ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】厨房の頃、友人のズル剥けチンポをフェラしてみた結果

【ゲイ】厨房の頃、友人のズル剥けチンポをフェラしてみた結果

ねぇ、しゃぶってよ

千葉県在住のサトウさんからの投稿。中学の頃、仲のいい友人と連れションしていると、突然個室に誘われたという投稿者。訳も分からないまま一緒に個室に入ると、友人は勃起したチンポを突き出し・・・・・・
フェラされるホスト系男子
今でこそ就職して千葉に住んでますが、自分がまだ秋田の中学校にいた頃、同学年の男にしゃぶらされてからあっという間にフェラ好きになり、今では掲示板で定期的に男の人と会ってしゃぶり合いをしてます。

中学二年生の頃、私と仲のいい男子で2人で連れションをしている時、突然個室に誘われ何もわからぬまま自分はついていきました。

すると、突然目の前にギンギンのチンポを露出され「ねぇ、しゃぶってよ」と言われました。

最初は驚きましたが、私もそういう事には少し興味があったので、チンポを手に取り舐め始めました。

彼のチンポは標準的なサイズですがとても硬く反り返っててズルムケでした。

しゃぶっていると私のチンポが硬くなってくるのを感じてきて、あ、興奮してるんだなと分かりました。

すると彼が自分のチンポを愛撫し始め、やがて舐めてくれました。亀頭を舌が這い回る感触が今までに味わったことの無い快感を与えてくれて、思わず射精しそうになりました。

イきそうな事を伝えると、彼は口を離し、チンポを扱き始めました。私も彼のチンポを扱き、やがてほぼ同時のタイミングで射精しました。

その後トイレから出た後は再び普段の日常に戻りましたが、どこかフワフワした気持ちで過ごしていました。

その後も、彼とは勃起したチンポの画像を送ったり、駅や学校等のトイレでしゃぶり合いやキスをしていましたが、高校が離れ今では完全に疎遠となってしまいました。

彼は男が好きなのではなく、あくまで勃起したチンポが好きなだけだったらしいですが、私は彼の事が好きでした。

正直、彼にならアナルの処女をあげても、一晩中犯されてても良いとさえ思っています。

今は掲示板で沢山の男の人と会っていますが、今でも彼より魅力的な男の人にもチンポにも出会えていません。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。