ホーム » 巨根 » 【ゲイ】ビデボの店員、喰べちゃいましたwwwwww

【ゲイ】ビデボの店員、喰べちゃいましたwwwwww

受付のイケメン店員

東京都在住の社会人さんからの投稿です。まだ20代の投稿者は面食いらしい。ある程度の経験はあるがビデオボックスという場所は未経験だったんだとか。そこで休日に初めて行ってみたらしいが・・・・
ギャル男に立ちバック
連休だったので初めてビデボに行ってきた。

入場料を払い、受付の店員がシステム説明を簡単にしてくれた。

この店員が俺のタイプだった。

俺はとりあえず、ボックスブースに入った。夜9時過ぎだったので、店内の客は俺を含めて7人だった。

右隣のボックスを覗くとスーツ姿のリーマンがビデオを見ながらスーツのファスナーを開け、勃起したチンポをしごいていた。

ビデオの明かりの加減で時々リーマンの顔も見えた。俺より少し年上っぽい20代後半くらいのリーマンだった。顔は整った今風で悪くないが、残念なことにチンポの大きさが微妙だった。

次に俺は左側のボックスを覗いた。俺と同じ年くらいの大学生っぽい感じの人だった。

俺が覗いたことに気付いたのか、その大学生っぽい人も俺の方を覗いてきた。

そして大学生っぽい人は、俺を意識するような感じで自分のデニムの上からチンポを触り始めた。俺はしばらく大学生っぽい人の行動を覗き続けた。

しばらくすると大学生っぽい人はデニムを膝まで下ろし、ローライズの上からチンポを触わり始めて、俺の方へと椅子を向きを変えた。ローライズにくっきりとチンポの形が映っている。

ローライズの上側から亀頭と竿が少しはみ出していて、興奮した。

ヤツの顔とチンポの両方がタイプだった。

俺は小窓から手を伸ばし、ヤツのチンポを握った。太くて長めのチンポは、しごき甲斐があった。

ヤツのチンポの先端からは先走りが出て、ヌルヌルした亀頭から竿までを大きめのストロークでヌチャヌチャとしごいてやった。

するとヤツが、小窓越しに『そちらに行ってもいい?』と聞いてきたので、俺は『いいよ』と答え、ヤツは俺のボックスに入ってきた。

俺は改めてヤツのデニムを脱がせて、ローライズの上からパンフェラをした。ローライズの上側からはみ出した亀頭を口に含むと、ヤツは『あぁ~』と声を漏らした。

ローライズを脱がせて、太く長めのチンポを思いっきりフェラしてやった。すぐにヤツの足がガクガクして、『ダメだぁ~イキそう』と言ったので、俺はフェラを止め、ヤツに『俺のも舐めて』と言った。

ヤツは俺のデニムとローライズを脱がせた。

ヤツは『凄い大きいねー』と言って、俺のチンポを頬張った。ヤツのフェラは気持ち良く、俺のチンポもビンビンだった。ヤツは自分のチンポをしごきながら俺のチンポをフェラしていた。時々『大きくておいしい…』と何度か言っていた。

俺がフェラされていると、カチャッとボックスのドアの開いた。

ヤツが入ってきた時に鍵を掛けてなかったみたいだった。

ドアが開いて、背の高い人が立っていた。俺はヤツにフェラされながら、ドアの所に立っている長身のヤツの股間に手を伸ばした。

長身のヤツは既に勃起していた。

俺は長身のヤツのファスナーを下ろし、勃起したチンポを出した。長身の割にはそれ程長くはないチンポだったが、すごく硬くて太いチンポだった。俺が長身のヤツのチンポをしごいてやると、長身のヤツが『僕もしゃぶりたい』と言って、大学生っぽいヤツと並んで、2人で俺のチンポを頬張っていた。

俺は大学生っぽいヤツを立ち上がらせて、ヤツの太く長めのチンポをしごいてやった。

すると、大学生っぽいヤツはアッという間に勢いよく大量の精子を発射した。俺の手のひらの中でビクン、ビクン、、と何度も脈打って、大量の精子を発射した。

そして下方でしゃがみ込んで俺のチンポをフェラしていた長身のヤツの頭に大量の精子が飛んでいた。

俺は長身のヤツの頭をティッシュで拭いてやった。大学生っぽいヤツがボックスを出て行ったので、俺は長身のヤツのチンポをフェラした。長身もアッという間にイッた。

俺はトイレにうがいをするために行った。トイレを出て、喫煙所でタバコを吸った。しばらくすると大学生っぽいヤツと長身のヤツが帰っていった。

時計を見ると11時前だった。店員が退出したボックスの片付けに店内に入ってきた。店内はボックス掃除を終えて、喫煙所の吸い殻を回収しにやって来た。

店員が『失礼します』と言って吸い殻を回収した。

俺が店員に『今って、もしかして俺1人?』と店員に聞くと、店員は『はい』と言って、受付に戻った。

しばらくして、店員が喫煙所にスキンの補充にやって来た。

俺は『この時間じゃ、もう人って来ないよね?』と聞くと、店員は『うーん…そうですねぇ、来ないかも。もう11時過ぎですからね』と言った。

俺が『はぁ…残念!』と言うと、店員が『まだヤッてないの?』と聞いてきたので、俺は『ヤッたけれど…俺はまだ出してないよ』と答えた。

すると店員が『お客さん、この店初めてですよね?』と聞いてきたので『うん、初めて』と答えた。

俺は『店員さん、カッコカワ系だね~俺のタイプ!』と言うと、店員は『ありがとうございます』と言って笑った。

俺は『もう客が来ないなら、良かったら俺のチンポ、抜いてよ!』と言うと、『えっ…でもお客さんとヤるとマズいことになるから…』と答えた。

俺は『そうだよな…残念だな』と言って、目の前に立っている店員の股間を軽く叩いた。

その時、店員の股間が硬くなっていた。

俺は「出来るかも!」と思い、店員の股間にもう一度触った。

俺は店員のズボンの上から勃起したチンポを握った。

店員が『お客さんが来たらマズいですよ・・・・』と言ったので、俺は『もう誰も来ないよ~』と言った。

店員が時計を見て、『大丈夫かな…』と言った。明らかに迷っている様子だった。

もう閉店30分前を切っていた。

店員が『少し待って』と言って、店の入口の鍵を閉めた。

店員が『俺もお客さんのことタイプです。本当にヤッてもいい?』と聞いてきたので、俺も『店に来て、受付してくれた時から君のことがタイプ気になっていたよ』と答えた。

店員はニコッとして、静かにしゃがみ込んで、俺のデニムのファスナーを下ろし、ローライズからチンポを出した。

ビンビンに勃起していた俺のチンポを握りながら、『うわぁ~すごーく大きい!』と店員が言って、フェラを始めた。

店員のフェラは凄く上手で最高に気持ち良かった。俺も店員のズボンとパンツを脱がした。カッコカワイイ系イケメンの店員のチンポは細長く、フェラは物足りない感じがした。

店員は結構大きめに喘ぎ声を上げ始めた。

店員が『ねぇ~掘って欲しいな~』と言ったが、『まだ掘ったこと無いから』と俺は答えた。

すると店員が『大丈夫っ!練習しよっ!この大きいチンポで掘って欲しいな~』と俺のチンポを握りしめながら言った。

店員が店内に置いているスキンを装着しようとしたが入りづらく、店員が『少し待ってて!』と言って、受付に入って行った。

戻ってきた店員は『ビッグサイズ用のスキンを持っていたから…』と言って、俺のチンポに装着した。俺は店員を喫煙所のソファーに寝かせて、店員の穴に指を入れた。

店員がローションを手渡してくれて、店員の穴をほぐした。

店員が『ねぇ~早く入れて!大きなチンポ…欲しい』と言った。

俺はゆっくりチンポを挿入していった。チンポが少し入る度に店員は喘ぎ声を出した。チンポの根元まで入り、グ~ッとチンポを持ち上げるようにすると、店員は『あぁ~凄い…それ…ダメ…アタるぅ』と声を上げた。

俺はゆっくり腰を動かし、店員の穴を突いてみた。

店員は『うぅ~あぁ~あぁ~いい!』と言いながら体をよじらせ、店員の体は微妙に震えていた。俺がゆっくりチンポを突いて、店員のチンポを触ってみると、細長いチンポはビンビンだった。

俺は少しずつスピードを上げ、店員の細長いチンポをしごいてやると、店員のチンポが脈打って射精した。

俺は初めて掘った状態で相手が射精したことに異常な興奮状態になり、俺もすぐに射精した。

店員がぐったりしていたので、俺はティッシュで店員の腹に飛び散った液体を拭いて、店員に『ありがとう』と言ってキスをした。

店員が起き上がって、『こちらこそありがとう~掘られてこんなに気持ち良かったのは初めてです』と言ってくれた。

俺が帰る準備をしていると、店員が『良かったらでいいから…今度、店以外で会いたいな』と言ってきた。

俺は『うん』と答えて、アドレス交換をした。俺がカバンを持ち、帰ろうとすると、『もう一度触らせて!』と言って、俺のファスナーを下ろし、フニャフニャのチンポを触ってきた。

俺のチンポはすぐに勃起して、ビンビンになっていた。

店員は『イッたばかりなのに…凄いタフですね~』と言って、またフェラを始めた。

気が付くと、俺のチンポには再びスキンが装着されていた。

受付の横だったが、店員は再びズボンとパンツを下ろし、受付の壁に手を付いて、ケツを突き出した。

俺はカバンを床に置き、2人とも立った状態で俺は店員の後ろから挿入した。立った状態での挿入は、ケツが締まって更に気持ち良かった。

俺は後ろから店員の穴を突き上げて、すぐにイッてしまった。俺はチンポを抜かずに店員のチンポを後ろからしごいてやろうと思って細長いチンポを握ると、店員が『ありがとう…大丈夫だよ…僕もイッたから』と言ったので、床を見ると店員の液体が飛び散っていた。

店員が『あまりにも気持ち良かったからトコロテンしちゃった』と言った。

店員は手早く床を拭き、俺を見送ってくれた。

近々にでも、店員ともう一度ゆっくり会って、掘らせて貰おうと思います。

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。