ホーム » SM調教 » 【ゲイ】快楽と引き換えにキンタマを失ったドM学生

【ゲイ】快楽と引き換えにキンタマを失ったドM学生

次はチンポかな

三重県在住の海さんからの投稿。中学時代、いじめられてたという投稿者。ある日、いつものように同級生に呼び出され金玉を強く握られたことがあったという。その時、猛烈の痛みと共に今までに感じたことがない快楽の稲妻が身体を駆け抜けたんだとか・・・・・・
逆手オナニーする男子
僕は三重県津市の工業高校に通う高校生です。

僕には変な趣味があります。それは、オナニーするときに金玉を強く握ってオナニーすることです。

それに目覚めたのは中1の時。

僕はいじめられていました。服を脱がされることはしょっちゅう。オナニーさせられることもあたりまえ。イクときは必ず『イキます、みてください』といわなくてはなりません。

ある時イクのがあまりにも早すぎて、イクことを伝えるといきなりキンタマを強く握られました。

潰される、と思うくらい強く握られました。なのですごく痛かったのですが潰されるかもしれない、という感覚が堪らなく気持ちよく、いつも以上に精子が飛びました。

それからキンタマを強く握ってオナニーすることにはまってしまいました。もちろん人前でするときはいつも強く握られやられます。

それを繰り返していくとその強さは増していき、手で握るだけでは物足りなくなっていきました。

もっと強い刺激が欲しく、僕は万力を使うことを思い付きました。

徐々に締めていき、つぶれるかもしれない感覚を味わっていたら、ある時プチっという音がしたような気がします。

それとも同時に射精したのですが、その精子を見てびっくりしました。

いつもの黄色みがかった白いものではなく、ほぼ真っ赤といってもいいものでした。それを見た瞬間猛烈な痛みが襲って来て思わずわめいてしまいました。

その声を聞き付けたママが僕の部屋まで飛んできて、僕の姿を見たママは救急車を呼びました。そして病院へ運ばれ、緊急手術。

翌朝間が覚めて朝の診察の時に聞かされたのは左側の睾丸破裂。

あーついにやってしまったという感覚と、なんだか嬉しい気持ちでした。

一週間ほどで退院して、キンタマ潰れるときの感覚が忘れられず退院して3日後には同じことをまたしてしまいました。

いまの僕にはおちんちんはあるけどキンタマが二つともありません。

いまは定期的に男性ホルモンを投与されているので勃起もしますし、オナニーもできます。精液も出ますが白いものは出ません。

あー、次はおちんちん切断したいです。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。