Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ノンケ » 【ゲイ】ノンケが乳液垂らしてシコるらしいから見学してきたwwww

【ゲイ】ノンケが乳液垂らしてシコるらしいから見学してきたwwww

【体験談】三重県在住の大学生からの投稿です。大学に入学すると同時に寮での共同生活がはじまった投稿者。私立なだけあって寮の設備も素晴らしく、何より大浴場が立派だ。毎晩そこで長風呂をしながら同級生たちのチンポを観察している投稿者。そんなこんなで寮内でも一人の仲良しができる。どうもそいつはノンケらしいのだが・・・・・

ノンケが乳液垂らしてシコるらしい

 

僕は大学に入学したばかりで寮生活を始めました。

 

共同生活は初めてなので色々と不安もありましたが、少し楽しみでもありました。寮生活が始まってまだ10日ほどしか経ってませんが、ドキドキ感を味わってます。

 

僕の寮はマンションタイプなので個室です。共用部分は食堂、オーディオルーム、大浴場、コミュニケーションスペース、洗濯場などがあります。寮では他の学部の人達もいます。僕の部屋があるフロアは新入生ばかりで、既に仲良くなってます。

 

楽しみは勿論、大浴場!先輩や同期生の裸が見放題です。同期生のA君は僕と同じような感じの身長が高く茶髪。

 

A君は初日からタオルを巻かずに大浴場に入ってくるほどオープンな性格ですぐに僕と仲良くなった。気になるA君のチンポは、7~8センチくらいのごく普通サイズだか、かなり黒いっ!皮は亀頭が少しだけ出ている程度。アンダーはトランクスを常用している感じだ。

 

3年生のB先輩とC先輩、2年生のD先輩はそれぞれタイプは違うが女の子受けが良さそうなイケメンです。中でもD先輩は細マッチョタイプの綺麗な体にチンポも10センチ超えの理想的な感じ。皮も完全に剥けていて大人のチンポ。

 

B先輩はA君と同じくらいのサイズだか完全に皮が被っている。体を洗った後だけ見栄剥き状態になってます。

 

C先輩は、5~6センチの小ぶりなチンポだが水泳部なので陰毛が綺麗に整えている。C先輩はいつも見栄剥きしているっぽいです。まだ大浴場で一緒になっていない人達もいるので色々なチンポを見るのが楽しみです。

 

一昨日の土曜日、同期生の茶髪A君と部屋の小物を買いに100円ショップに行った。それぞれ色々な物を買って清算を終えて、袋詰めしているA君のカゴを見ると、乳液を3本も買っていた。

 

僕「えっ…100均商品でスキンケアしてるの?」

 

聞いてしまった。

 

A君「うん…化粧水も100均だよ」

 

と言った。僕は

 

「へぇ~、もう少し良いスキンケアグッズを使えば良いのに…」

 

と言った。そしてマックに寄り道した。ジャンクフードが大好きなA君はバーガーセットを2セットも食べていた。スキンケアにお金掛けないのに…食べ物にはお金を使うタイプみたいです。食べながら、僕はA君に

 

「…にしても、乳液3本は必要?」

 

と聞くと、A君は

 

「まぁね…」

 

と言葉を濁した。僕は

 

「まぁ、腐る物じゃないし…」

 

と言った。A君は周囲を見渡して小声で

 

「あのさ、実は…」

 

と言った。僕は

 

「何?急に小声で…」

 

と言うと、A君は

 

「乳液は顔以外にも使うんだよ…」

 

と言った。僕は

 

「ん?」

 

と問うと、A君はコーラの入った紙コップを握って、紙コップをさするように手を上下に動かして、

 

「これにも使うんだよ…」

 

と小声で言った。僕はマジで何の事か分からずに

 

「はぁ?どういうこと?」

 

と聞いた。A君は更に小声で

 

「シコる時に使うんだよ…」

 

と言った。僕は

 

「あぁ…」

 

としか言えなかった。鈍感過ぎる自分を恥じた。マックを出て、寮に帰る途中に、僕は

 

「乳液を使うと気持ちいいの?」

 

と聞くと、A君は

 

「うん…女とヤッてる感じだよ」

 

と言った。僕はA君が乳液を使ってオナニーしている姿を想像して歩きながらビンビンになってしまった。寮に着いて、部屋に入ろうとした時、A君が

 

「試してみたら?」

 

と言って、乳液1本を僕に差し出した。僕は驚いて、無言で受け取り部屋に入った。部屋に入り、僕は1人でA君のオナニー姿が頭から離れずムラムラしていた。我慢が出来ずに僕はA君の部屋を訪れて、A君に

 

「どういう風に使うの?」

 

と聞いた。勿論、使い方は分かっていましたが…。

 

A君「は~?単純だよ!チンポに塗ってしごくだけだよ…」

 

と笑っていた。僕はわざと

 

「どういう風にヤるのか…1回実践して見せてよ」

 

と言った。

 

A君「何だよ…まだ夕方だぜ?こんな時間からシコるのかよ…」

 

と言った。

 

「時間なんて関係ある?」

 

と僕が言うと、A君は

 

「そうだな…朝からシコる時もあるし。」

 

と笑っていた。A君はPCを立ち上げて、

 

「どんな動画がいい?」

 

と僕に聞いてきたので、僕は

 

「A君の好きな動画でいいよ!」

 

と言った。A君は慣れた手順で動画サイトにアクセスし、画像が始まった。A君は、自分のベルトを外しファスナーを下ろして、

 

「何してる?俺だけじゃ恥ずかしいだろ、お前も早く脱げよ」

 

と言った。予想外の早い展開に考える暇もなかった。A君は動画を見ながら、トランクスからチンポを出した。僕は思わず、

 

「うわっ!デカいっ!」

 

と言ってしまった。大浴場でみたA君のチンポより想像以上に大きく、太かった。

 

A君「早くお前も出せよ!」

 

と言ったので、僕も既にビンビンだったチンポを出した。

 

A君「俺の勝ちだな!」

 

と言った。確かにA君の方が大きかった。そしてA君が乳液を手に出して、チンポに塗ってしごき始めました。

 

A君「お前も乳液を塗れよ。たっぷり塗った方が気持ちいいから。」

 

と言った。A君は動画を見ながら自分の大きいチンポをしごいている。僕は動画ではなく、A君の大きいチンポとA君のオナニー姿を見ながらシコッた。僕は何度もイキそうになったが我慢した。

 

A君は、いつも通り?なのか、乳液を亀頭から根元まで延ばしながら自分の大きいチンポを可愛がるようにオナニーを満喫している。時々、手を止めたり、早くしごいたりを繰り返している。A君の大きいチンポは乳液と先走り液でクチュクチュと音を立てながらビンビンになっている。しばらくしてA君が

 

「そろそろ出すよ…」

 

と言って、ティッシュを取り、チンポに被せて、

 

「うぅ…出るぅ…イクぅ…」

 

と言って、体をピクつかせて射精した。僕はA君のイキ姿とイキ顔に興奮して、僕もすぐに射精した。A君は乳液と大量に射精した液体でヌルヌルになったチンポをティッシュで拭いた。僕もティッシュで拭いていると、A君が

 

「気持ちいいだろ?」

 

と聞いてきたので、僕は

 

「うん、ヤバいね~。僕も乳液を使うようにしよっと」

 

と言った。僕は自分の部屋に戻って、またA君のオナニー姿を思い出して、速攻2回もシコッた。寮生活は始まったばかり!大胆な行動には出れないが、楽しみが起こるように願っている。

 

月曜日、大学に昼過ぎに行き、夕方友達とカラオケに寄りました。この友達は同じ学部のS君で、1浪して入会したので僕より1つ年上になります。僕が歌っているとS君は携帯をいじり始めて、僕が歌い終わるとS君は

 

「これ、凄くない?」

 

と携帯を僕に見せてきました。携帯画面には制服を着た女子高生の盗撮画像がありました。僕は興味なかったのですが、一応

 

「ホント、凄いね…」

 

と言った。次の曲を入力する様子もなく、S君は携帯画面に夢中だった。僕は勝手に次の曲を歌い始めました。歌い終わって、S君を見ると、S君のデニムの股間が明らかに膨れ上がってました。僕は黙ってS君の股間を見ていました。S君は携帯画面を見ながら時々、デニムの上から自分の股間を握ったりしていた。僕は

 

「いつまで見ているんだよ~」

 

と言って、S君の隣に移動した。S君は携帯画面を僕の方にも見えるようにしてくれた。僕はふざけるように、

 

「ビンビンじゃん!」

 

と言って、デニムの上からS君の股間を触った。S君のチンポは完全に勃起しており、太めのチンポだった。S君は

 

「触るなよ~」

 

と笑って言って、また携帯画面に夢中になった。S君は一言だけ言って、逃げたりしなかったので、僕はそのままS君のデニムの上からチンポをゆっくり撫でてみた。デニムの生地越しにS君のチンポが時々ピクピクと動いているのが分かった。僕は

 

「凄いビンビンだね…」

 

というと、S君は

 

「最近抜いてないからな」

 

と言った。そしてS君は

 

「ちとチンポが痛くなってきた」

 

と言って、椅子にもたれかかるように座り直した。そのお陰でS君の股間部分が触り易くなった。僕は携帯画面を見ている振りをして

 

「僕もビンビンになってきた!」

 

と言った。S君が

 

「ズボンがキツい。」

 

と言って、自分のファスナーを下ろしたので、ボクサーが少し見えた。S君は

 

「チンポがラクになった…」

 

と言って携帯画面を見ている。ボクサーにくっきり太めのS君のチンポが映っている。さすがに触ることはできなかった。しばらくしてS君は

 

「凄かったな…すげー興奮した」

 

と言って携帯を閉じて、自分のボクサーを見て、

 

「ヤバい!濡れてよっ!」

 

と言って、テーブルの上に置いていたお絞りを手にした。そしてS君は自分のボクサーを少し下ろして、自分のチンポとボクサーの内側に付着した液体を拭き取っている。

 

予期せずS君の〔生チンポ〕を見ることができた。S君のチンポは綺麗な亀頭で、竿も適度に黒く、お絞りで拭きながら少ししごくように先走り液を絞り出していた。S君は立ち上がってボクサーの内側も丁寧に拭いていた。

 

立ち上がったのでS君のチンポが丸見えになった。ビンビンに上を向いたS君のチンポは長さも結構ありました。拭き終わったS君はチンポをボクサーに入れて、デニムを履いた。ビンビンのチンポの形がデニムの上からも分かった。S君は

 

「すげー目立つな…」

 

と言って座った。ドリンクを飲み干して、部屋を出た。駅前でS君と別れ、僕は寮に戻った。

 

寮に戻って、部屋で少しゴロゴロして、夜10時前に大浴場に行った。大浴場には3年生のK先輩が1人で湯船に入っていた。K先輩は僕個人的には寮の中で一番のイケメンだと思う。K先輩と大浴場で一緒になったのが初めてだったので嬉しかった。

 

僕がシャワーで体を流していると、K先輩はサウナ室に入ってしまった。

寮のサウナ室は狭いので、K先輩の近くに行けると思って僕もサウナ室に入った。K先輩が

 

「おぉ~!」

 

とだけ言った。K先輩はタオルで股間を隠していなかった。K先輩のチンポは、寮の中でもベスト3に入るくらい小さかった!皮もかぶっていたし…。あのイケメンで、チンポがあれほど小さいと少しガッカリした。K先輩は僕のチンポを見て、

 

「お前、デカいな…うらやましい!」

 

と言った。僕は心の中で

 

「K先輩のチンポが小さ過ぎなだけ!」

 

と言った。僕はガッカリしてサウナ室から出て、シャワーを浴びて部屋に戻って寝た。寮生活をドキドキしながら大学ライフを楽しんでいる毎日ですが、先週の金曜日に新歓コンパに参加しました。男女合わせて30名を超えるコンパでした。

 

アルコールを飲む先輩達もいて、コンパ後半は全体的にグダグダ状態になっていた。少し酔った先輩の女子に僕は股間を触られたり、別の女子にはキスされたり…散々だった。さすがに少し嫌になって、僕はトイレに逃げるように席を離れた。

 

トイレに行くと、3年生のY先輩が鏡の前で身だしなみを整えていた。Y先輩は少し酔った様子で、僕の隣に来て、用を足している。

 

Y先輩は僕より少し背が低いが、色黒の整った顔をしている。Y先輩のチンポが気になって、僕はチラッと見た。Y先輩のチンポは、かなり長く、勃起していないにもかかわらず15センチ近くあるように見えた。もちろんしっかり剥けているし、太さも充分ある。僕は完全に勃起してしまい、Y先輩のチンポが欲しくなった。

 

Y先輩は用を足して、チンポを軽く振って雫を払っていた。Y先輩は酔っているせいか、すぐにチンポをパンツに収めずにチンポを出したまま、ボォーとしていた。僕はY先輩のチンポを見ながら、自分の勃起したチンポを気付かれないようにしごいた。Y先輩は、ダラァーンとしたデカマラを握ったままボォーとしている。僕は速くしごいて、便器に射精した。僕はすぐにチンポをパンツに収めて、Y先輩に

 

「どうかしましたか?大丈夫ですか?」

 

と声を掛けた。Y先輩は

 

「おぉ…、少し飲み過ぎたよ」

 

と言ってデカマラをパンツに収めた。Y先輩と席に戻ると、幹事の先輩が

 

「そろそろ時間なので…」

 

と言って、新歓コンパは終わった。一部のメンバーは二次会に行ったらしい。僕は疲れたので寮に帰って、風呂に入った。

 

大浴場には同期のヤツが2人いた。1人はイケメンだか、もう1人はブサメンだった。2人共、見栄剥きっぽい感じで、亀頭の根元で皮がダブっている。サイズはブサメンの方がデカい!自分でシコリまくっているのか、黒々としたチンポだった。イケメンのチンポは普通サイズで、それほど使い込んだ感じではなかった。

 

翌朝の土曜日、僕は昼頃まで部屋で寝ていた。お腹が空いたので、一階の食堂に行き、用意されていた定食を食べた。そこに同期のA君がやって来た。

 

A君「おぉ、居たんだ!」

 

僕「うん…さっきまで寝てた」

 

A君「そっかぁ。寮のみんなは出掛けているよ。多分、数人しか残ってないよ。」

 

僕「そっか…。今日は予定ないし、部屋でゴロゴロしよっかと思ってるよ」

 

A君「俺も暇だし、早くバイトでも見つけないとなぁ。暇なら俺の部屋に来いよ~」

 

僕は一旦、自分の部屋に戻って着替えてからA君の部屋に行った。一緒に音楽を聞きながら漫画を読んで過ごした。しばらくして、

 

A君「そういえば、この前の乳液…使ってる?」

 

僕「うん、何度か…。」

 

A君「普通にシコるより乳液を使った方が結構良いだろ~?」

 

僕「うん…まぁね…。」

 

A君「あっ…先輩がすげーDVD貸してくれたんだ。裏だぜ!」

 

僕「へぇ~。もう見たの?」

 

A君「もちろん!五回以上はシコったしな。お前も見る?」

 

僕「うーん…どっちでも…」

 

A君「なんだよ…?もっと食いつくと思ったのに!」

 

僕「あぁ…見ようよ!」

 

A君がDVDをセットして2人で裏映像を見た。もちろん僕は映像よりA君のチンポが気になっていた。もう一度A君のチンポとオナニー姿を見たかった。A君は画面に夢中になっていた。僕はA君のズボンの膨らみを見ていた。A君はズボンの上から勃起したチンポを触っている。

 

僕「もう勃起しちゃった!」

 

A君「俺も…!乳液でヤるか?」

 

僕「そうだね…」

 

A君はベッドの下から乳液を取り出した。A君はすぐに自分のファスナーを下ろして、ビンビンになったチンポを出した。僕もチンポを出した。A君は僕の手と自分の手に乳液を出してくれた。A君は慣れた手つきでチンポに乳液を広げてシコっている。僕は思い切って、

 

僕「ねぇ…お互いのチンポを扱き合ってみない?」

 

A君「はぁ…?」

 

僕「たまには他人にしごいて貰ったら、いつもと違ってもっと気持ち良くなるかなぁ~と思ってさ!」

 

A君「そうかなぁ?まっ、いいかぁ~。やってみようぜ!」

 

もう一度お互いの手に乳液を付けて、お互いのチンポを握り合った。A君の硬くて長いチンポを僕はゆっくりしごいた。A君も僕のチンポをゆっくりしごいた。僕がA君の亀頭をグルグルと攻めてみると、

 

「それ…ヤバい…気持ちいいよ」

 

とA君は言って、僕のチンポから手を離した。僕はチャンス!と思って、A君の亀頭から根元まで攻めて、ガンガンにしごいた。更にカチカチに勃起したA君のチンポは爆発寸前だった。

 

A君「あぁ…ヤバいよ…イキそうだ!お前も気持ち良くしてやるよ」

 

A君は再び僕のチンポを握り、僕がしたように攻めてくれた。

 

僕が「気持ちいいよ…そろそろイキそう」

 

A君「待てよ!俺もイキたいから…俺のチンポもしごいてくれよ」

 

僕は手を伸ばし、A君のビンビンのチンポを握り、ガンガンしごいた。お互いに

 

「そろそろイキそう」

 

と言うと同時に、2人共に射精した。余りにも絶妙の同時射精にお互い驚いた。

 

A君「あぁ…すげー気持ち良かった!シコリ合い、ヤバいな!お前の手つきがヤバいよ…」

 

僕「A君も凄い手つきだったよ。」

 

僕達はしばらくチンポを露出したまま呆然としていた。

 

A君「また今度、シコリ合いしない?ヤミツキになりそうだぜ!」

 

僕「うん…いいよ」

 

さすがにこれ以上の展開は無いと思いますが、またA君とのシコリ合いが楽しみです。



 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索