ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】ショタだけど同級生の眼の前でウンチの練習してみた結果

【ゲイ】ショタだけど同級生の眼の前でウンチの練習してみた結果

ちゃんと出来たらご褒美あげる

兵庫県在住のカイリさんからの投稿。トイレの覗きがきっかけで同級生とお付き合いするようになったという投稿者。お互いお腹が弱く未だにオムツを装着しているんだとか・・・・・・
ハッテントイレ
これも小6の夏休みの話ですが、僕と健太郎くんはデートやお泊まり以外にも、週に2回くらいのペースでお互いの家を行き来して、夏休みの宿題をしていました。

僕の家はパパやおじいちゃんが仕事に行っているときも、ママやおばあちゃんが家に居たので、健太郎くんにレイプされるときも、「声を出したら、ママたちにバレちゃうよ!」と脅されていたけど、健太郎くんの家はママと2人暮らしで、ママは家に居ないことが多かったので、レイプされるときは激しくされて、「声は遠慮しちゃダメだからね!」と言われていました。

その日は健太郎くんの家で宿題をすることになっていたのですが、僕も健太郎くんも1時間に1回はウンチがしたくなっていました。健太郎くんは1人でトイレに入って、自分で半ズボンとオムツを脱いで、1人でウンチをして、自分でお尻も拭いていたけど、僕は健太郎くんに半ズボンとオムツを脱がせて貰って、お尻も拭いて貰っていました。

そして、僕が何回目かのウンチがしたくなったとき、健太郎くんに「カイリくん、来年は中学生になるのに、和式トイレで1人でウンチをするのは無理でも、オシッコと洋式トイレでウンチをするのは1人で出来るようになっておかないと、さすがにキツいんじゃないかな? ねえ、僕が見ていてあげるから、1人でやってごらんよ! ちゃんと出来たら、ご褒美をあげるから!」と言われました。

僕は怖い気持ちはあったけど、健太郎くんが見ててくれて、ご褒美もくれるならと思って、ドアを開けたままだったけど1人でトイレに入って、自分で半ズボンとオムツを脱いで、1人で洋式トイレに座って、ウンチをしました。いつものように猛烈な音と臭いが発生していたけど、健太郎くんはずっと見ていてくれました。そして、ウンチが終わって、自分でお尻を拭いて、水を流したところで、健太郎くんが「偉いね! ちゃんと出来たじゃない! じゃあ、約束通りにご褒美をあげるね!」と言って、僕にハグをして、キスをして来ました。

健太郎くんはキスが上手で、僕のおちんちんは完勃ちしてしまったけど、健太郎くんのおちんちんも半ズボンが破けそうなくらい完勃ちしていました。

「カイリくんが頑張って1人でウンチをしている姿を見たら、僕のおちんちんが完勃ちしちゃった! 白いオシッコをお漏らししちゃいそうだから、このままレイプしちゃうね!」と言って、半ズボンとオムツを脱いで、いきなり僕のお尻におちんちんを挿入して来ました。そして、腰を激しく動かされながら、おちんちんを激しくシゴかれました。そして、僕が健太郎くんの手の中に射精しながら、お尻の中に射精されました。

僕は腰が抜けて、目の前がクラクラしていたのですが、健太郎くんのおちんちんは小さくなるどころか、もっと大きくなったので、「健太郎くん、そんなにおちんちんが大きくなったら、僕が壊れちゃう!」と言ったけど、「カイリくんが悪いんだよ! 1人でウンチをしている姿も、おちんちんやお尻が可愛いのも、みんなカイリくんが悪いんだからね!」と言って、再び腰を激しく動かされました。

今度はおちんちんをシゴかれていなかったのに、勝手に射精して、そのあと、再び健太郎くんに中に射精されました

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:トコロテンの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。