうに飲んでました。

「ねぇ、おじさんのも触って?」

「うん」と言って硬い大きなチンコをシコシコした後、パクっと咥えました。

おじさんはびっくりしたようです。でもかまわずにフェラしてると、口の中で放出されました。

飲み込めずにいると、トイレットペーパーで綺麗に取ってくれました。僕はもう一回勃起してたので、オナニーを見せました。

その日はそれで別れました。

結構多めの小遣いをもらいました。その後おじさんと続きまして、1ヶ月ぐらい後にアナルに挿入されました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメント1件

  1. ビンゴビンゴ より:

    こんにちは。このおじさんとは中学時代はずっと続きました。お小遣い欲しさではなく、エロ目的なんですが月7から8くれました。友達には内緒なんですが、僕からエロオーラが出てたようで、友達ともホモしてました。今度そん時のこと書きますね。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。